宴の後

f0045624_1858426.jpg


この時期は欲しくないのにもらってしまったクリスマスプレゼントがネットにあふれる。

私はこのクリスマスギフトやソックスフィラーというコンセプトが理解できないクリスマススピリットが欠落したScrooge。毎年毎年一生使われないガラクタが増えていくのが悲しい。

今年は旦那の方から我家の家計状態をしっかり伝え、no nonsenseを唱え続けた効果があり、10月の段階で早めのクリスマスプレゼントをありがたく頂戴していた。旦那には服とワインを買えとキャッシュ、私にはコンサーバトリー用の観葉植物。civilised。すばらしい。

さて、クリスマス当日。あれだけ言ったのに恒例のでっかいソックスがプレゼントでぱんぱんになっている。ああ、母の愛とはかくたるものよ!

数々のbits and pieces - チョコレート、スパイス、ワインコルク(嗚呼!)、皮むき(人は一生にいくつの皮むきを使うのだろう?)、花瓶、なんちゃらが入ったオリーブオイル、ハーブ、よくわからないけど入れ物が気に入ったから買ったの!というフランスのお菓子、特別なハーブソルト、バターディッシュ(あるっちゅーに)、フルーツケーキ、マグ(もう戸棚に入らない~!)、amazonでも売れなさそうな本達(Jamieの本は当たり)、エトセトラ、エトセトラ。

決定打は三段重ねのスチーマー。あるっちゅーに...。

義理マ「あなたは多分竹のを持ってるでしょうけど、これはとっても便利なのよ」
私「...(竹?)...」
旦那「母さん、ぼく達のは竹じゃないよ、母さんが以前くれたやつだよ」
義理マ「あら、そう。忘れちゃったわ。そっちを誰かにあげたら?これすごいスグレモノよ」

愛情が無駄遣いにしか見えないふとどき者の私は、「Jamieの本だけで十分なのに」という思いをぐっと呑みこみありがたくスチーマーとその他のプレゼント達を頂戴した。

さて、猫たちの様子を見に部屋に戻った私は、ベッドルームのたんすの上にぽつんと置かれたティーポットに気がついた。このスペアールームは普段彼女が飽きて手放したい物置き場になっている。

「ねえ、あれ、要らないのかな?」

手ごろなサイズのティーポットがずっと欲しかったのだが買うと高いし気に入ったものも見つからないしでずっと買えずにいた。

義理ママに聞いてみると、その食器のフルセットはもう要らないから別の息子家族にあげたそうだ。ティーポットは断られたが、やっぱりセットだし、彼ら用にまだとっておきたいから私たちにはあげられないという。

その代わり、といって別の要らないティーポット達が呈示された。大きいのはやはりセットで買ったがシリーズが廃盤となり、今後何かが壊れたときに買い足しが出来ないからもう要らないという。(注:ちなみにこの国の中流階級はこれをbeing practicalという。驚きだ。)

f0045624_19592184.jpg


捨てる神あれば拾う神あり、だ。大小ありがたく頂戴した。
[PR]
by uk_alien | 2006-12-28 20:16 | family