カテゴリ:just a thought( 54 )

前進なのか後退なのか

イギリスでは家庭内暴力発生の通報(緊急の場合は999)を受けると、警察が介入する。起訴が決まると、下級判事裁判所(Magistrates Court)または刑事裁判所(Crown Court)にて審理され、刑は条件付での釈放から懲役刑までが適用される。接近禁止命令と退去命令しかなく、それに違反した場合のみ罰金刑が課せられる日本よりも厳しい。

しかし、イングランド及びウェールズにおける裁判官達に対し判決のガイドラインを作成する量刑基準審議会(Sentencing guidelines Council)は新しいガイドラインへの提案として、これをゆるめ、被告が純粋な深い反省の態度(genuine signs of remorse)を示した場合、実刑判決ではなく、コミュニティー・オーダーまたは執行猶予付判決にする、としている。

これは、はっきりいって、情状酌量の余地を慎重に考慮する、というのではなく、裁判官の前で「ごめんね...」とうなだれることで受けるはずの実刑を受けなくてすむようになるということだ。

コミュニティー・オーダーでは犯罪の内容やリスクによって犯罪者は保護観察を担当するプロベーション・サービスで運営されるプログラムに参加する。この場合はIntegrated Domestic Abuse Programme。12~13週間のこのプログラムのコースを終了したワイフ・ビーターの再犯率は3人に1人。実刑/罰金刑を受けた人間の再犯率は3人に2人。

新しい提案が通ると、この再犯率の高い後者の連中が前者に加わるというわけだ。

私はこの再犯率33%と66%の違いはプログラムの効果ではなく、究極的に犯人がどれだけ暴力的な人間かどうかなのではと疑う。彼らにしてみれば茶番を演じることで実刑を受けずに数ヶ月のコースに参加することで済むのだ。ラッキー。

刑務所はもうほぼ満杯のキャパシティーだという。刑務所を増やすよりプロベーション・サービスを使ったほうが安いのだろう。「本当にそっちへ行くのか、イギリス...」とタメイキをついてしまった。

ドメスティック・バイオレンスの一番大きなチャリティーはRefuge
ヘルプラインは0808 2000 247

ちなみに1999年にカナダの日本総領事が妻への暴力で逮捕された際に、「単なる夫婦げんかを暴力と見るかどうかは、日本とカナダの文化の違い。人騒ぎするようなことではない」と説明したそうだ。あきれてものがいえない。妻は告訴せず彼は釈放されている。
[PR]
by uk_alien | 2006-04-12 21:19 | just a thought

来年も貧乏

f0045624_0271611.jpg


昨年夏から今まで家計簿ソフトをいろいろつかってみた。

セットアップに半日かかった「MS Money」、やっぱり家計簿は日本語ソフトよね、と試した「がま口君」や「家計簿ひかる」...。どれも帯に短し、たすきに長しといったところ。で、結局自分でエクセルで作るのが一番という結論に達し、今日、年間/月間のシートを作った。

エクセルをこよなく愛する旦那からそうするように言われ続けていたのだが、可愛くない、面白くない、といって嫌がっていたのだ。でもやっぱり一番便利だ。

向こう一年分の予算を立てた。そしたら...ぐっと気分が落ち込んだ。やっぱりきつきつだし一年後もきつきつだ 笑。

頑張って黒字をキープするぞーーー...と思っている(弱気)。
[PR]
by uk_alien | 2006-04-11 00:38 | just a thought

ちょうどいい人間関係

私は誰かが困っていると胸が痛くなる。そして何らかの形でその人の助けになれると、とっても気持ちがいい。でも自分の足で立とうと頑張ってない人を見ると少しあきれてしまう。反面、自分の足ではもう立てないと判っているが、「ひざ立ちならできるから、高いところのものはいつもとってもらわなきゃいけないんだ。ありがとう」という人をみると尊敬する。でもいつも私がとってあげることを期待されるはうざったい。

少し前から友人が、「まだまだ稼がなければいけないのでコミュニティー通訳の資格をどうしてもとりたい」と常にぼやいていた。チャーチ・メンバーの元警察のお偉いさんの英人に情報を頼んでいるが、なかなか得られないという。そりゃそうだろう、聞く相手が違う、と思い、彼女の家の近所の大きなカレッジに代理で問い合わせた。残念ながらそこではその資格コースは設けられておらず、最寄のコースは私が住んでいるBoroughのコースになるそうだ。

