もっとイングリッシュに

f0045624_0403592.jpg


義理ママは数年前に夫が死去して以来一人暮らし。下手をすると週に4~5回かかってくる電話も、月一回かそれ以上のお招きも仕方がないし、親孝行と思っている。

今回、サンルームでお茶しているときに彼女はいった。

「気を悪くしないでね。でも最近どうしてもきになってたから言うわ。あなた、日本人の輪の中に自分をとじこめすぎなんじゃない?イギリス人だけの会社に勤めたり、イギリス人のお友達ともっとお付き合いして、もっとイギリスの文化にひたってみたら?それにもしかしたらあなた、コンピューター中毒なんじゃないかと思うの。日本人ってそういうのが好きじゃない?こないだお父様もお酒やらギャンブルやらをやめられない性格だったっていってたじゃない?そういうものって遺伝すると思うのよ。」

彼女の母親は旧チェコ・スロバキア人でイギリスに移住してきた後もチェコ大使館に勤め続け、結局死ぬまでイギリスにもチェコにも満足せずアンハッピーなままだったという。対照的に13歳で移民した義理ママにとっては暗い子供時代のチェコの思い出をすべて忘れ去る絶好の機会で、英語などまったく話せなかったにも関わらず、飛行機からおりたったと同時に「自分はイギリス人だ」と実感したそうだ。イギリスの文化に進んで溶け込み、今ではすっかり自分はイギリス人だし、イギリスにいて幸せだし、ごくまれに「あら?あなたどこの出身?」なんてきかれるとすごく腹が立つのだそうだ。

自分の母親と同じような、祖国にも移民先にも幸せを見出せない、そんな思いは私にはしてほしくない、という。

彼女の私を思う気持ちは心からありがたいと思った。私の母親など到底理解できない地の果ての話だし、もし父親が生きていたとしても私のためを思ってそんなことを口に出すなんざ、まずなかっただろう。

しかし彼女は以下の3点で間違っている。

1) 私は日本人の輪の中にはいない。これは単なる誤解だ。日本にいる家族と連絡をとるのは月に一回弱、現地の日本人の知り合いや友人に会うのもやはり多分月に一度弱、頻繁に会う親友は韓国人。勤めてた会社は生粋のイギリス法人で社員5000人の中で日本人は二人、ボスはイギリス人だった。新聞はデイリーテレグラフかデイリーメールでニュースはBBC。ラジオは朝のLBC。好きなコメディーはリトル・ブリテンで先週まで一番観てた番組はビッグブラザーだ。私が日本語を話す%は5%以下でそのほとんどは「信じられない」とか「つかれた」とかのぼやき系の独り言だ。

2) 彼女のいう「イギリス文化」の中には、カリブ系イギリス人、アフリカ系イギリス人、イスラム系、インド・パキスタン系イギリス人、中国系イギリス人等々移民イギリス人の文化は含まれていない。また、貧困層の白人文化や若者文化も含まれていない。彼女の属する白人中流家庭の文化は「イギリス文化」を形作るひとつの側面でしかなく、それを指して、もっと「イギリスの文化になじんでみたら」というのは浅はかだ。

3) すでに自国で言葉と文化を自分のものとして吸収した大人と、自我が未発達な子供とでは異文化への対応のプロセスはまったく異なるという点を根本から無視している。彼女は後者のプロセスをたどった典型的な例で彼女の母親は前者の(中でも異文化不適応型の)典型的な例だ。

これらの点をどうして誤解/無視して話が持ち出せるのか不思議だった。学校を出てから一度も働いたことがなく、極貧の苦労を微塵も経験したことがなく、夫が残した不動産と預金の収入で未亡人になった以降も一番高額な課税対象範囲にゆうにとどまっている白人中流階級有閑マダムの無知加減が、私によかれと思って口にしていることがわかるだけに腹立たしく感じた。

