<   2007年 08月 ( 13 )   > この月の画像一覧

Father and Son

f0045624_4542559.jpg


バンクホリデーは義兄一家の家にお泊り。

働き者の甥っ子はこの9月からAレベル(17歳)。今回のASでMaths、Chemistry、Physics、GeographyでオールAをとった。

彼は勉強とDeputy Headを両立する一方、週に3日~4日アルバイトをしてPPL(Private Pilot's Licence)を既に取得している。小さい頃から夢は商業パイロットになること。しかし、実際は空軍にでも入隊しない限り、プライベートのフライトスクールの費用は庶民に払えるものではない。

それでも夢は簡単には諦めきれないのは人の常。「大学か、フライトスクールか、どうするのか決めたの?」と本人にきくと「決められない」という。「大きな借金をしょってフライトスクールに行って、でも、もしかしたら学校が終わってパイロットの職に就けないかもしれない、そのリスクを負いたい?」ときくと「負いたい、それでも行きたい」という。

f0045624_4583392.jpg


くそ真面目で殆ど休みなく働く彼の父親は、億万長者の兄と自分を比較し、息子の夢をかなえさせてあげられない不甲斐なさにいらつく。「多額の借金をして職が保証されてもいないフライトスクールに行くより、トップの大学に行っていい仕事に就く方が絶対にいい」と考える一方、フライトスクール関して息子に明確にNoと言い渡せず、「足りない分を自分でファイナンスする気があるなら行けばいいじゃないか、お前次第だ」と言っている。子どもの将来を決め付けないという意味ではいいのだろうが、未知の不安と夢と家庭の財政の現実という三竦みはティーンには非常に酷というものだ。

決してアカデミックとはいえないこの父親と母親は、息子のコース選び、大学選びには一切お手上げで関知しない。従って、オックスフォードレベルの実力を持つこの息子は自分でprospectusを集めながら悶々と悩み、ティーンの男の子にありがちな父親との確執に悩みつつ、夢と現実の線引きと、現実のその先の決断を孤独に強いられている。

これはフェアじゃない。

f0045624_4553665.jpg


ディナーが終わって、彼に将来についていろいろ聞くと、次から次に大学やフライトスクールのprospectusや、学校からの個人進路分析の資料、挙句の果てにはChemistryやPhysicsの教科書まで自分の部屋から持ち出してきた。誰かが自分の進路に真剣になってくれているというのがうれしいのだろう。美人の叔母さんならなおさらだ(違うか)。

個人進路分析にざっと目を通す傍ら、父親に「これ、目を通したの?」ときくと「まさか!そんなの読んでもわからないよ」という。父ちゃん、頼むよ。

資料を見ながら、学校では誰にどんなアドバイスをもらっているのか、自分ではどう思うのか、なぜ特定の科目が得意で興味があるのかなどをいろいろ話した。そうしていくうちに、どうやら「決められない」といいつつも、既に現実的にフライトスクールは諦め、就職の際非常に有利といわれている得意な科目を専攻して可能な限りベストな大学に進む、という方向に気持ちを落ち着けているようだった。結局は本当に賢いのだ、この子は。でも賢いからといって放っておいていいというものではない。

「昨日は『決められない』といっていたけれど、実は大分決心が固まっているんじゃないの?」ときくと、「お金があったら絶対フライトスクールに行く。でも、空を飛ぶのはいい仕事について、プライベートの時間に飛ぶからいい」という。「それでいいと思う?そうすることで後になって後悔すると思う?」と聞くと、「後悔しないと思う」という。うう、健気だ。

私は彼の進路がずっと気になっていたので彼の反応を見てとても安心した。

その一方で、多くを犠牲にし手塩にかけて育ててきた息子が、自分よりはるかに優れた知性を持つようになり、自分の手から自分には全くわからない世界へ飛び立っていくということに対する父親の戸惑いと苛立ちが手に取るように感じられた、そんな数日間だった。
[PR]
by uk_alien | 2007-08-30 05:03 | family

絶景

このバンクホリデーは南ウェールズで海岸線沿いのウォーキング。連日即席ランチとビールをバックに詰め込み、とてつもないスケールの景色に息を呑みながら、歩く、歩く。

f0045624_2243057.jpg

f0045624_2251035.jpg

f0045624_2253126.jpg

f0045624_226186.jpg

f0045624_2273974.jpg

f0045624_2264422.jpg

f0045624_2277100.jpg


久しぶりに天気も最高。
なんて贅沢なんだろう。
[PR]
by uk_alien | 2007-08-29 02:36 | walks

ティーンは食べ盛り

クロアチアの生徒さんたち3人は本日パリに向けて無事出発した。6日間のロンドン観光の後はパリに2日間滞在、そして最後はユーロディズニーランド。めっちゃリッチな家庭の子ども達なようだ。

今回の食事づくりも厳しかった。二日目にstuffed red pepperとハーブ&トマト味のcous cousを出したら容赦なく全部残されてしまった。ほとんど手付かずだったので、食べ盛りなのにお腹がすいてはかわいそうと、私のとっておきのGreen & Black'sのオーガニックのホットチョコレート&チョコレートビスケットを出してあげたが最後。「Could we have hot chocolate again, please?」うーん、どうして学ばないかな、私は。

