「ほっ」と。キャンペーン

カテゴリ:walks( 14 )

冬支度

f0045624_19354067.jpg


冬のブリティッシュカントリーサイドは、

①バックパックを背負い、防水・通気などに優れた機能的なギアに身を固め、地図を片手に歩く皆さん
②ウェリントンブーツ、レインハット、ワックスコート、チェックのウールのマフラー等々のトラディッショナルなカントリーギアに身を包みジャックラッセルかラブラドール(黒と白、ペアでなければならない)を連れた皆さん

に分かれる。私は、

③あまり気にせず普段着を着て出てくるのはいいけど、ドロドロになってる皆さん

の一人だ。

10月に入り、「だから夏は終わったんだってば」と駄目押しをかけるかのごとくの長雨。冬のカントリーサイドがどういうものだったかが思い起こされた。まだ寒くはないからいいのだけど、10年越しのウォーキングブーツに容赦なく染み入る朝露、雨水、泥水。ウェット、ウェット、ウェット。

こうなると乾くのに4日間はかかる。仕方がないから小さすぎて今は履けなくなった旦那のウェリーズを借りて散歩に出ることに。私のサイズより1インチはでかい。かっぽ、かっぽ、かっぽ。

ブライダルパスを逸れて、雨でじっとり濡れた草原を暫く歩く。おお、優れもの。水が入ってこない!(当たり前か)

見渡すと美しく広がるローリングカントリーサイド。ふと、ウェリーズで足元を固めた自分がBarbourのポスターにすっぽり入ったような気になった。こりゃトラディッショナルなカントリーギアを本格的にそろえて思いっきりブリティッシュに浸ってみようかな...と暫しデイドリーム。

f0045624_19563865.jpg


しかし、10数年前に興味半分で試着したBarbourのジャケットに身を包む自分の姿が思い出される。鏡に映し出されたその姿は...

「どうみても魚屋のおかみさんにしかみえない...。」

やっぱりどっかのガーデンセンターでやっすいウェリーズだけ買って来ることにしよう。
[PR]
by uk_alien | 2006-10-06 20:24 | walks
f0045624_20434619.jpg


週末はロンドン中心に住む友人夫婦を招いて、お気に入りのロング・ウォークに出かけることにした。このコースは10.8km(6 3/4 miles)、約4時間弱のアップダウンがないコース。LeighというSurreyの小さな町に車を駐車して出発し、Four Weddings and A Funeralの撮影に使われたBetchworthの教会を見て、その向かいのカントリーパブ、The Dolphinsでパブランチするのがハイライト。

f0045624_20441861.jpg


古くて可愛らしいテラスト・コテッジの窓辺で幸せそうに寝そべる黒猫に思わず笑顔をそそられる。このコテッジの脇の道を抜けるとすぐに古い教会が見える。ちょうどサンデーサービスが終わったようで、品のよいローカル達がぱらぱらと現われては、私達のような絵に描いたような観光客にも笑顔で挨拶をする。「Good morning, there!」

お年を召したご婦人はウォルターを見ると立ち止まって「なんて可愛らしい!いくつになるの?なんというブリード?」と質問を浴びせてくる。こうした、イングランド南東部の村に特有な、ゆったりとした雰囲気を存分に堪能しつつ、The Dolphinsでフィッシュアンドチップス&ビールを注文。うーん、ブリティッシュ。ちなみにフィッシュは美味しかったけど、チップスはぺけ。8ポンド以上もしてこんなものかい?とやや憤慨するが、テーブルで主のように幸せそうに寝そべる大きな猫が幸せな日曜の午後を更に幸せにしてくれている。ま、こんなものかとあきらめる。

ビール二杯でいい気持ちになった後、残りのコースを見て「え、まだこんなに歩くの?」と腰がひけるが、腹ごなしにちょうどよく、結構歩けてしまう。

ウォルターにとっては初めてのロングウォーク、とても楽しんだようだった。

ちなみにこの家はこのコースを歩きに来るたびに、こんな家に住みた~い、と思わせる、ほどよい大きさの四方が庭に囲まれた明るく気持ちのいいコテッジ。

f0045624_21161894.jpg


ドライブウェイには高そうなお車達が並んでいた。
宝くじ、あたらないかな?
[PR]
by uk_alien | 2006-07-24 21:29 | walks

Walkie, walkie

f0045624_20481383.jpg


金曜日、旦那は人事部、上層部、そして部下一名同席のもと、この部下の女性の懲戒手続の正式会議。去年末からの超多忙な毎日に、この1~2週間はこの一件がオントップとなって、旦那は「よく金曜日までもったね」というストレスト・アウト状態。だからこの金曜の晩は自宅で思いっきりtreat dinner!

f0045624_2048376.jpg


チョリゾとパルマハムで2002タスカニーの赤をすすり(私のチョイス!土っぽくてパワフル、当たり!)、海老とイカの白ワイン煮で2003バーガンディの白を空けた後、タスカニーの赤に戻ってメインのローストラムのベリーソース添えを食した。つけ合わせの自家製日本キャベツ(そう、日本のキャベツ!)のバター煮と、バターと粒マスタードをからめたボイルドニューポテトもとっても美味だった。このニューポテトはとってもお勧め。ゆで終わったポテトにバター少々とたっぷりの粒マスタードを絡めるだけ。一味変わってとっても美味しい!とどめに洋ナシのタルトをデザートワインでいただいた。

f0045624_20491478.jpg


翌朝旦那はベッドから起きられないくらい疲れていたため、私一人でウォルターの散歩。

f0045624_20494883.jpg


気温が少し下がってとても気持ちのいい散歩だった。あまりに美しかったのでポケットカメラであちこちをぱちり、ぱちり。

f0045624_20501744.jpg


以前は旦那が定時きっかり帰宅の超元気状態、私は24/7常にストレスト・アウトという全く反対の立場だった。ただでさえ仕事で頭がいっぱいなときに、いつもうじうじと文句を言われたものである。今度は私がうじうじ言ってやるぞ、と思わないでもないが、まあ昔のことだから許してやろう。

f0045624_2050437.jpg


早く旦那の仕事がも少し楽になるといいな。

f0045624_20511141.jpg

[PR]
by uk_alien | 2006-07-22 21:05 | walks

予感

f0045624_1836161.jpg


春から夏、そして秋までのすばらしさでやっとイギリスは冬の惨めさを補っていると思う。とはいえ、日が長くなり、3月の声をきいたとたんに...春の予感がするんだな~。もう、このタイトルを「...が好きなのよ~」に変えたくなるくらい。今週は寒くて風も強い週だったけど、空が....くっくっくっ(うれしい)...美しい!

ということで久しぶりに12キロのウォーキングに行ってきた。
これまた久しぶりにジムで内股を鍛えた後だったので、ウォーキングから帰ってきた後にはもう、身体がみしみし。

痛い...でも...美しかった...。
[PR]
by uk_alien | 2006-03-04 18:36 | walks