しかし「あなたにはわからないわ」では、異文化が共存しあう明るく忍耐強い英国社会は成り立たない。ここはきちんと自分の立場を説明するべきだ。

まず、1)が誤解である点を指摘した。2)に関しては本題から逸れると思い深く追求しなかった。ただ、3)の説明とあわせて、私という人間は既に大人として出来上がっていて、、白人の中流階級文化をどんなに理解してもそれは「私の文化」ではない旨指摘した。大人の移民者にとって、移民先で見出す幸せは単に現地の文化に溶け込む努力をしたからといって子供のように簡単に得られるわけではなく、「移民者としての幸せ」を大人として見出していく難しいプロセスである旨、在英15年の韓国人の友人の例を出しつつ説明した。

「コンピューター中毒」の件に関しては実際立ち上げたウェブサイトを見せて、日本人・日本・日本語とは一切関係ない旨説明し、そのウェブサイトもいわゆる趣味の写真の延長であると説明した。

「ほら、私コンピューターとかぜんぜんわからないじゃない?だからどうなのかしらと思ってしまったのよ、紅茶のおかわりはいかが?」

私がもし、イスラム教徒だったら、インド・パキスタン系だったら、黒人だったら、根本的に違う立場を相手がわかろうとわかるまいと強く主張するような反応をしていたのだろうか。でも私は日本で生まれ育ったから私にできる範囲で相手の考え方や、相手の立場やお互いの関係を重んじつつ相手に接するのだ。それが好む、好まざるをえず、私らしさの一部なのだ。
[PR]
# by uk_alien | 2006-01-30 02:35 | family
f0045624_238116.jpg


家はこの景色に惚れて予算を大幅にオーバーして購入した。ローンがずっしり重い。

ちょうど一昨年の同時期、この景色をサンルームから楽しみたいと思い、地域の担当オフィス(カウンシル)にサンルーム増築の許可申請をした。一応隣には話しておこうと夫婦を招き、図面を見せて説明をした。「ああ、うちらはぜんぜん構わないわよ。いいわね~。」とにこにこして帰ったが、締切日の2日前に彼らは私達に何の相談もなく正式にカウンシルへ反対な旨通知した。バトル開始。妻の方は近所でも名の通ったビッチで、私達が越して来る前も両隣と激しい問題をおこしてきたヒストリーをもつつわものだ。

ただ、彼ら(というか彼女)の気持ちもわかる。われわれのうちは東向きの2軒長屋(2軒がつながってる)で彼らは北側にあたる。うちらが何かを立てればちょくせつ彼らの日当たりに影響する。しかも彼女は自他ともに認めるお日様信仰者。

カウンシルは私たちの申請を却下。とりあえず控訴に出る。ただなんだからやって損はない。控訴結果が今日レターで届いた。残念ながら結果は×。ま、4.5mの増築だからでかすぎるよね。却下の理由をよく読んでみると4.5mのかわりに3.0mならいけそうだ。これから業者と相談して、いけそうだったら3mで一から申請のしなおしだ。

この件に関しては恐怖と怒りといじわるさの感情のまじった1年間だった。はっきりいって疲れた。でもこの控訴のプロセスは非常に公正・公平なものだった。現場視察に来たオフィサーの態度や言動は尊敬に値するものであったし(現場視察時にカウンシルの担当者も同席したが、この二人のランクの違いは人間性としてにじみでていたような気がする)、控訴を取り扱う担当オフィスからのレターと却下理由分も非常に明瞭で納得のいくものだった。

イギリスが成熟した公正・公平な社会を尊ぶ国家だと思い知らされるのはこういうときだ。
[PR]
# by uk_alien | 2006-01-24 23:19 | conservatory
f0045624_19164530.jpg


初めてローストチキンを食したとき、なんて味もそっけもない料理だと思った。しかも肉汁にワイン、塩コショウ、小麦粉を入れて作るグレービーソースは私の理解の範疇外だった。

