ちょっと昔話

f0045624_1134362.jpg


必要になって古いスキャンをPCにつなげたので昔の写真や絵を引っぱり出してスキャンしてみた。

写真を本格的にはじめたのはもう十年以上前。地元の本屋から入門書を買ってきて辞書を丹念に引きながら勉強した。好き、というのはそれだけでものすごいエネルギー。英語なんかほとんど話せなかったのに、最低限必要だと思うものを自分でリストアップしてお店の人と相談しながら現像と引き伸ばしの道具を低価格で一式買い揃え、何時間もお風呂場にこもって何枚もの写真を焼いた。

一番上の写真はShaftesbury Av.のあたり...だったと思う。不思議に静けさをかもし出すロンドンの街並みの一角はプラタナスを通した光がとてもきれいだった。

f0045624_1471146.jpg


これは河の南側を橋から撮影。どの橋か忘れてしまったけれど、様子からして多分ウォータールーブリッジ?

f0045624_1532923.jpg


こうした写真を撮りはじめる前は、はじめての外国暮らしで混乱する心を表すのによく絵を描いた。ちょっとしたデッサンやイラストなど。今から考えれば、当時イギリスの生活に慣れてきて興味が少しずつ外に向いたから写真というメディアに切り替えたのかな、とも思う。
[PR]
by uk_alien | 2006-11-16 02:06 | just a thought