三日目以降は割り切って彼ら用に脂っこくて濃い味付けのものを提供。チキンのトマトソース煮、ボロネーズ、カルボナーラ、ピザ&フライドポテトの四日間(私たちはチキンとボロネーズだけジョイン)。これらには手放しで大喜びし、どうみても6人分の量を3人でぺろっと平らげ、「もっとないの?」とストレートに要求してくる始末。ティーンエイジャーとはこういうものだ。

それにしても一番参ったのは夜中~朝にかけての一晩中コンスタントなトイレの使用。夜しか家にいないのに二晩でトイレットペーパー1ロールが使い切られてしまう。食べたものは出さなければならない...とはいえ、なにも入れ替わり立ち代わり(もしくは同じ人物なのか...不明)夜通しトイレに行くことはなかろうに。メディカルコンディションかなにかなのかな...とも思ったが、朝会うと元気そうなので敢えてきかないことにした。二階のバスルームはマスターベッドルームの隣にあるのでそのたびに起こされてしまい、旦那も私もすっかり寝不足。いやはや。

それでも元気なティーンというのはにくめないものだ。今回の滞在にはすっかり満足した様子で、私たちや家の写真をばちばち撮って、「またいつかどこかで会えるかもしれないよね」といって去っていった。
[PR]
by uk_alien | 2007-08-22 02:03 | hosting students

夏のお味

f0045624_1919746.jpg


野原に生えているブラックベリー。例年もっと沢山生るのに今年は気候にやられたのか、近所の散歩道ではイマイチの出来。

そんな折、先日友人を訪ねた際に沢山のブラックベリーを頂いた。私のためにその日に自分で摘んでくれたという。とてもうれしかった。

凍らせて、熟したバナナとヨーグルトと一緒にミキサーに入れ、zoooom!
簡単でヘルシーなデザートの出来上がり。
色もとてもきれいだ。

美味しい!
[PR]
by uk_alien | 2007-08-17 19:20 | food
f0045624_2181325.jpg


久しぶりに生徒さんの面倒をみている。今回はクロアチアからで16歳。

うわー、英語通じるのかなと心配していたら、なんてことはない、今まで面倒見てきた生徒さんの中で一番英語が上手。コミュニケーションには全く問題がない。フランクにいろいろなことをきいてきたり確認したりしてくれるのでとても楽だ。

昨夜の夕飯は義理ママからいつも回ってくる雑誌、Deliciousから選んでスパニッシュオムレツにグリルドベーコン、Guacamole&サラダリーフというメニュー。暫くして一人がGuacamoleを差して、「コレは何?何から出来ているの?」ときく。それきた。変なもん出しやがってと思っているに違いないと懸念しながら「アボガドよ」と答えると、「I've never had this before, but I think it's great, very delicious. I like it very much」と真顔でいう。おお、これぞ異文化体験。Mexican food in the UK served by the Japanese.

この夏は人を招いたり招かれたりで、カロリーたっぷりの食事が続き、更に義理ママからのフードパーセルも続いて我家の冷蔵庫はいつもだったら手を出さない超ファティー&シュガリーな食べ物で一杯な状態が続いた(上記のベーコンもそのうちの一つ)。貧乏性の私はもったいないお化けに勝てず、おかげでとてつもなく肥えた体になっている。

9月のホリデーに向けてシェイプアップを目論みながらもなかなか実行できない。
うう、まずい。デブになってまう。
[PR]
by uk_alien | 2007-08-16 21:10 | hosting students

祝 再就職

f0045624_23515419.jpg


パートタイムの仕事が決まった。

私は働かなくていいなら働かない方がいいと思うし、家でのんびりしているのも大好きなのだけれど...やはり現地の人たちに入り混じって言葉や習慣を学ぶ努力をしきらないうちにcomfort zoneに引き込んでしまうのも進歩がないかな...でもフルタイムでばりばりに働く気は毛頭ないぞ...などなど、いろいろ考えた挙句に決心した。仕事は毎日だけれど、勤務時間的にはドッグフレンドリーで、ホストファミリーも続けられそうだ。

あと、知らなかったけど、パートタイムでもパーマネントコントラクトだとプライベートの医療保険やcontributory pensionなどのフルベネフィットがつくそうだ。これはうれしい。

イギリスに住んで以来ずっと英系企業勤めをしてきたけれど、日系ビジネスと全く無縁な企業というのは今回が始めてで、ちょっと緊張、ちょっと気が楽。先週の二次面接で会ったボスは注意深そうだけれど、あたりが柔らかい女性だ。

今週のうちに最後の有閑マダム生活をエンジョイ...と思ったが、天気は下り坂っぽく残念だ。
[PR]
by uk_alien | 2007-08-13 23:56 | work

見つめられて

f0045624_17213244.jpg


昨日、外でどかどかと音がするので窓から見てみると、係員達が牛達を追っている。どうやら丘の上のオープンフィールドから向かいの斜面のフィールドに牛達を移動させている様子。