日本食は下ごしらえ段階から綿密に、そして出来上がりの微妙なお味で勝負(私の大雑把料理はちがうけど)みたいなもので、必然的に私の味の好みもそういったものに傾く。しかし、この食文化の貧しいイギリスに5年住む、ということはそうした好みも変わっていくということで、いまや私は肉食動物。冷えたラムにくらいつくときなんざ狼気分。いまとなってはチキンの異なる部位の微妙なテクスチャーからフレーバーまでしっかりとエンジョイできるようになった。

f0045624_19304978.jpg


昔「○曜日はカレーの日」なんてコマーシャルがあったが、ここでは日曜のランチがローストチキンだ。ローストされたじゃがいもとさつまいもの味ににたかぶの一種とともに食する。こういう西洋料理は私の範疇ではないので旦那にまかせた。奮発してオーガニックのチキン。く~、美味しい。たまらん。(と思う度に自分の味の好みが変わったことをしみじみと思い出されるのだった。)

f0045624_1931166.jpg

[PR]
# by uk_alien | 2006-01-24 19:34 | food
イギリスにも年に一回の昇給がある。うちの旦那が自慢げに会社からのレターを見せてくれた。う~ん、よくやった。えらい。昨年まではダブルインカムだったのだが、私が仕事を辞めて主婦になったため、ちょっとの収入アップでも本当にうれしい。それに最近旦那は日本人みたいにがんばって働いている。よし、お祝いだ。

外食の観念はイギリスと日本では非常に異なる。多分食文化が極端に貧しいせいだろう。フランスや日本では美味しいものが気軽にレストランやカフェで食べられる。もし本当に豪華なものが食べたければそういうチョイスもあるし、お店で買うサンドイッチも決して悪くない。外食は高額=特別なときだけというイギリスは日本のファミレス程度の味のものでも非常に高額で、しかもお酒の値段はレストランでは数倍にはねあがる。割りに合わない。

迷った挙句、やっぱり自分達で作ることにした。そのほうが素材(何よりもワイン)に思いっきしお金もかけられる。

で、これがお祝いディナー。

f0045624_19463669.jpg


まずはシーフードのライムと白ワインさっと煮。ポピーの種入り手作りパンで食す。ワインは白のイタリアン・ガビ。く~うまい。

f0045624_19491387.jpg


メインはオーガニックのラムをにんにくとローズマリーでミディアムレアに焼く。つけあわせはフレンチレシピで揚げたジャガイモ(ゴージャス)といんげんのさっと煮。たまらん。

f0045624_2010144.jpg


ワインはブルネロ ディ モンタルチーノ(と読むんかい?the Brunello di Montalcino)の2000年もの。天国。

f0045624_20102721.jpg


そしてデザートは...作る暇がなかったので買ってしまった。でも美味しかった~。そして最後の締めはスペインのミディアムハードチーズとフレンチロックフォートとブルーブリー。日本に住んでればこの量は絶対に食べられなかったし、飲めなかった...と思う。チーズをデザートに食べれるようになってしまった私の胃袋にデザートワインで乾杯。
[PR]
# by uk_alien | 2006-01-20 19:35 | food

死刑

...というとすごいタイトルだけど、今年の正月に大学生の英国人女性がタイでレイプされ殺された。その犯人に対し死刑判決が下ったが、被害者の母親は「娘も自分も死罪の存在を支持しない。だから無期懲役を望む」旨正式に発表した。

私は究極的には死罪の存在はよしと考えている。人(システム)が人を裁くことに問題は感じない。なぜなら法律や道徳などを含む社会自体人によって作られたもので、その社会に所属する(生まれる、教育・補助・保護等の利益を受ける)からにはその社会の掟に従う義務があると私は考えるからだ。人(システム)が人を裁かなければ誰が裁くのか疑問である。本人の良心...なんてことは頼むから言わないでほしい。それで世の中が回るなら警察はいらない。

しかも刑務所のコストも考えなくてはならない。英国は死刑を廃止した国のひとつだが、現状は刑務所が満杯、かつ経費がかかりすぎるために、終身刑=十数年の懲役=刑の見直しで半期で出所という図式が成り立ってしまっている。そして出所者が再犯を犯す可能性は高い。また、昨年から経費削減で刑期の見直しは「本人との面接なしで決定されていた」そうで、実際出所した犯罪者が早速金目当てに銀行家の家に押し入り、9歳の女の子の目の前で父親を射殺、母親に重症を負わせた事件もあった。別件で、最近起こった路上物取り弁護士殺人に関するラジオのLBCや新聞報道へのコメントで、「死刑を再導入するべきじゃないのか」という一般市民の声が上がっている。

英国のアムネスティは死刑が世界人権宣言に謳われている1) 生きる権利、2) 拷問を受けない権利と、残酷、非人間的、または下劣な刑罰を受けない権利に反するとして、死刑反対を唱えている。死刑という刑罰は野蛮で文明的ではないという判断だ。

ではそういう野蛮で非文明的な犯罪者をどうするのか?