このコースは私も時期がきたらやろうと思っていたコースだった。で、書き/話し英語に自信がないという友人を励まし、励まし、そして励まし、コース内容と申込書をネットで入手してメールで送り、願書でどんなことをアピールすべきかをアドバイスした。

確かに彼女の話し/書き英語には問題がある(在英15年なので聴き/読みは問題なさそう)。しかし何とか頑張って資格さえとってしまえば彼女の言語なら需要が大きい。細く長く稼げるので50歳を超える彼女にとっては大きな強みになるはずだ。

締め切り前日に彼女の家を訪ねた私に、ドア口で彼女は、「申込書を郵送で出せなかった。仕事ですごく忙しかった。しかも自宅のファックスが壊れていることに今朝気づいた」と告げた。そして「これから申込書を持っていくから付き合ってくれ」と頼んだ。

その日は、常日ごろから「母国語のなまりが強すぎ、いつも英人とのコミュニケーションがスムースにいかない」とぼやき続ける彼女に発音レッスンをしてあげる予定で、テキストやテープ、今は稀有なカセットデッキをしっかり持っきていた。「どうして朝これから出るよコールしたときに言ってくれなかったんだろう...」とふと思ったが、気を取り直して学校に電話、事務所のオープン時間を確認し地図で確かめてナビゲートした。

無事用事が済んだ後、学校から家へ直接帰った方がはるかに近かったのだが、私の車は彼女の家に置いてきていた。その後の流れで食品の買い物に付き合い、家具の買い物に付き合い、どうしても外でランチをしたいというのでランチに付き合い、帰りに子ども達をピックアップするのに付き合った。朝から午後の4時まで...。やっと彼女の家に(私の車に)たどり着いたときには、どっと疲れていたのでそのまま外で別れを告げた。

私が仕事を辞めてから気づいたことだが、どうやら彼女は「主婦は皆ヒマで時間がありあまっている」と思い込んでいるふしがある。更に前々からうすうす気づいていたが、彼女は人を使うこと、利用することをあまり気にしないタイプ。使いすぎたと思ったときはランチやディナーを提供することでチャラになると考えている。

頭の中で警鐘が鳴った。

今のこの関係は非常によくない。
少し距離を置こう。

急に、このコースワーク自体に関して私にどっかり頼ってくる彼女の姿が見えた。いや、いや。そうなりかけたらきちんと理性的に話し合えばよいのだ。ま、それはお互いの合否が決まったら考えることにして、今は程よい距離と付き合い方が見えてくるまでフィジカルなコンタクト時間を少なくするよう努めようと思った。

ブリティッシュなほどよい距離を保つ自立した大人の関係を目指そう。
[PR]
by uk_alien | 2006-04-10 17:54 | just a thought
f0045624_1445262.jpg


イギリスに住んでてよかったーと思うことは勿論たくさんある。私の3大要因は、

①地震がない
②眺めのよい庭付きの家がロンドン通勤圏でまだ買えた
そして、
③お化けが出ない

勿論イギリスにもお化け話はわんさかある。ついこないだも70年代の有名なポルターガイスト現象(真偽は勿論謎のままらしい)がラジオで取り上げられていて、録音された「ポルターガイストの声」まで流してくれるという。一人で聞いていたので、う~こわい...と思っていたが、興味深々。くるぞ、くるぞとわくわくして耳をすましたところ...

