人気ブログランキング |

ウォルター最後の日

犬を飼うことはライフスタイルそのもの。最初に家に迎え入れてから十数年の間、毎日を共に刻みこんでいきます。

2006年5月20日、生後8週間のウォルターが我が家にやって来ました。

ウォルター最後の日_f0045624_03213919.jpg

2020年1月17日。20日間の闘病の間、当初の肝臓・膵臓・脾臓部の重度の炎症を克服し獣医も驚くほどの回復を呈した矢先、突然腎臓機能が低下。再入院の点滴の効果は現れず状態は悪化。検査の結果「回復は見込めない」と伝える獣医の震える声に応え私が安楽死の決断を下しました。

点滴を外し、退院。24時間ひと時も離れない家族水入らずの時間を自宅で過ごした後、病院に戻り、午後4時、彼は永遠の眠りにつきました。

ウォルター最後の日_f0045624_03224138.jpg

胸が張り裂けるほどの深い悲しみも時がいつか癒してくれるといいます。忘れたくないと摂理に逆らおうとするのもその癒しのプロセスの一部なのでしょう。

生きているのもは生きていくもの。そういうもの。

でも私の内から溢れるこのたくさんの愛はちょっと行き先を見失ってしまったようです。

# by uk_alien | 2020-01-25 04:05 | animals

犬を飼うこと

犬を飼うこと_f0045624_00394951.jpeg
 Walter, On the Christmas Morning of 2019

犬を飼うことをお考えですか

犬との生活は、週中も週末も外出も休暇も仕事選びもどのパブに行くのかもどの家を買うのかも、暮らしの全てが犬中心になります

いつも常に頭のどこかで彼がどこで何をしているのか、食事の時間か、散歩の時間か、天気はどうか、投薬の時間か、グルーミングは、歯磨きは、太り過ぎか痩せすぎか、甘やかしすぎか厳しすぎるか、暑すぎないか、元気か、幸せか、体調が良くないか、足を挫いたか…いつも、いつも、いつも、いつも気にしてチェックするのが自分のことのように当たり前になります

十数年先のご自身のライフスタイルが想像出来ますか

そこで老犬の世話をしているご自分が想像出来ますか

そして十数年間を共に過ごしたコンパニオンとの別離が近づく悲哀の深さが想像出来ますか

私の犬はウォルター、シェットランドシープドッグ、13歳と9ヶ月

本日、日曜の早朝、救急施設に緊急入院をしました





# by uk_alien | 2019-12-29 23:57 | animals

音楽理論 Interrupted Cadences 偽終始

ハーモニーの勉強をするために本を買ったのはいいけれど、時間がないことを言い訳になかなか進まない。

新年もやってくることだし、これではいけないと思って再び手をつけることに。

Interrupted Cadences (deceptive cadences)の基本を学ぶ。「偽終始」と訳される終止形の一つ。

通常予期される完全終始Perfect Cadences(VーI)へ進行すると見せかけてVIへ移行することで、意外性、未完性、完結への更なる期待感を高める等々といった効果が得られる、のだそうだ。

ギターでいったらC Majorの曲でG→Amという進行。G→Cへ落ち着かずAmの変化球で「まだ終わりじゃないよ〜ん」と展開させるトリック。

長調のキーだとVーvi(六度の和音のトーナリティがマイナー)、短調だとVーVI(六度の和音のトーナリティがメジャー)。少し感じが異なる。

ボイスリーディングの注意点は、Leading Noteはvi/VIのTonicへステップアップすること。短調キーではLeading Note(七度)を半音上げるのを忘れない。

よく見られるパターンはvi/VIの3rdをダブルにし、ベースはトップボイスと3度のインターバル間隔を保って同じ方向(上向き)にステップアップし、アルト、テナパートは反対(下向き)にステップダウンする。

こうして書いているとなんじゃこりゃという世界だけれど、中学の時の二重方程式の問題と同じで、何度か練習問題を解いてるうちになんとなくコツが掴めてくる。

音楽理論 Interrupted Cadences 偽終始_f0045624_08241860.jpeg


パズルや数独と全く同じレベルだなぁ。もちょっと音楽に繋がってくれば楽しくなると思う。

因みにこの人の説明がとてもわかりやすかった↓
















# by uk_alien | 2019-12-29 08:37 | Music Theory 音楽理論

2019年のクリスマス

今年のクリスマスは夫と二人で静かに過ごした。

静かに、といっても飲食がらみの行事には力が入る。

お昼からスパークリングプロバンスロゼとスモークサーモン+出来合いのヘストンのプローンカクテルでゆっくり始める。クリスマスだし。


2019年のクリスマス_f0045624_20251793.jpeg


ファーストコースはローストしたイチジクとイタリアハムのサラダにしたかったのだけど、イチジクが手に入らず急遽豚の角煮に変更(笑)。このレシピで前日に3時間半かけて煮込んだ。ディジョンマスタードとは別にタヒニと角煮のソースを合わせたペーストも添える。どちらといただいても美味しかった。

