「ほっ」と。キャンペーン

カテゴリ:volunteering( 2 )

全員合格

まるまる一ヶ月以上も頭痛とめまいに悩まされて結構辟易している。季節の変わり目ってやつね。

そんな中、ボランティアをしていた英語のクラスの先生からメッセージが入った。

クラスの全員が試験に受かったのよ!全員、あのクリスまで!
手伝ってくれて本当にありがとう!

試験は6月だったっけ。皆がパスするよう最後は熱血状態で口頭試験のロールプレイをしながらそれぞれどこが弱いのかノートをとり、先生に最後に向けて何をしたら皆のプラスになるかアドバイスをして真剣に手伝ったクラスだった。試験前には先生と一緒にエクストラクラスを設けて、ちょっと危ない生徒に集中レッスンも提供した。(ほら、試験は受からなきゃいけないという日本人魂 笑)

よかった。ものすごくうれしい。

年々体力が落ちていて、次回は週一回でも手伝うのは難しそうな気がする。
ちょっと残念。とても残念。
[PR]
by uk_alien | 2010-09-29 01:33 | volunteering

新しいこと



英語を母国語としない人のための英語クラスでティーチングアシスタントのボランティアを始めた。問い合わせからトレーニング、CRB(Criminal Record Bureau)チェック、プレイスメントと一年がかりの準備だったけれど、辛抱強く待ってよかったと思う。私は昼間は働いているので夜のクラス。面子はなんと3人を除いて全員ポーリッシュ。時代を反映しているのね。

クラスの中で他の人たちのペースについていけない生徒3人を私が担当する。最初は「何をしたらいいのかわからなかったらどうしよう」と少し不安に思ったが、やはりそこは過去の経験と情熱がものをいう。すぐにコツを飲み込んだ。うう、楽しい。

英語のレベルがクラスで一番低いGujaratiスピーカーのインド人の女性に70-80%の注意を払い、彼女が安心してクラスについていけるようにサポートする。彼女がタスクに取り組んでいる間に他の二人のポーリッシュの集中を促し、彼らのペースが遅くなりすぎないようにテンポをあおる。「クラスに来てよかったな」という気持ちで帰ってもらえれば次のときに「仕事で疲れているけれど、レッスンに行こう」という励みにもなるというもの。

私にとってもとても励みになっている。
[PR]
by uk_alien | 2009-11-28 03:20 | volunteering