遅れて届いた誕生日プレゼント



12月の誕生日にGranpaの本を贈ったモト旦那からお返しにと誕生日プレゼントが届いた。

頼んでおいたCD、Julia Fordhamのセカンドアルバム、Procelain(日本でセカンドハンドで買うときれいでものすごく安い!)。Lock & KeyGirlfriendは私のお気に入りの曲だ。

CDと一緒に同封されていたのはDVD、The Glenn Miller Story。私たちがとても好きだった映画。Glenn Millerの奥さんのHelenは幸せなことが起こる予感(だったかな?)を感じると首筋の後ろがこそばゆくなる。Glennを載せた飛行機が大戦で墜落し、最愛の夫を亡くした悲痛に耐える彼女が、夫の残した音楽をきいたとき、再びふと首筋をなでる仕草が忘れられない。私たちの結婚式にもGlenn MillerのMoonlight SerenadeやLittle Brown JugをBGMに使ったっけ。

あれから20年近く経っているのに、未だおなじみのせつなくて甘い痛みが胸を締め付ける。人生に悔いはないという人もいるけれど、私は生きている限り、「あのときなぜもっとやさしい人間になれなかったのだろう」という、答えはもうとっくに出ている質問を、何度もし続けていくのだろうと思う。

それでも時計を戻したいとは思わない。つらさも悲しさも大切な思い出もすべて込み込みで人生は続いていくものだと思うから。
[PR]
by uk_alien | 2007-02-23 22:44 | just a diary