私のロールスロイス

どういうレベルのどんな夢でも目的でも、達成できればそれはそれでうれしいものだ。人生短いんだから。

で、その短い人生のうちの16年間、よだれを流し続けた憧れのレンズ、Summilux M 50mmを昨年の12月についに注文、昨日それが職場に届いた。受付の同僚が持ってきてくれた小ぶりで軽い小包を目にしたとたん「Oh, my baby!」と抱きしめてしまったほど。(抱きしめるほど喜んだのは注文後店とメーカー相手にすったもんだがあったという背景もあるのだが...)

心配だったのはすでに持っているSummilux M 35mmとどれほど作画に違いが出るかということ。大金叩いた挙句に「なんだ、大して違わない」ってなことになったら悲しい。

ファインダーを通して見える広角のイメージからレンズの画角に相当するフレームを選んでフレーミングをし、シャッターを押す。ああ、よかった。立体感を失なわないまま、明らかに中望遠の効果が出ている(50mmは67mm相当)。

ただし、レンズを通したイメージの描かれ方がファインダーでの見え方と大きく異なるので、慣れるまでは少し時間がかかるかもしれない。とくに近距離撮影したイメージをバックスクリーンで確認すると、想像したよりもずっと被写体のインパクトが強いという感じ。
















キャノンのEF50mm f1.4を5つ買ってもまだおつりがくる値段。だからどうなの?と他人にはいわれそうなのだが、そういう価値基準だと世界中がSKODAを運転しなきゃいけなくなる。

貧乏生活の中で「私はこれだけはロールスロイス!」というものがあっても私はいいと思う。
[PR]
by uk_alien | 2009-02-14 02:28 | photography