せっかく角煮を作るので一味違うワインを合わせようということでオーストリアのFalsnerのGrüner Veltliner Ried MOOSBURGERINを選んでおいた。念のためバックアップにLeitzのリーズリングを冷やしておいたのだけれど、意外にオーストリアのグリューナーベルトリーナーの方がバランスが控えめで料理の味を引き立ててよく合っていた。


2019年のクリスマス_f0045624_20251948.jpeg


さて、メインはノーフォークのうずら。かなり酔いが回ってプレゼンテーションに全く気が回っていない...笑。でも美味しかったーー。ごめんねうずら達。来年はもっと菜食に力を注ごう。ソースは夏の終わりに作っておいたサマーベリーコンポートにクローブとポートとクリームシェリーとレッドワインを少しずつ入れて煮詰めてこしたもの。アルザスのピノノワールを合わせた。👍


2019年のクリスマス_f0045624_20251635.jpeg


イチジクのチョコレートボンボンで締め括り上機嫌で犬の散歩に出掛ける。

その後は古い映画を見てソファでうたた寝し、夜はナツメグをきかせた軽いライスプディング。旦那は更にしっかりチーズ&ポートで締め括り。底なし。

思い出に残る幸せなクリスマス。ありがとう。


# by uk_alien | 2019-12-26 21:35

iPadのノートアプリ - Notability

Notability というアプリケーションを iPad Pro上で使いはじめた。

これまで情報や知識をオーガナイズする目的で手書きノートやEvernote等を試してきたのだがどうもしっくりこなかった。手書きは自由で効果的なのだが後々の情報編集が困難。一方ノートをとるのにコンピュータは立ち上げたくないしiPadやモバイル上でのタッチタイプはうざい。

オーディオやビデオアプリケーションを参照しながらカラフルにノートがとれフレキシブルにオーガナイズ/サーチ出来、ピアノ練習に関しては計画、記録、フィードバックループ 、メモ等々を、かしこまらずささっと書けて、しかもイメージ/PDFを取り込んで上書き編集が出来る、そんなものはないよね…と思ったらあった。

iPadのノートアプリ - Notability_f0045624_21151454.jpeg


最初はGoodnotes5をダウンロードして使ってみたのだが書き味が滑りすぎてどうしても好きになれず返品。ライバルのNotabilityを使ってダメだったら紙とペンに戻ろうと思いきや意外にこのアプリケーションが気に入った。ごく僅かな違いなのだが私には合っている。

iPadのノートアプリ - Notability_f0045624_21092407.jpeg
機能はどちらのアプリケーションも似たようなもの。

Notabilityの(目下の)ボーナスは拡大ウィンドウ上にペンや消しゴムの機能メニューがある、急いでノートをとっているときの拡大ウインドウの自動移動機能がスムーズ、講義のノートとりに便利な録音/ノート機能があるといったところか。

ピアノの先生に話したら感心していた。彼女は声楽も教えているし、楽譜を取り込んで書き込み出来る機能にすこぶる魅力を感じたようだ。

ちなみにアプリケーション上での手書きからタイプへの変換機能は日本語でも英語でも驚くほど優れている。そこで「ブログの日本語の記事を手書きから変換しよう!」と浅はかにも思い立ち、書き始めたら驚愕的に悲惨だった。書くのが遅い、漢字が思い浮かばない、字が醜い、手が痛い、文章が纏まらない。過去20年間日本語を書かなかった事実を思い知る。

ふむ。

こうして日本語に関しては再びピーナッツフィーダーを突つく小鳥たちの如く、アップルペンシルでiPadキーボードをカチカチつつきながら地道にローマ字変換をすることにした。うん、日本語はこっちの方が断然速い。




# by uk_alien | 2019-12-24 22:07 | great about it

苦戦のLemoine Op.37 No.12

予想通り仕上げに苦労をしているテクニカルスタディーのLeimoine Op.37 No.12。





いつものパターン通り、何のために何をしているのかわからなくなるくらい途方に暮れた後、気を取り直して地道ーーーに努力を重ね、「ダイナミクスは左手のボリュームに頼っちゃえばいいや」と思い切り、あとは右手の均一さと左右のコーディネーションを高めて先生の前でちゃんと弾けるようになれれば、というところまできた...

...つもりなのだけど、嗚呼、仕上げには程遠い。

ビデオに撮って見たら、右手が緊張してバタバタ動いているのがよく目立つ。だから均一に弾けてないんだよなぁ。思考がすんなり先立ってないから腕が手を導いているのはなく、指で腕を引っ張っている感じ。

それにしても右手のばらつきが目立つなぁ148.png

  • ビデオでサブディヴィジョンの不均等が目立つ箇所を再吟味し修正する
  • 緊張が高まってしてしまう箇所を抜粋して、脱力と均一さを高める練習をする
  • 思考マップとインディケーションを再チェックして頭の中でクリアにし、無理なく常に先を考ええられる=意識を別の部分に向けられる=安定して弾けるようにする(where exactly do I feel unsure as to what’s coming next?)
  • 練習は正確にビートに合わせる
  • 左手/コーディネーションの練習を忘れない
  • Close to keys
  • It’s not athletics training, it’s music making.

