At your service

私の35mmレンズの具合が悪くなった。バレルを触るとどこかのネジが緩んでいるように、カタカタと動く。どうりで焦点が合わないはずだ(なーんて、自分の腕の悪さを棚に上げる)。

修理に出すと思うと気が重いが、35mmはM8につけると47mmの画角で、私が一番よく使うレンズ。奮発してSummilux(f1.4)を買ったので、暗い状況でも手持ち撮影が可能な、とても便利なレンズだ。

Milton Keynesにあるライカにメールを打つと、いつものようにパーソナルタッチのメールが帰ってきた。「直接Special Deliveryで送るか、最寄のライカディーラーを通してMilton Keynesに送ってね」という。

Royal Mailは信用出来ないので多少手数料を上乗せされたとしてもディーラーを通すことにしよう、と思い、昼休みに会社の近くにあるショップに行く。

ブザーを押して中に入れてもらうタイプのフロントドアをくぐると、気のいいflamboyantな感じのオーナー、Mr Caplan自身が接客してくれた。「セカンドハンドで買っているのでパスポートはなく、最初にどこの国で売られたものかはわからないんです」といいながらレンズを見せると、「問題の具合によってはMilton Keynes経由でドイツに送ることになる、そうすると少なくとも6週間はかかるんだよ。ちょっと待ってね、今Milton Keynesのエンジニアと話をするから」

話の具合によると、恐らくは国内で修理が可能なようとのこと。「ライカパスポート期限内(保証期間内)だったらドイツに送らなければいけない決まりなんだ、Milton Keynesでことが済めば、2週間くらいで戻ってくるばず。よかったね」とMr Caplanは微笑む。

Yes Minister/Prime MinisterのBernardを少し思い起こさせるMr Joachimに名前や住所を伝える。「フードやフィルターを外した方がいいでしょうか」という私にMr Joachimは「いえ、逐一記録に記載しましたのでそのままで大丈夫です」と控えめにいい、それらが記載された預かり書のプリントアウトを手渡してくれる。

すごい。こういうサービスを受けられる世界なのね。

いつものレザーケースにいつもの通りちんまり収まった私のSummilux-M 35mmは、こうしてMilton Keynsに送られる他のさまざまな機材にジョインした。



10日後。レンズの修理が完了したので引き取りにお越しくださいというメッセージをもらう。

「運がよければ100ポンドくらいだろうか、300ポンドくらいだろうな、きっと。500ポンドとかいったら泣けるな、でも買うより安いからしょうがないか」と修理代を心配しながらショップのドアをくぐる。Mr Joachimに名前を告げると引き出しから私のレンズが現れた。おかえり。

触って確かめるとしっかりした手触りが戻っている。フォーカスリングのすべり具合がかたくなってしまっていたらいやだなと思いながら心配して触ると、それもスムースなまま。

礼を言って財布をとりだす私に、Mr Joachimは静かに「大した問題はなくネジを締め直すといったシンプルなことで済むことがわかったので、ライカの好意で修理代は無料とのことです」と言う。「滅多にありませんが、修理がシンプルならこういうこともあるんです。ライカのgood willですね」

財布を握り締めながらぽかんと彼の目を見つめ「Good will... lucky me...」とまぬけてつぶやく私に「ふふ、lucky you」と控えめに微笑むMr Jachim。



こんなショップに、足繁く通うことはまずないだろう、ということで、せっかくだから暫く気になっていたライカの高級コンパクトカメラ、X1を見せてもらうことにした。

X1は12.2Mpx、プロパーなElmarit 24mm短焦点レンズが使われている。画角は35mm相当、Elmaritが生み出す画像はとてもシャープで美しい仕上がりだ。コンパクトなのにISO感度は勿論、フォーカッシング、露出、シャッタースピードすべてがマニュアルになるという理想のハンドバッグカメラ。バッテリー込みで330g!同じ35mm画角にあたるM8(545g)+Elmarit-M28mm(180g)のコンビだと725g。ハンドバッグにぽんと入れ込むというサイズ/重さではない。



問題はプライスタッグだ、勿論。1395ポンドなり。うーん。ふと、滅多に使うことのないSummilux M50mmを売り飛ばしてX1を買うこが頭をかすめる。

いや、4~5年後くらいにM10が発売されることになって本体をアップデートすることになったら、フルフレームセンサー上ではこの50mmが私のメインのレンズになることになる。そのときに本体の差額に加えてSummilux 50mmを買う余裕と気力が私にあるとは思えない。

仕方がない。ハンドバッグをバックパックに変え、395g分余計に毎日持ち歩いて通勤しよう...と心に決める私であった。
[PR]
by uk_alien | 2010-06-20 18:19 | photography