はて、何を言っているかわからない。

ふふふ。だからよいのだ!私はもしイギリスでお化けが出てきても、「ノーノー、ノー・イングリッシュ、ソーリー。」で通せると思ってる。それに相手がどんなに恨めしい声で訴えてきても、私のリスニングはそんなか細い声がききとれるほどよくない。どうだ、まいったか。

しかし、どうやらこの目論見は甘かったらしい。世の中どこにいてもいろいろ不思議なことはあるもの。Nantokaさんの記事をわくわくしながら読んでいて、ふと自分の経験を思い出した。

2年前、旦那の友人が地にしっかり足がついたdon't mess with me, babyタイプのアイリッシュのガールフレンドと一緒に一戸建てを買った。よし、ハウス・ウォーミングだー、ということでお邪魔することに。

外観はイギリスらしい、窓ガラスの中に黒い鉛線が格子状に入っている古い窓をそのまま残した品のあるおうち。明るく向かいいれてくれる二人に挨拶を済ませ中に入り、家の中心にある玄関を入ってすぐ右側のダイニングルームに足を踏み入れた。そのとたん、「ぶわっ」と急に回りの空気が重くなった。重い、息苦しい。ものすごい険悪なムードの場に何の気なしに足を踏み入れちゃったような、でももっと物理的に重い感じ。

「いやだ!」と思いながらダイニングルームとつながっている増築されたキッチンへ非難した。そこは大丈夫だった。キッチンから庭へ出て、ダイニングの壁とつながってるガレージを見た。うーん、どうもよくない。何がってわからないけど、よくないのだ。でも問題はガレージよりもダイニングルームだ。家族関係のことかなにかでものすごく怒ってる中高年の女性の感情がむき出しで漂っている。

家の中をアイリッシュの彼女が案内してくれた。面白いつくりだ。玄関を入ってすぐ眼の前にある階段を上がると、踊り場のようなところで一旦とまり、そこから折り返してフロントにあるベッドルームへ、それと対象をなしてバックにある2つのベッドルームへ、そして右側増築部分(ちょうどキッチンとダイニングルームの上にあたる)のマスターベッドルームへと、それぞれに階段が伸びている。あまり機能的とはいえない。

3つのベッドルームはまあ普通だったのだが、最後に見せてもらったマスターベッドルームに、ドアがない。これはものすごく変だ。引越しの際にもってっちゃったのかな~と思ってよくよく見ても、取り外した形跡がない。しかも、このマスターベッドルーム内に専用のバス・トイレが付いているが、そこへのドアもない。彼女いわく、「変よねー、ついてなかったのよねー、トイレするときに困るわよねー」

二階の後、一階のフロントにあるレセプションルーム、バックにあるセカンドレセプションルーム(リビングルーム)、そして最後にこのセカンドレセプションルームからつながるグラニールーム(お年寄りと同居するときに作る、母屋とつながった風呂・キッチンのついた独立した部屋)を見せてもらった。すると、さっきのダイニングルームが青黒っぽいようなモノだとしたら、今度は白っぽい、穏やかな感情のなごりのようなものが感じられた。パティオドアがついているが、そこから庭を眺めるのが好きだったのがよくわかる...ん?待てよ?誰がだ?

なーんかもう、疲れたし、絶対ダイニングルームには行きたくないから旦那に理由を話してリビングルームにとどまった。アイリッシュの彼女が紅茶を持ってきてくれたので3人で腰を落ち着けた。旦那が面白半分に私がこの家なんかいるって感じてるんだけど...と持ち出すと、私が口を開く前に、彼女がさも当然のように、

「ああ、ダイニングルームのあれでしょう?問題よね。怒ってるのよ。もうすぐ彼が出張で家を空けるから、そのとき腰を落ち着けてゆっくり話し合ってケリをつけるわ」

え?

「あっち(グラニー)はもう全然問題ないの。ハッピーなのよね。」

異国の地で異人に異国の言葉で、こうずばり指摘されたときの気持ちを想像してほしい。一瞬マジックや催眠術のトリックを思い出した。そうだ、それに違いない...。でも私まだ何も言ってなかったし、言われてなかったよね...。

彼女のボーイフレンドは一切そういうことは信じない。いいことだ。旦那も特に何も感じなかったそうだ。彼女いわく、今はアレの怒りも大分おさまり、すっかり暮らしよくなったらしい。ただ、彼女が連れてきた猫が庭の池にはまって死んでしまったそうだ。私はといえば、二度とあの家には足を踏み入れていない。怖い、というよりは私にあんな怒ってるモノに対抗はできない。ノー・イングリッシュという次元じゃないのだ。「柳も幽霊」と笑われるかもしれないが、私にとっては「君子危うきに近寄らず」だ。
[PR]
by uk_alien | 2006-02-13 01:58 | just a thought