「ほっ」と。キャンペーン

カテゴリ:animals( 52 )

都会暮らしは飼猫のライフスタイルにも影響する。

我が家の飼い猫のキャットリッターボックスは本日からこれ。



その名もiLitter(爆)。アメリカ産。

ヨーロッパではModkatと呼ばれている。

猫のトイレにしては130ポンドとふざけた金額だが、実利的かつ見た目もよく、結構満足している。我が家の巨大な飼い猫ヘンリーも全く抵抗なくハッピーに使用している。

ちなみに、プラスチックがいたまないように中にターポリンのバッグを敷いて、その中にリッターを入れて使用する。このターポリンがIKEAのバッグとウリなので、飼い猫が区別できず、IKEAのバッグに粗相する、というリポートもあるのでご注意を(笑)。

UKではアマゾンZooplusで購入できる。
[PR]
by uk_alien | 2013-12-29 06:43 | animals

犬の幸せってなんだろう



ウォルターの具合が順調に回復している。もう感謝の言葉もないくらいだ。

AIHA(Autoimmune Haemolytic Anaemia自己免疫性溶血性貧血というらしい)はPrimaryとSecondaryがあるそうだ。で、Secondary、つまりウィルスなど何かが原因で起きた場合は回復の可能性も高いとのこと。

確かにウォルターは具合が悪くなりはじめにウィルス感染による流感を示唆する症状があり、また、Lungworms(肺線虫というらしい)の存在を示唆する咳も数ヶ月前からあった。どれが本当の原因かをつきとめるのは難しが、確かにSecondaryっぽい、といわれればそんな感じがしないでもない。

ところで。

彼はロンドンに住むある友人カップルを家族の一員だと思っている。子犬のときに会っているので潜在意識にファミリーとして刷り込まれれいるようだ。いつどこで待ち合わせをしても他の人たちに対する反応とはまるで異なり、3オクターブくらい高いピッチで(ロンドンの駅やBorough Marketのど真ん中でもおかまいなしに)「きゃひきゃひきゃひ~!」と喜びのおたけびをあげる。結構笑える。

で、今回は彼の回復を祝ってこの友人カップルがBermondsey StreetにあるペットショップHolly & Lilでウォルターが気に入ったものを買ってあげようと提案してくれた。

再びウォルターを連れてロンドンへ出向くことはもうないとすっかり悲劇にひたっていただけに、電車に乗っておとなしく座っているウォルターを見ると目頭に熱いものがこみあげてくる。普通の幸せとは本当にこういうことをいうに違いない。友人カップルと駅で待ちあわせをする。病気のせいでやや活気の欠けた、それでもかなりピッチの上がったきゃひきゃひ~のgreetingを済ませたあと、早速皆でBermondsey Streetに向かう。

このLondonのBermondseyというところはごく最近まではただのがらが悪い下町だったそうた。いまでもストリートによってはその面影がしっかり残っている。そしてこのBermondsey Street自体も別になんてことのないただの通りだったらしい。

ところが今はこのBermondsey Streetはすっかりおしゃれでトレンディーなストリート。金融街のシティに歩いて通勤できる地域という事実に加え、鶏/卵の世界でどちらが先かはわからないが、いつからかゲイやゲイカップルが移り住むようになり、その人口が次第に増え、男性のゲイカップル=高収入共働き&子供がいない=ペットを飼う=おしゃれなレストランやバーにペットを連れて行きたい…という流れで、このストリートにあるレストランやバー/パブはフランス並みに犬OKとなったのだそうだ。

あなたもこの通りを歩けば私が何を言っているのかすぐにぴんとくると思う。

で、Holly & Lil。

普段の私だったら「ふざけるのもいい加減にしましょう、世の中にはもっとお金をかけるべきことは沢山あるはずです」と憤慨しまうような、ペット自身のwelfareというよりは飼い主の自己満足でお金が落ちているというお店。

でもいい。いいの。今日だけはペットをばかかわいがりする飼い主になるの、と堅く決意して商品を吟味しはじめる。Devon産の手作りのクッキーと鹿肉の缶詰、そしておもちゃを友人カップルに買ってもらうウォルター。

私といえば、このチャイニーズサテンの首輪を買ってあげようかと真剣に考えはじめ、ウォルターに似合うかどうか「試着」してみる。しかしながら、うちの犬はシェルティーで、しかも並々ならぬ毛深さ。たとえダイヤモンドをちりばめた首輪を買えたとしても、まず全然見えない。毛ですっかり隠れてしまう。

あーだ、こーだ悩んでいるうちになんだか少しばからしい気がしてきた。

食い意地のはったウォルターは首輪がサテンだろうと高級イタリアン革だろうと、そんなことはおそらくどうでもよく、美味しいものを沢山食べれれば(そしてもちろん沢山散歩に出かけられれば)それがいちばん幸せなのではないだろうか…という気がしてきた。

