カテゴリ:art( 6 )

Death - Wellcome Collection

As I had some time to kill till my colleague’s leaving do (duty calls - not an old hen's cup of tea to be in a very loud bar in Leicester Square on a Friday night), I went to Wellcome Collection in Euston to see an exhibition titled ‘Death: A Self-portrait’.

The admission was free and the exhibition was surprisingly good. Apparently all the prints and artefacts have been collected by a print dealer in Chicago called Richard Harris. The collection itself was interesting but what made it more appealing was the way they displayed them theme by theme to help visitors comprehend death from different perspectives.

The first room, ‘Contemplating Death’, was somewhat I had expected from the exhibition, i.e. full of sculls and prints of ‘memento mori' ('remember you will die'). Nevertheless, seeing Utrecht’s print in this context, as explained in the free guide, gave me insight that life (mundane and materialistic yet warm) and death (dark unknown void which is as mundane as life though you don’t want to admit it) co-exist as Yin-Yang.

I really enjoyed the second room themed as ‘The Dance of Death’. Kawanabe Kyosai’s screens, featuring skeletons enjoying themselves in the field watching entertainments and sumo-wrestling etc, did make me smile. The piece named ‘Gentleman on Green Table’ was powerfully capturing albeit very small.

The room which left the strongest impression on me was the third room, ‘Violent Death’. Most of all, a series of etching prints by Otto Dix titled ‘The War’. These scenes were from his own experience fighting in the first world war and they seemed to convey more realism with raw emotions than any other documentary media such as films or photography. Unsurprisingly, this room made me feel pretty much drained. I guess it was because the deaths here were not of an objective philosophical concept but real violent misfortunes.

I then skimmed through the fourth room, themed as ‘Eros & Thanatos (life and distraction)’ and the fifth room ‘Commemoration’ and thought I should come back to see the whole exhibition again.

After devouring a huge banana chocolate muffin at a very pleasant café in the same building, I headed down to Leicester Square and joined my colleagues in the bar.

Shouting to them to be heard against ‘lively’ music played at an unhealthy decibel level whilst cheap mirror ball reflections swirling around us brought me back to the reality. The world of 'Eros' as opposed to 'Thanatos'. I thought I should be relieved, but the sickeningly sweet Californian rose made me feel otherwise.
[PR]
by uk_alien | 2012-12-01 23:02 | art

Bronze - RA

目下、Royal Academy of Artsで行われているBronzeは、太古の昔からモダンな作品まで世界中から借り出された代表作たちを
ブロンズ=芸術表現の素材という新鮮な視点から鑑賞することができる。

製作過程の説明の展示も非常に理解しやすい。
[PR]
by uk_alien | 2012-11-24 22:15 | art

Yayoi Kusama @ Tate Modern

f0045624_136267.jpg


Tate Modernで開催中のYayoi Kusamaの特別展は凄まじい。

展示自体Miróの時と同じように画家の人生を作品とともに歩んでいるようで惹き込まれる。友人曰く、curatorがよいのだそうだ。私個人的にはこのアーティストはMiróと比べると人としてより興味深く、より魅力的な作品を生み出していると思った。

彼女の若い頃のスケッチや1950年代の黄ばんだ朝日新聞の縦書きの記事の切り抜きもあわせて展示されており、それらから受け取る情報に浸りきる。「ああ、母国語の強みだ」という思いを久々に味わい、記事の内容に心を打たれる。



あの時代に、芸術の才能とともに女として生まれ、その才能を具現化させていく信念と確信、そして生涯を通し心理的障害をコントロールする意志力。まさに息を呑まされる。

何度足を運んでも飽きることがない。

5 June 2012まで。機会があれば、是非。
[PR]
by uk_alien | 2012-03-29 01:42 | art

Miró @ Tate Modern

Tate Modernで開催中のMiróの特別展

強いシンプルな色使いと抽象的な対象の捉え方は一般に平面的な印象を与えるけれど、微妙で繊細な詳細とともに作品を全体的に捉えることで、意外な側面が浮かび上がり、とても新鮮に驚かされる。

また、画家が生きた時代背景をかみしめながら作品を見ることで、視覚的なアートの領域を超えて、まるで本当に詩を読んでいるような印象を受けるから不思議だ。

後半の大きなキャンバスに描かれた一本の線や焼かれて穴のあいた作品に視覚的に賛同するか否かは別としても、彼の作品からにじみ出る繊細でプライベートな人柄と作品そのものの強さに惹かれ、これまで二回足を運んだ。

モダンアートの好みは人によりけりだと思うけれど、この展示はとても見る価値があると思った。
[PR]
by uk_alien | 2011-05-21 19:28 | art

Acts of Mercy

National Galleryで展示しているFrederick Cayley RobinsonのActs of Mercy (1916-20)を見に行ってきた。

褪せた色合いと、作中の人々の凝視の眼差しが非常に印象的だ。入場は無料で展示されている点数も数少ないが、私は中でもOld Nurseと名づけられた作品の、窓の向こうに見える別の建物の窓からもれる暖かい光と、手前の暗くがらんとした部屋の様子がとても印象に残った。

関連のMedicine and Healing Trailのパンフレットを眺めていると、見知らぬ男性が「それはこの展示のパンフレットですか?」と訪ねてくる。アート好きなヨーロピアンだと思って「いいえ、関連しているけれど別のtrailのパンフレットですよ」と親切に答えると、「君スタイルいいね、どこから来たの?僕はイギリス人」と私の足の先から頭のてっぺんまでじろじろ見ながらきいてくる。げ、オリエンタル好きのその手の輩だ、めんどっちいな。

「スタイル」「ファッション」「アクセサリー」「エクササイズ」と、私に縁もゆかりもないほめ言葉を投げながらついてくるので、「服は仕事着、運動は犬の散歩だけす。ほめてくださってありがとう。音楽やアートがとても好きですわ。残念ですが犬が足を交差して私の帰りを待っているので時間はとれません。でも残りの時間をギャラリーでゆっくり楽しんでくださいね」とやんわり逃げ切った。ほら、act of mercy。

一人でいるより連れを探そうというこういう積極性には個人的には非常に賛成なのだが、もしギャラリーに一人でやってくるような女性と近しくなりたいと思うなら、じろじろ相手の身体をみるよりしっかりアートの話をした方がいいんじゃないだろうかとふと思った。
[PR]
by uk_alien | 2010-09-15 02:41 | art

魂のご飯

f0045624_190597.jpg


芸術っていうのはいろいろな解釈があると思うのだけど、すっかり受身の私にとっては魂の糧、ご飯という定義。

で、ある期間を過ぎると、なんとなく魂が「お腹がすいたんだけど...」と静か~にさりげなく不平をこぼしてくるのを感じる。今朝犬の散歩がてら旦那を駅まで送りつつこの不平を耳にする。

食べ物に関して好き嫌いのない私と違い、この魂はモダンで斬新的なアートはあまり美味しいとは思わないらしく、古典的な美がお好み。(友人に言わせると私は「芸術に対する体力がない」そうだ。言い得て妙。)で、こいつにとっての永遠のアイドルはViviana Durante。彼女の羽根のようなダンスを見ると魂が嬉々として宙を浮遊するのを感じる。

彼女は10年くらい前にRoyal Balletで踊っていたのだけれど、新しくマネジメントが変わったときのすったもんだで辞めてしまった。今日本で彼女のSwan Lakeが見れるんだよね。いいな。

来年の誕生日にむけCovent GardenのSwan Lakeを予約しようかな。
[PR]
by uk_alien | 2006-11-10 19:03 | art