犬を連れて庭から降りてみると、夏前に取り外されたエレクトリック・シープ・フェンスが再び張られ、ゲートにはすべて立ち入り禁止のサインが貼られている。今回のfoot and mouth disease、手足口病の勃発に伴った警戒策だ。

この牛達はベルベットのような深い赤茶色のSussex Cattle。穏やかな気質でいつも掃除機のように地面に張り付いて草を食べている。このバッチは向かいの斜面が手入れされて以来始めて導入された牛達で、「You, burgers!」と冗談で呼んでいるが、子牛の頃からいつも脇を歩いているだけあって私は愛着を感じている。

いつもは駅で新聞を買った帰り、丘を散歩してこのフィールドをつきって庭にたどり着くのだが...閉鎖されてしまったので不便。今朝はとりあえず遠回りをしてフィールド沿いの乗馬道を通って帰った。生垣の隙間から牛達がじっと私たちが通り過ぎるのを見ている。

foot and mouthが広がらないといいな。
[PR]
by uk_alien | 2007-08-09 17:34 | walks

暫し考えごと

f0045624_1923383.jpg


Daily Mailは毎年夏になるとコーンウォールだのコッツウォルズだのの「カントリーコテッジが当たる!」Dream Cottageキャンペーンをしている。今年はフランスのコテッジ(↑)。単細胞な夫婦の私たちは当選を夢見て今月trashyなこの新聞を毎日買っている。

今日はまあまあの天気。
秋っぽい空気の中、暫し考えごとにふける。
(コテッジのことじゃないってば)
[PR]
by uk_alien | 2007-08-08 20:22 | just a thought

夏の香り

f0045624_18133476.jpg


テラスをちょっとコンチネンタルっぽくしようと思って今年の春に買い込んだオリーブ達。夏の日差しを浴びてとても幸せそう。

f0045624_1814283.jpg


長い間香りを放っていたジャズミンが散って、役目を引き継いだのはゆりの花達。
香りがテーブルに届いてとても優雅な気分にさせてくれる。
[PR]
by uk_alien | 2007-08-07 18:15 | garden

今日は紅茶でお祝い

日曜はホリデー帰りの義兄家族と義理ママとでランチ。

べニューは我家だが、食べ物は全て義理ママがサプライする!という。「フレッシュブレッドだけは焼いておいてね」というので、それではお言葉に甘えて、ということになっていた。

土曜の深夜に義兄家族を空港からピックアップし、ホリデー話で朝の3時まで話し込んだあくる朝、9時半に元気よく現れた義理ママの車からは...食べ物やら飲み物やらが出てくる、出てくる、次から次。

アップルジュース、スムージー、エルダーフラワーコーディアル、スパークリングウォーター、サーモンパテにダックパテ、パルマハムにチョリゾにイングリッシュハム、ものすごい量のシュニッツェルズ(チェコ版とんかつ)にソーセージ、たらい一杯のポテトサラダにグリーンサラダ、オリーブの漬物、クリスプス、お手製スコンズ、3種類の手作りジャム、ホームメイドクッキーズ、ヴィクトリアスポンジケーキ、デザートのパヴロヴァとそのクリーム...。

なんだかおとぎ話を思い出してしまった。どんどん食べ物が出てくる底なしの葛籠。

義兄家族はプロバンスがたいそう気に入った様子だった。ファミリー用コテッジを一週間ほど借り、残りの数日はせっかくだからお宅拝見もかねてと、別世界に生きる成金義兄ちゃんのSt Ropezの別荘にも暫く滞在。なんちゃらという皇族だのかんちゃらというセレブだのと入り混じってボートだ、クラブだ、レストランだと引き回されたそうだが、それはそれなりに楽しんだようだった。

宿泊&ピックアップのお礼に素敵な絵を頂き...

f0045624_20315382.jpg


土産話をききながら丸一日のんびり食べたり飲んだりで優雅な一日を過ごした。

今年のクリスマスは義理ママの家で家族郎党を集めた大ファミリーパーティーを行うことがすっかり決まっており(泊りがけ...吐息...)、来週末は義理ママの家でガーデニング(ま、これはいつもお世話になってばかりだからと私から申し出たんだけど...)、8月は義兄のウェールズの家に3泊で出かけるという...もうすっかり義理の家族一色に染まっている生活。

それはそれでよいのだけれど...。本当に頑張った試験に受かったときに、私の努力やその結果を心から誇りに思ってくれる自分の家族がいたらと思ったら少しさびしくなってしまった。

もう何年も前に母が「お前は本当に頑張っているよね。えらいよ」と言ってくれたことがあった。何をどう頑張っているのか全然わからないくせに、とも思ったものだが、親からのそうした言葉は、どんなすごい人のほめ言葉よりもやっぱり一番心にしみるものだ。

f0045624_203239100.jpg


あわただしい週末が過ぎて、今日は一人で優雅にクリームティーでお祝い。

f0045624_1942161.jpg


うん、よくやった。
[PR]
by uk_alien | 2007-08-06 21:02 | family