五月雨

離婚や失業や挫折、破産や倒産に差し押さえ...。

ただでさえ山あり谷ありの人生なのに、駄目押しでこうしたことさら険しい山や深い谷に人は見舞われる。そういうときは周りの人たちがトラブルフリーでとても幸せな生活を賢く満喫しているように見え、自分と彼らの間のぶっとい境界線をこれでもかというように見せつけられている気になる。

もう大分前、私が険しい山に潰されそうになったとき、若気のいたりであろう、「人生でそういう目にだけはあいたくない」と親友が口にするのをきいて、架空の境界線の片方にぽつねんと立っている自分がありありと見えたのを今でも覚えている。

母国にいても耐え難いつらさを異国で耐えなければいけない孤独感は想像に難くない。それをじっと耐えてなんとか生きていく気力を振り絞ろうとしている人がいる。

私が宗教家だったらその人のために祈るのだろう。

でもそうじゃないから何が出来るか、何がお互いに負担じゃないのか、何がお互いに自然なのか、ぐるぐる思考が頭を巡る。

そとは雨。
[PR]
by uk_alien | 2007-05-17 18:24 | just a thought