生活の変化

すっかり季節は春。

EUからイギリスに短期でやってくる中高生達のホストファミリーをすることになって、家の中のペンキ塗りやら家具の配置換えやらで暫くは猛烈に多忙だった。まだデコレーションは終わってないけれど生徒は続々とブッキングされてくる。

食事はフルボード(!)で、朝夕近くのコーチの駐車場まで車でのピックアップもする。でも朝早くから夕方遅くまで一日中外出しててくれるから、下宿人や長期滞在のホームステイの生徒を入れるより、プライベートスペースを侵されるという気分はない。

彼らは思ったよりは英語も話せる。先週来た二人のベルジアンガールズのうちの一人はコンゴ出身で家系柄とてもポリティカル。ジャーナリストを目指しているそうで、コンゴの政治状況を熱く語っていた。現地語、フランス語、英語、オランダ語を話し、アジアにもとても興味があるらしく、ネットで日本のTVをよく観ているとのことで、私よりはるかに日本のドラマに詳しかった。「Matsumoto Jun! Don't you know him??????」うーん、知らない。彼女はもう一人の女の子とわくわくしながらジャパニーズカレーを箸で全部平らげていた。笑いながら「イギリス文化を学ぶことになってるんじゃないの?」ときいたら、「イングランドはすぐ近くだし文化も似たようなもんだからいいの。こっちのが興味ある!」のだそうだ。

今面倒を見ているのは昨日パリから来た二人のフレンチガールズ(必ずペア以上でステイすることになっていて、私はgirls preferred)。昨日の夕飯はボロネーズを作ったのだけれど、とても喜んで食べてお替りまでしていた。よかったよかった。何でも食べるというので今夜は親子丼の予定。

我家のキッチンカウンターは以前とは打って変わって、ランチ用に用意するクリスプスやオレンジジュースの小さなカートン、ミネラルウォーターボトル、フルーツ、サンドイッチ用の食パンなどがどっさり詰まれ、まるでティーンエイジャーを持つファミリーのようになった。

こういう形で生活が変化するのは面白い。
[PR]
by uk_alien | 2007-04-24 18:45 | hosting students