いうこときかないなら、お金をあげよう

f0045624_2040223.jpg


企業においても政治においても、イギリスの、新しいアイディアに対するオープンマインドな姿勢、実行・効果測定を行う行動力(そして忘れ去ってしまうという傾向はちょっと脇においておいて)は目を見張るものがある。ドグマティックな傾向が強い私はこうした姿勢を目の当たりにするたびに感心し、見直さなければと思う。

それでも、労働党が行うトライアルには耳を疑いあごがおちるものが多いのが事実だ。チャンセラー(大蔵大臣?)ゴードン・ブラウンとチルドレンズミニスター(子供大臣?笑)のビバリー・ヒューが送る10のテスト・プロジェクト。そのうちのひとつは、いうこときかないなら、お金をあげよう。

路上にうろつく反社会的な若者の数を減らすため、貧乏なティーンに「スマートカード」を渡し、月25ポンド、総額300ポンドまでのトップアップを渡すそうだ。悪いことをしつづけたティーンからはこのスマートカードを取り上げちゃうという、飴と鞭でいえば飴のテストケースだ。

でも何か変じゃないだろうか?

私の家はお金がなかった。高校までは行かせてもらったが、高校時代の教科書代や遊び金は自分のバイトのお金で払った。時給380円の喫茶店のウェイトレスだ。働けばお金は入る、お金があればモノも教育も買えるのは事実。生まれや他の人との違いを呪ってもどうしようもない。要は自分次第だ。

ステイトスクールに行く16歳の義理の甥っ子は、ニュースペーパー・ラウンドと呼ばれるこっちの新聞配達のバイトをして、身の回りのものから自分が夢中なパイロット・スクールのフィーまでバイト代で払い続け、ついにソロで飛べるところまで来た。両親は尊敬できるすばらしい人たちだが裕福な家ではなかったので本当にえらい奴だと思う。

お金というのは稼いで手に入れるものだと私は思う。
貧しいから、子供だからといって国がただでお金を渡すのはおかしいと思う。
[PR]
Commented by leira-london at 2006-03-09 02:34 x
まったくその通り。お金は働いていただくもの。働かずに手に入るのなら、誰もなにもしなくなる。社会主義崩壊はその良い例。
Commented by nantoka at 2006-03-09 05:20 x
私も同感です。
専門学校に行きたくて、バイト・・・父親は、「欲しいものがあるなら自分で稼げ!」主義だったので、中学からバイトしてました。でも、今思うのは死ぬ気になればなんでも出来る・・オーバー??笑
ですが、あの教訓は今でも染み着いています。
甘やかして駄目になるイギリスの良い例ですね・・・は~
Commented by 3ぱいんと at 2006-03-09 06:08 x
飴(お金)を初めに何の努力もなしに貰ったら、そのあとの鞭(税金)は一層の反社会性を産んでしまいそうな気がします。
Commented by ロタ at 2006-03-09 07:32 x
本当にそうですね。
その貧乏なティーンの定義もどこからが…?
という感じですが。。。
問題解決にはならない気がしますね。
Commented by uk_alien at 2006-03-09 22:09
■ leira-londonさん、同感です。少なくともあと3年は労働党政権、しかもGブラウンですよ。選挙権がほしい。

Commented by uk_alien at 2006-03-09 22:19
■ nantokaさん、死ぬ気になればなんでもできる、私もその通りだと思う。勿論努力で克服できないものが数多いのが事実だけど、そうしたことも含めて、それでもどうするのか、どうしたいのかを考えながら日々精進していく過程が大人になるということだと私は思っています。仏教の影響ですね、きっと。
(私は頻繁に精進から脱線しますが。)
Commented by uk_alien at 2006-03-09 22:49
■ 3ぱいんとさん、人は単純だから努力した後ごほうびをもらえば、またごほうびをもらうために努力をしますよね。実験のマウスと同じ。おっしゃる通り、ごほうびを先に渡してしまったら意味がないし、その後努力しろ/仕事しろといわれても「え?何で?」という態度に出るのは当たり前だと思います。
Commented by uk_alien at 2006-03-09 22:52
今回のパイロット・プロジェクトは

- 貧乏の定義にあてはまらなければいい子でも悪い子でも飴はもらえない
- 貧乏でいい子でいればなにもしなくても飴がもらえる
- 貧乏で悪い子だと飴がもらえない

つまり、貧乏で悪い子にとって健全なスポーツや地域のソーシャル活動に使える一ヶ月25ポンドにどこまで飴効果があるかがキー。効果測定の結果をきくのが楽しみですが、前にもあったように妙な時期との比較やanti-social behaviourの通報件数の誤差の範囲の減少、さらに地域で新しく設定した若者のための設備の利用が多い程度のレポートでプロジェクトの規模を広げられるのは私はいやです。
Commented by uk_alien at 2006-03-09 22:59
■ ロタさん、お久しぶり!勉強に、バイトにがんばっていらっしゃるご様子ですね。ティーンの反社会行動を減らす解決策がわかればノーベル賞か政治家かというところでしょうか。でもお金をこういう形であげることではないと私は思います。
Commented by ikkiboo at 2006-03-10 08:19 x
納税者の血と汗と涙の結晶が、またとんでもないことに使われますね。
・・こっそりと、酒代になるような気が・・・。

あるドキュメンタリー番組で、フルタイムで共働きの夫婦(子供一人)の年収が、夫婦で失業者、子供6人がいるカウンシルハウス暮らしの家族の年収よりも低いことを指摘してました。
なんのために働くのか、見失ってしまいそうです・・・。
Commented by uk_alien at 2006-03-10 17:50 x
ikkibooさん、こっそり酒代、ありえそう 笑!ブラックマーケットができて、25ポンドのいい子ポイントを現金10ポンドでトレード、みたいな。
年収の差の件、そこですよね、モラールの低下につながってしまうという点がすごく問題だと思います。
名前
URL
画像認証
削除用パスワード

※このブログはコメント承認制を適用しています。ブログの持ち主が承認するまでコメントは表示されません。

by uk_alien | 2006-03-08 20:42 | venting | Comments(11)

カメラ小僧のイギリス帰化人。愛機はライカMモノクローム。はたと思い立って始めた大人ピアノ初心者で目下楽しくて仕方がないピアノ練習と音楽理論の勉強をブログに綴る日々 ー London UK


by uk_alien
プロフィールを見る
更新通知を受け取る