ということで、結局なんちゃら味のばか高いドライフードと違う種類のDevon産の手作りビスケットを買ってあげることに決めた。さらにウォルター自身がとても欲しがった歯の健康にとてもよいという硬いゴムみたいな物質を購入してあげることに。

ウォルターはこの上なく満足している…ようだ。

Pezarroで羊の脳みそと舌のランチを食べ(や、ウォルターじゃくって私たち)、友人宅へ訪れる前に公園で用足しをする(や、私たちじゃなくてウォルター)。

子犬を連れたバイカーっぽいゲイカップルたちと公園で話しこむ。私たちのショッピングバッグを見て、「Holly & Lil?一番安い首輪でも55ポンドって噂だよ、僕らは絶対に行かないなぁ!」と驚かれる。

うーんそれが普通の反応だよな、と思いながら2週間前の九死に一生のエピソードを説明し、その回復のお祝いなんだと説明する。

犬連れのBermondseyのゲイカップルといっても皆が皆金持ちじゃないということね。非現実的なお店で長い時間を費やしてショッピングをした後にしっかりantidote、解毒剤を処方してもらったような感じがした。

犬の幸せってなんだろう。
食べること、散歩、お腹をさすってもらうこと、重要な労働(庭から猫やリスを追い出す大事な役目)とその代償にほめてもらうこと('Good Boooooy!')…。あとはなんだろうね、ウォルター。

これらのことが少しでも多くできるように元気に長く生きていこうね。
[PR]
by uk_alien | 2012-04-23 00:55 | animals

いい天気

f0045624_1914124.jpg



f0045624_1921921.jpg

[PR]
by uk_alien | 2012-04-21 10:59 | animals

動物病院

いつものように順番を待っていると仕切りの向こうから女性のつらそうな泣き声がした。

暫くして彼女とそのご家族が現れる。命の感じられないバスケットを抱え、旦那さんと娘さんに支えられて彼女は泣きながら去っていった。

一昨日待合室で一緒だった女性の飼い犬は今日は腫瘍の摘出手術を終えてプラスチックのカラーをしている。良性か悪性かは検査結果次第と説明を受けている。

ウォルターは今日も血液検査を受けて赤血球の割合が順調に35%まで上昇。薬の種類を減らしてもよいとのことで、これからはもう朝の4時に起きなくてもよくなった。

金曜の晩。

動物模様、人間模様。
[PR]
by uk_alien | 2012-04-20 18:39 | animals

Good news

I don't know how to type in Japanese on this thing (using my husband's iPad)...

I've got a bad cold and am staying in bed :(

My husband has taken Walter to the vet and returned just now. His PVC (the red blood cell ratio in his blood) has gone up to 24%!

The normal ratio is apparently 35 to 55%. His had been 10% before the blood tranfusion. After that it went up to 27 but steadily went down to 21%. It went up by 1% yesterday. We were expecting it to hover around there or dive right down again to repeat the nightmare needing the second blood transfusion.

So we are ecstatic over today's result. I know it is way too soon to become complaisant but just a small piece of positive evidence cheers up our lives tremendously for now.

My husband is visiting his mother to set up her new iPad (She is 78 so good for her! Well it was actually me who coerced her into it ;). The sick lot, namely Walter and me, will have to stay behind.

I wish everyone a nice weekend!
[PR]
by uk_alien | 2012-04-14 18:08 | animals

地下鉄で

f0045624_22422014.jpg


新しく紹介してもらったフィジオに行くのに地下鉄に乗った。駅でスパニエルとその飼い主が電車をまっている。ぐっと目頭があつくなって、こりゃいかんと目をそらした。

電車に乗ると、他の乗客と話をする飼い主を放っておいて、彼は他の乗客に愛想をふりまき、私のズボンを興味深げにじっくり詮索する。

ウォルターのにおいがするのだろうな。

そっと手の匂いをかがせてあげて耳の後ろをかいてあげると、彼は気持ち良さそうに首をかしげる。

どっと涙が込み上げたので慌てて目をそらした。
かなりまいっている。
[PR]
by uk_alien | 2012-04-13 22:45 | animals

大好きなこと



毎日続くウォルターの血液検査の結果。赤血球の数がゆっくりと落ち続けている。
私の心もゆっくりと沈んでいく。
一日、一日、一緒にすごせることが幸せなのだということを思い出して元気を出す。

歩いたらすぐ疲れるくせに、気持ちだけは元気になったようで、フレンチドアから見える野原を遠い目で見つめている。「散歩に行きたいよ」

よし、ウォルターが歩けるところまで歩こう。
帰りの斜面は疲れてしまうのでよいしょ、と抱いて帰ってくる。

とても満足した様子だ。
[PR]
by uk_alien | 2012-04-13 16:00 | animals

闘病生活



ウォルター、よくなるかもしれない。

恥をしのんで昨日上司に相談し、今週は休暇をとらせてもらった。

食い意地が張っている犬、というのはこういうときに功を奏すもので、一週間で一気に骨と皮と化し屍のようだったウォルターのお腹が今ふくふくしている。獣医さんもこの体重の回復ぶりには本当に驚いていた。Waitroseのチキンとレバーをにんにくで煮て、それににんじんとセロリとドライフードを混ぜて食べさせている。私たちよりよほど健康的な食事だ。運動は全くできないので太らせすぎないようにも注意しなければ。

