大きなのっぽの古時計

イギリスで売られているものはほとんどが輸入品。発明はできても大量生産をしない(できない?)国。

それでもイギリスの発明家や思想家、偉人たちの話を読むと、やはりイギリスは歴史的に多大な貢献をしたのだな(無意識に過去形)と畏敬の念を抱かされる。ものすごいお金が集まったんだろうな、世界から。当時は。

17世紀、鍛冶屋さんの子供として生まれたThomas Tompionはイギリスが誇る偉大な時計師。当時の国王チャールズ二世に、天文学者の精密計算に使用する時計の製作を命じられて作られた彼の時計のおかげで、地球が地軸を中心に一定の時間で回転していることが天文学者John Flamsteedによって証明されている。しかもこの時計、一年に一回だけネジを巻けばいいのだそうだ。

彼は自分の製品にシリアルナンバーを刻まることをはじめた最初のメーカー。彼の代表作と呼ばれるthe Mostynは現在英国博物館が所有し、世界で一番高価な時計、といわれている。(↓)



いやはや、精巧さが写真から伝わってくるよう。

我が家のリビングルームにも義祖母の形見のGrandfather Clockがある。いや、いや、形見といっても高価なアンティークなどではなく、百貨店の片隅で売っているようなやつ。でも調節をきちんとして、3つの錘を引き上げる鎖を定期的に引いていれば、驚異的な正確さを保ってチックタックと動き続け、気がつくと時報のチャイムが正確にBBC24のニュースヘッドラインの音楽とデュエットを奏でている。

f0045624_2375716.jpg


彼のチャイムが鳴ると、家に来る職人さんやお客さんが、はっと顔を上げ、時計に気づき、「いいですね、こういうの」といってくれる。

私もいいなと思う。
[PR]
Commented by coquille at 2009-02-13 01:51 x
おうちがまた、こういうアンティークな置時計が似合うインテリアなんでしょうね~(惚れ惚れ)。
こういう温かみのある時計って好みですが、量販品に囲まれている我が家においてあったら変に浮きまくりです(悲)
昔のものって、長く使ってもらえるように作られているんですねぇ。現代の「すぐ壊れてまた次お買い上げ」な嫌らしさが無くて良いなと思います。
こういう時計だと、時間もゆったり流れていくような気がしていいですね。
Commented by ぽめ at 2009-02-13 09:11 x
ご無沙汰しております。

>無意識に過去形 にニヤッとしてしまった私。すべて過去の栄光ですからね。(英国人に石を投げられそう)

何でもかんでもデジタルになっていく中で、こういう温かみと趣のあるアナログのものはいいですね。coquilleさんも仰っていますが、質の良い時間がゆったりと流れていくような気がします。懐中時計なんかも好きです。

私が毎日子守唄として「♪大~きなのっぽの古時計・・・」と歌っているので、旦那まで覚えて「チックタック チックタック」と一緒に歌っています(笑)。

Commented by uk_alien at 2009-02-14 02:35
ううん、coquilleさん、いたるところにIKEAが...笑。しかしながら、我が家ではIKEAは必要悪とみなしております。OKデザインで結構丈夫、で、あの値段だもの..。でも分相応にここにはちょっとお金をかけたい、というところにはポイントポイントでかけて、なるべく好みの趣味にまとまるようにがんばっています...が、やっぱりだめかな...。
Commented by uk_alien at 2009-02-14 02:39
ぽめ母さん、お久しぶりです。懐中時計、私も好きです。10年前しっかり動くアンティークものを買ったんですが、ポケットから落ちてしまい目下動いておりません。見積もりをとったら直すのに50ポンドプラスかかるといわれて二の足を踏んでいたんですが、来月くらい余裕が出たら直そうかなと思っています。
名前
URL
画像認証
削除用パスワード

※このブログはコメント承認制を適用しています。ブログの持ち主が承認するまでコメントは表示されません。

by uk_alien | 2009-02-12 02:52 | great about it | Comments(4)

London, UK


by uk_alien
プロフィールを見る
画像一覧