道徳は悪心と罰、良心と報いそして葛藤で成り立っている。先に例を挙げた銀行家殺人のケースをみてみると、主犯は過去に数回犯罪を起こしているのだが、最後に犯した犯罪は1997年、ローレックスの腕時計ほしさに強盗。逃げる際、被害者を拳銃で3発撃っている。アリバイ工作したが発覚。12年の刑を受け7年で出所。出所たった3ヶ月後にこの銀行家殺人・およびその妻の殺人未遂事件を起こしている。人権擁護の視点から刑務所の施設環境改善運動等も耳に入ってくる昨今、こうした「罰のみえない社会」で道徳が育つとは私には思えない。

野蛮で原始的だから死刑は廃止という理屈はわからないでもないが、その代償として、終身刑だったらその経費は「普通に働く」市民(英国は福祉詐欺や職につかず福祉収入でぶらぶらしている人間が少なくない)がまかない、早期出所であればやはりその市民が犠牲になる、という構図ではなんともいただけない。第一級殺人犯の人権擁護にエネルギーを費やすなら殺人防止にそれを傾けてほしい、と少し感情的にもなってしまう。

死罪にもし疑問を感じるとすれば判決の真偽だ。純粋に誤りが生じる可能性は当然ある。(ここで、既存の司法/社会システム自体に問題があって、死刑を目的に個人を犯罪者にしたてあげるような社会の話は論外とする。)「必要にして十分な証拠が犯人の故意による殺人を明示している場合だけ死罪の確定がなされるべきだ」としても、確定の基盤となったその時代のテクノロジー自体がその後疑問視されることもあるだろう。

簡単な問題ではない。

ちなみに、頭ごなしに「死刑に賛成ですって?信じられない!」とヒステリックに叫び、吊るし上げるのだけは勘弁してほしい。5年前大学寮でアムネスティーに所属する若い3人のドイツ人中流階級白人女性に槍玉に挙げられた記憶が生々しく残っている。
[PR]
# by uk_alien | 2006-01-19 05:10 | concept

銀行のキャッシュカード

おちこんでるときに限ってやなことは起きる。

会社を辞めて通勤定期を清算したため鉄道会社から残金の小切手を受け取った。家計費口座に振り込むため銀行に行く。

私の前に並ぶ子連れの白人のおばちゃんにカウンターのインド系行員が「お得なローンがございますが、ご興味はおありですか?」と質問。白人おばちゃんは「いえ、結構」とそっけなく返答。ここまでは普通。「もうどこかでローンはお組みですか」とにっこり質問する行員に、おばちゃんは「あなたにその質問をする権利はないでしょう?」とぴしゃり。きっつー。ま、確かにその通りなんだけど。

私もあれくらい強くないとな~と思いつつ、小切手の入金を済ませた後、外のキャッシュマシーンへ。

ついこないだ新しい暗証番号もらってアンロックして番号も自分のものに変更したからもう問題ないもーん...と思っていたら、やはり甘かった。機械に冷たく暗証番号が最新のものではない断られ、しまいには暗証番号をキャンセルされてしまったよ。とほほ。

なーんでこーかなー?私がどんくさいのかシステムが悪いのか。
また新しい暗証番号申請して、アンロックして番号変更した後出金できるかどうか試すのかい?はあ~。(嘆息)

あまりに落ち込んだから日本語のブログをはじめて元気を出そう。うん、そうしよう。
[PR]
# by uk_alien | 2006-01-18 01:47 | misfortune