お父様、お母様

日本では小さな子供は両親のことをパパ、ママと呼ぶ。大きくなるにつれそれが(お)父さん/親父、(お)母さん/お袋に変わっていく。おポッシュな桜小路さんちは「お父様、お母様」なのかもしれない。

このパパ、ママはイギリス英語ではpapa(ぁと二つ目の「ぱ」にアクセントがくる)、mama(ぁ)となり、「昔は超ポッシュなご家庭で使われてきたが、今では古風な表現とされている」とうのが私の理解だった。ビクトリア時代を背景にしたBBCのドラマ、Little DorritでAmyが父親のことをFatherと呼ぶのをチューターに「Papaと呼びなさい、Fatherは低い階級の人が使う言葉です」とたしなめらたのがとても印象的だったのを覚えている。

今日、会社の近くのカメラ屋に立ち寄り、カメラバッグをふらふら見ていたときのこと。陳列棚にきれいに陳列されている小型のビデオカメラの一つを手にした12~13歳くらいの白人の男の子がファインダーをのぞきこみながら、少し離れたところに立ってカメラバッグを見ている背の高い50歳くらいの男性に向かって大層失礼な口調で偉そうに命令している。

「Papa, Papa! Come! Come here. Look this way, look. Papa, look, now! Look at me NOW! 」

驚き桃の木。まだこういう輩が生息しているんだ。そういえば今週はハーフターム。近所に超ポッシュなグラマースクールがあったっけ...。それとも少し離れたところにある全寮制の学校か...。

この「両親への尊敬」という美しい孔子(だったっけ?)の教えがざっくり欠落したposh bratの存在があまりにショックだったので、カメラバッグをながめながらしばらく彼の言葉に耳を傾けた。

「Oh, Papa. I love all the technologies I am seeing in this place. It's marvellous.」(ポッシュスクールで強調された上流階級のアクセントとイントネーションで)

場所が違えばあとつけられてぼこぼこにされてるんだろうな、こういう輩は。「親を見れば」というけれど、最近は「子を見れば親がわかる」という気がしてならない。この父親も予想たがわず。このくそ生意気な態度の息子を制するどころか、「Wait a minute. I am looking at something here. Are you taking a picture of me? Oh, no.」(ポッシュさが抑制されたRPアクセントで...ということはこのがきんちょは全寮制に違いない)と呑気に返している。ああ、やだやだ。

家に帰って旦那に聞くと、どうやらPapa/ Mamaは今だに死語ではないらしい。「僕が学校に行っていたときもポッシュな家の子達は男の子も女の子も皆使ってたよ。僕は使わなかったけど...」 ←中流階級の悲哀。

イギリスは何年住んでもいろいろ驚かされるので本当に飽きない。
[PR]
by uk_alien | 2009-02-17 07:16 | just a thought