「ほっ」と。キャンペーン

見つめられて

f0045624_17213244.jpg


昨日、外でどかどかと音がするので窓から見てみると、係員達が牛達を追っている。どうやら丘の上のオープンフィールドから向かいの斜面のフィールドに牛達を移動させている様子。

犬を連れて庭から降りてみると、夏前に取り外されたエレクトリック・シープ・フェンスが再び張られ、ゲートにはすべて立ち入り禁止のサインが貼られている。今回のfoot and mouth disease、手足口病の勃発に伴った警戒策だ。

この牛達はベルベットのような深い赤茶色のSussex Cattle。穏やかな気質でいつも掃除機のように地面に張り付いて草を食べている。このバッチは向かいの斜面が手入れされて以来始めて導入された牛達で、「You, burgers!」と冗談で呼んでいるが、子牛の頃からいつも脇を歩いているだけあって私は愛着を感じている。

いつもは駅で新聞を買った帰り、丘を散歩してこのフィールドをつきって庭にたどり着くのだが...閉鎖されてしまったので不便。今朝はとりあえず遠回りをしてフィールド沿いの乗馬道を通って帰った。生垣の隙間から牛達がじっと私たちが通り過ぎるのを見ている。

foot and mouthが広がらないといいな。
[PR]
by uk_alien | 2007-08-09 17:34 | walks