人気ブログランキング |

復讐の読み味は蜜の味?

私はよく人の薦めで本を読む。

読むのが遅く乱読が出来ないから、なるべくならいい本に出会う確立を高めたいという目論見と、人が薦めたいと思うその気持ちをその本を読んで肌で感じ、理解したいと思うからだ。

先日は親しくしている義兄の薦めで、はじめてSteinbeckの本を読んだ。アメリカは一般的に表現やものごとへの態度の違いがヨーロッパとは強く異なり、本を読んでも「外国」というイメージが強いのだが、Steinbeckの作品は書かれた時代も影響しているのか、著者の鋭くも同情的な人間観察の視点がとても印象的でとても自然に楽しめた。

作品としての厚みがあれば、表面的な文化的差異は問題にならないということか。スペイン人がのびた君の畳敷きの家をおかしいと思わずドラえもんを楽しめる、ということとおんなじね。

次は何にしようかな、と思ってダウンロードしてあるe-booksを見てみる。ずっと読みたいと思っていたけれど、長さと翻訳の英語の難しさで敬遠し続けていたVictor HugoのThe Hunchback of Nortre Dame (Notre-Dame de Paris)を読もうかな...と思った。しかし、Les Misérablesで彼の永遠に続くかと思わせる詳細な記述の脱線にはかなりの体力を消耗させられたので、やはりもう少し積極的に読む気になるまで時期を待とうと思いやめた。

そして本棚を見上げる。

そこには義理ママが「いとこが薦めるから少し読んでみたけど、好みに合わない」といって途中で投げ出して私に押し付けたAlexandre Dumas, pèreのThe Count of Monte Cristo (Le Comte de Monte-Cristo)の黒いぶっといPenguinのペーパーバッグがでーんと横たわったいる。

うーん、薦められたわけではないけれど私はこの時代のフランスの作家が結構好きなので、ま、Hugoよりは読めるかもしれないと思って手に取った。e-bookバージョンもダウンロードしてあるから通勤の際この弁当箱サイズのペーパーバッグを持ち歩く必要はない。

数ページ読んでみる。

う、これは面白い。

英語訳も軽ければ、話の運びもものすごくドラマチックに読み手を引き込んでくれる。人気の高さと広ジャンルにわたる執筆のボリュームで当時大量生産マシーンと皮肉られた彼は、それでも結局のところ才能があったに違いない。ふとDunnasにAndrew Lloyd Weberが重なる。

ということで私は目下、不滅のリベンジ劇にひったておるところなのであった。
by uk_alien | 2010-06-30 02:53 | books

カメラ小僧のイギリス帰化人。愛機はライカMモノクローム。はたと思い立って始めた大人ピアノ初心者で目下楽しくて仕方がないピアノ練習と音楽理論の勉強をブログに綴る日々 ー London UK


by uk_alien
プロフィールを見る
更新通知を受け取る