道は長い。


# by uk_alien | 2019-12-22 03:50 | Videos ピアノ練習動画

プチ練習No.25 Burgmüller Op.100 No.1

プチ練習No.25はBurgmüller Op.100 No.1。

インフルエンザにかかり三日間の寝たきり状態にも飽きてきた本日(←回復の兆し)、薬漬けの頭でダラリンとYoutubeを見ていたら、Graham FitchがPianist MagazineのチャンネルでBurgmüller Op.100 No.1を紹介していた。

私、何気にこの人のファンなんだよなぁ。練習する気にさせてくれる。

レッスンでも数曲習っていたBurgmüllerの25 Easy Progressive Studies (Op.100)は多くの人が絶賛しているので先日自習用に楽譜を購入しており(↓)No.1から練習を始めたところだった。


プチ練習No.25 Burgmüller Op.100 No.1_f0045624_05444362.jpg



重い体を引き摺ってピアノの前に座り無謀にも録音を試みる。

何度弾いても間違える。当たり前か。

だんだん熱が上がってきて頭が働かなくなってきたけれど、とりあえず通しで弾けたバージョンが録れたのでアップロードした。





録音すると本当に粗が見える。

もっと上手に弾けたらいいのになぁ。

どこを直すだろう?

4分の4拍子が感じられる演奏がしたい。
左手のコードのばらつきは言うまでもないか、でもそれだけじゃなくて、左手のコード進行のCadenceへ向かってのシェイピングが感じられたら格好いいなぁ。
それと、息つぎが感じられてリラックス感があるような演奏がしたい。
右手のquaversを安定して均一に弾きたいなぁ。
ダイナミクスももっと大胆に感じられるように弾きたい。

今週はレッスンには行けないな。

ChopinのNocturne C# minorはカタツムリのスピードで進行中。もちょっとスピードをあげて練習しなさいと注意を受けている。テクニカルスタディーのLemoine Op.37 No.12は♩=110を目指して練習しているのだけれど、毎回上手に弾くことが出来ないのでまだ終わらせられない状態。

「試験勉強」ではなく、自分の意思と力量で勉強したいと思っていた音楽理論の勉強も、Roy WilkinsonのABC of Harmonyという本を購入して先月から再開した。

ほったらかしになっていたスケール練習も再開。ちょっと手を出しすぎかな。

まずい、本当に熱が上がってきた。ベッドに戻ろう。

# by uk_alien | 2019-12-17 05:59 | Audio ピアノプチ練習

初めてのトリル - Chopin Nocturne C# Minor

新しいプロジェクトとして始めたChopin Nocturne C# Minor。相変わらず全然進まない。

トリルを弾くのは初めてなので、先生にどう弾けばいいのかと尋ねると、「この段階ではあせって速く弾かないでゆっくりレガートで弾いてください」との返事。16分音符くらいのスピードで弾くと「そう、それで十分です」との返答。

しかしここで気を緩めて、ある日突然「トリルは速やかに軽く美しく弾くように。もうこの段階では常に安定して弾けるようになっていなければダメ」と言われるのは目に見えているので今から少しずつ地道に練習していこうと決意した私。

ネットで調べてみるとトリルは「鍵盤を完全に持ち上げるのではなく連打出来るポイントを見極めて手指を緊張させずに弾く」のだそうだ。バスケットボールのドリブルに近いような感じだろうか。





① 右手のひとつの指だけでキーを連打し「ドリブル」感覚を味わってみる。
② 左手の伴奏に対し、右手のひとつの指だけで2連符、3連符を弾きタイミングを理解する。
③ 左手の伴奏の8分音符に対し右手のトリルを3連符、4連符、5連符、6連符と増やして慣れて行く。
④ ペダルを入れて右手のトリルを数えずに弾いてみる

トリル自体の練習も重要だけど、トリルにすんなり入る感覚と、タイミングよく抜け出す両手のコーディネーション練習をしっかりしなくてはいけないと思った。

これにルバートのレイヤーが重なるのかぁ。

先は長い。

# by uk_alien | 2019-11-26 07:51 | Videos ピアノ練習動画

ハーモニー分析

今読んでる本で紹介されていた。
YouTubeにアップされているモーツァルトC Majorソナタのハーモニー分析↓




イラストの完成度の低さに深い味わいがある。笑

# by uk_alien | 2019-11-22 00:29 | Music Theory 音楽理論

ピアノオンラインヒーローたち

Josh WrightとGraham Fitchがピアノ練習について話し合っている最新ビデオ。




夢の共演(笑)。
お二人のネット上のフリービーには常に感謝しております。

# by uk_alien | 2019-11-21 04:16 | Piano ピアノ

カメラ小僧のイギリス帰化人。愛機はライカM10-P。はたと思い立って始めた大人ピアノ初心者で目下楽しくて仕方がないピアノ練習をブログに綴る日々 ー London UK


by uk_alien
プロフィールを見る
更新通知を受け取る