人気ブログランキング |

英語と「ぼのぼの」なトラウマ

f0045624_21531817.jpg


ある時期、フルタイムで働きながら、週末に米軍基地の中にあるメリーランド大学の分校で単位をとっていたことがある。クラスは私以外は皆米人で言葉の障害はあったが、そこは恐れをしらぬ若さの力、やりがいがあり、学びも多く楽しかった。

さて、その後恐れを知らぬまま、ところ変わってイギリスの大学院。メリーランドでの経験もあるし、よもや英語でつまずくなんて夢にも思っていなかった。なめてかかっていたのだ、身の程をわきまえぬ愚か者め。

カーマを察するのに時間を要すことはなかった。...やばい。まじでやばい。まったく、まったく英語がききとれない。まず、イギリス人の英語がドイツ語にしかきこえず、何をいっているのか、さっっぱり、わからなかった。しかも、ロジックについていけない。一つのことを言うのになんでそんなもってまわった言い方をするのか、なんでそんな皮肉っぽい言い方をするのかががわからない。さらに、クラスの雰囲気が...硬い。めちゃ硬い。アメリカから留学してきた女の子は一学期が終わる前に帰ってしまった。

毎日が「ぼのぼの」の汗かき図だった。苦労を共にするフェロー非英語圏生徒が周りにいないのは以前の経験で慣れていた。しかし、英語が堪能なインド人やトルコ人のクラスメートの「流暢な」英語がヒンデューかターキッシュにしかきこえないというシナリオは想像していなかった。きつい。

「ぼのぼの」状態で、とりあえず走りつづけた。走りきって完走した。卒業というより、まさに完走だった。

で、実をいうと、6年たった今でもこの「ぼのぼの」のトラウマに悩まされる。ふとした拍子に、「私にこの人のいうことが理解できるわけない」という外人恐怖症的不条理な考えがふっと頭をよぎるのだ。で、実際コミュニケーションはスムースにいくか、なんとかなってしまうのだが、このトラウマ、どうしてもまだ消え去ってくれる気配がない。

性格だね。

といわれるとそれまでなのだが、私にとっての適応の道はまだまだ長いようだ。
by uk_alien | 2006-03-09 22:01 | english

カメラ小僧のイギリス帰化人。愛機はライカMモノクローム。はたと思い立って始めた大人ピアノ初心者で目下楽しくて仕方がないピアノ練習と音楽理論の勉強をブログに綴る日々 ー London UK


by uk_alien
プロフィールを見る
更新通知を受け取る