お預かりいたしました

さあ、スタディーのデコレーションだ!と思いきや。

旦那の上司を通して、現在ロンドンで短期語学留学をしていらっしゃる日本人の女学生さんのステイ先についての相談を受けた。語学学校に割り振られたステイ先がどうも安全面で腑に落ちないという。

この上司にコンタクトしたのは彼の旧友で、現在オーストラリアにビジネスを構えるイギリス人。この人は以前日本の某国立大学で教鞭をとっており、この学生さんのお姉さんが教え子だったことから、ご家族全体ととても親しい間柄なのだそう。

相談を受けたあと、とりあえずホストファミリーをしている友人にあたってみたが、どうも空きがない。我家もこれから3月にかけてEUの生徒さんのブッキングがどんどん入ってくるのだが、初めての外国のステイ先で気が気じゃない思いをしている日本人の女学生さんを放っておけるほど私もドライじゃないし、とりあえず、我家のスタディーをにわかベッドルームにして、彼女を迎え入れることにした。ということで、デコレーションは当面延期。

このもと教授さん、日本語も達者なそうなのだが、私なぞ比較にならないくらい日本文化のプロトコルをしっかり遵守される方で、メールと電話で本人、本人の家族、私たちをコーディネートしつつ、各方面にしっかり根回しした後、この娘さんとの直接のコンタクトをアレンジしてくれた。

電話で直接話すと、この学生さん、初めての外国という割には非常に冷静にご自身の状況を把握されており、緊張した声ながらも私にしっかり状況を説明してくれた。「あなたがすぐにでも移りたい、移ったほうがいいと思うのであれば、明日からでもいらっしゃい」

と、いうことで以来、再び多忙な日々が続いている。

それにしても、このもと教授さんは彼女のことを「とてもいい子で、しっかりしたご家族のお子さん。喜んで自分が身元を保証する」と叙述されていたのだが、実際彼女に会って一緒に暮らしてみると、まさにその通り。

国立大学で法律を専攻する彼女は、若さと純真さと気立てのよさと知性がしっかり混じり合って、何についてディスカッションしてもとても興味深い。私の日本語の会話がちょっと怪しいのと、彼女の今回の渡英目的が語学留学だったのとで、会話は英語ですることにしたのだが、とにかく二人ともしゃべりっぱなし。

かわいそうなのは旦那。「私たちの日本語なまりの英語がコンスタントに飛び交っていて、きき疲れしない?」ときくと、「それは全然構わないんだけど、ノンストップ、っていうのに負けそう。もうスイッチ切ってる」というので、「私たちに娘でもいたらきっとまさにこんな感じよ。恐ろしいでしょう?」というと苦笑いをしていた。
[PR]
by uk_alien | 2008-02-29 00:48 | hosting students