'Windburn'?

ここ2週間くらい、目の脇から頬にかけて、皮膚の表面が乾き、むずがゆく、赤くなっている。

遅いアトピーかなとか、なんちゃらdermatitisかなと心配する一方医者嫌いの私はよほど我慢できない限りGPには行かない。

常備しているステロイド系やアンチヒスタミン系の軟膏を試してみたけれどどれもぴんとこないし、この手の軟膏は効果もわからず使うのはちょっと怖い。

旦那に相談したら、windburnじゃないの?といわれた。なんじゃそりゃ?ネットで調べたら、要はもみじの葉っぱの風害と同じく、冷風にあたり続けることで肌の表面の油分がなくなり、日焼けと同じような症状になるという。吹きっさらしの原っぱを雨の日も風の日も散歩する私。この症状に気付き始めたのも冷たい風にあたって涙がこぼれ、それをぬぐい続けているうちにしみて痛みを感じたはじめたから。うーん、そうかもしれない。

原因はともあれ、こういう場合、肌の乾燥やかゆみを押さえるのにアロエやヴァセリン、重曹、お酢がいいらしい。お手ごろなワインビネガーにしようかなと一瞬思ったがやっぱりMade in Japanでないと(?)と理不尽な理由付けで薄めたミツカン酢をパッティング。しみる~!逆にただれちゃうんじゃないかと心配しながらもその後アロエと重曹を混ぜた即席軟膏を塗ったらかゆみがストップ。ふむ、あながちガセでもないかもしれない。

暫くは化粧もせずに様子をみようと思う。

f0045624_19531687.jpg


そんなこんなしているうちに、外にはきれいな虹!
[PR]
by uk_alien | 2007-03-01 19:58 | just a thought