赤血球が足りない、ということは常に酸欠気味ということで、少し歩いただけでぜいぜいして休まなければいけない。階段の上り下りもできないので常に抱えて運んであげるという状態だ。昨日の血液検査では赤血球のカウントはまた少し落ちてしまった。でも20%を上回っていることが今の目標だから、と励まされる。

今日も獣医に血液検査に行く。しっかりモニターして体調の急変に備えるためだ。

朝は毎朝4時起きで薬をあたえなければいけないので私たちの生活にもかなりこたえる。

でもがんばる。ウォルターが一番がんばっている。
[PR]
by uk_alien | 2012-04-11 17:56 | animals

Walter the dog - Back home again

Walter has responded to the treatment remarkably well and now he is back home with us! (I know a lot of dogs with AIHA fall seriously ill again after a brief period of staying well, but I try not to think about it for now.)

After the blood transfusion, his red blood cell count went up to 27% and now is down to 25%. It was 10% before and his gum was as white as a dead man, so we are pleased with the result so far. He didn’t show any reaction to the transfusion (apparently it is less trouble free if it’s the first time) and has been on steroid + meds for the stomach.

The meds we are to administer to him from now on are pretty tricky. The first one goes in, and after a 2 hours’ wait, the second one follows. Then wait for further one hour and finally he gets his food with the third medicine. This is to be repeated twice a day.

Now this means, we are to get up at 4:00am for the first course of medication so that we can feed him at 7:00 (allowing time for his morning business). For the second course of medication, I will cut off my lunch hour for a long while (I am sure my manager will allow this) and should be able to come home at 16:30 so that we can eventually feed him at around 19:30.

This reminds us of what we used to do for him when he first came to our place as a puppy. Frequent toilet businesses and whinings. It was like having a new born baby and our sleep used to be pretty much interrupted for a while. Oh, we do not mind going through it again. We do have him with us and that’s all that matters to us. We will get through this together until hopefully his system becomes healthy enough to be allowed off the steroid again some months (or years?) later.

Looking back, he might have had lungworms and it might have been what trigerred for his immune system to attack his own red blood cells. He was having this dry gagging coughs for some time and our garden backs onto the North Dows where the lungworm alert has become pretty high. He was given Advocate last Thursday to eliminate every possibility. I will religiously do this every month from now on.

My husband and I are both wrecked and knackered over the Easter. I can’t believe I will have to go to work tomorrow. Nevertheless, we are with Walter and as far as we are concerned, the resurrection has happened.

Happy Easter to everyone.
[PR]
by uk_alien | 2012-04-09 20:43 | animals

Walter the dog



One cannot truly comprehend other’s misfortune until the same thing strikes you down right there.

I confess. I used to believe that a blood transfusion, an MRI scan or chemotherapy for pets were rather OTT. It's a pitiable but undignified effort to make themselves feel better rather than their pets. I was convinced that if and when anything happens to my dog I would be able to keep calm all through and make a ruthless decision if necessary.

With my dog deteriorating so rapidly and being still so close to death, it finally hit home and I've come to understand that, well, it’s not that simple.

You of course miss your animal really badly and try to figure out why it has happened to you and your pet, though you never find an answer to that question. The loss of the ordinary happiness is so great and you realise how closely your pet’s existence has been knitted in every minute and every second of your life. The sensation of the realisation of him not being there 'as usual' makes you feel extremely sick and you start to dig your memory and wonder in trance how Stephen King’s ‘Pet Sematary’ went…

You wait for a good piece of news for hours on, unable to do anything ordinary in the household apart from thinking of your beloved pet in tears, knowing somewhere in your head that such good news never gets delivered anyway, and eventually try to content yourself with a could-be-worse situation. But then you again in vain start to drift into the believe that good news might come out after all…

There is this money issue as well unless your pet is fully covered by the insurance without excess. (Mine is not insured as a result of a conscious decision.) Where do you draw the line? What's OTT and what’s ‘you’ve done as much as you can’? One moment you are prepared to do anything and everything you can do for your pet. But the next moment reason kicks in and scolds you for being silly and tells you that your life must go on with or without your pet.

My dog has just had a blood transfusion. It’s been confirmed that he is suffering from auto immune haemolytic anaemia (AIHA). They cannot tell what has caused it if anything triggered it or what might be an underlying factor if any. The recurrent rate and loss rate seems to be dismayingly high. He's been on meds and staying at the vet. Hopefully he overcomes this crisis this time. But then what...?

Let’s take one step at a time.

One thing certain is that I will never be able to put on the arrogant conviction that I could possibly keep my cool through all this.

Never.
[PR]
by uk_alien | 2012-04-08 20:23 | animals