前進なのか後退なのか

イギリスでは家庭内暴力発生の通報(緊急の場合は999)を受けると、警察が介入する。起訴が決まると、下級判事裁判所(Magistrates Court)または刑事裁判所(Crown Court)にて審理され、刑は条件付での釈放から懲役刑までが適用される。接近禁止命令と退去命令しかなく、それに違反した場合のみ罰金刑が課せられる日本よりも厳しい。

しかし、イングランド及びウェールズにおける裁判官達に対し判決のガイドラインを作成する量刑基準審議会(Sentencing guidelines Council)は新しいガイドラインへの提案として、これをゆるめ、被告が純粋な深い反省の態度(genuine signs of remorse)を示した場合、実刑判決ではなく、コミュニティー・オーダーまたは執行猶予付判決にする、としている。

これは、はっきりいって、情状酌量の余地を慎重に考慮する、というのではなく、裁判官の前で「ごめんね...」とうなだれることで受けるはずの実刑を受けなくてすむようになるということだ。

コミュニティー・オーダーでは犯罪の内容やリスクによって犯罪者は保護観察を担当するプロベーション・サービスで運営されるプログラムに参加する。この場合はIntegrated Domestic Abuse Programme。12~13週間のこのプログラムのコースを終了したワイフ・ビーターの再犯率は3人に1人。実刑/罰金刑を受けた人間の再犯率は3人に2人。

新しい提案が通ると、この再犯率の高い後者の連中が前者に加わるというわけだ。

私はこの再犯率33%と66%の違いはプログラムの効果ではなく、究極的に犯人がどれだけ暴力的な人間かどうかなのではと疑う。彼らにしてみれば茶番を演じることで実刑を受けずに数ヶ月のコースに参加することで済むのだ。ラッキー。

刑務所はもうほぼ満杯のキャパシティーだという。刑務所を増やすよりプロベーション・サービスを使ったほうが安いのだろう。「本当にそっちへ行くのか、イギリス...」とタメイキをついてしまった。

ドメスティック・バイオレンスの一番大きなチャリティーはRefuge
ヘルプラインは0808 2000 247

ちなみに1999年にカナダの日本総領事が妻への暴力で逮捕された際に、「単なる夫婦げんかを暴力と見るかどうかは、日本とカナダの文化の違い。人騒ぎするようなことではない」と説明したそうだ。あきれてものがいえない。妻は告訴せず彼は釈放されている。
[PR]
by uk_alien | 2006-04-12 21:19 | just a thought