外の国から来た私

私は職場で泣く女が嫌いだ。職場で泣く男を見たことがないし、男だろうと女だろうと、プロフェッショナルじゃない。泣くほどつらいなら家で泣け、と思うほうだ。

しかしながら。今日はじめて職場で泣いてしまった。

横柄な感じの典型的非都市居住者型白人初老男性の電話をとり、最後に彼の名前の綴りを確認するのに「XXXXと綴ればよろしいでしょうか?」ときいたら、「Great Britain以外の国から来た連中は皆そう綴るけど、僕の名前は大抵のイギリス人が正しく綴るように、X○XXだ」という反応が返ってきた。「おお、声に出して言うかいそういうことを」と驚きつつ私のファーストネームを丁寧に綴って伝える。それを煙たげにメモるこの男に「担当に折り返し電話させます」と告げ、電話を切った。

黙っていようと思ったが、あまり内に閉じ込めるのもよくないと思い、返ってきた担当の同僚に何が起こったかを笑いながら伝えているうちに、自分がどんなに嫌な思いをしているかが浮き彫りになってきた。

「おお、これはいかん」とさり気なく化粧室に立ったが、デスクに戻ると同僚が「この男、あたなにすこぶる嫌な思いをさせたんじゃない?」とはっきり切り出してきた。周りの人たちもいることだし、何か差し障りのない答えをして穏便に仕事に戻ろう…と思ったのだが言葉が出てこず、その代わりどっと涙がこぼれ出てしまった。

普段はこんなことはさらっと交わすことが出来る。でも、今はとてもじゃないけどそういう体調/精神状態じゃない。12月以降ものすごく忙しく、しかもシニアのスタッフが長期休暇と産休で二名欠けたためトレーニングを受けていない仕事や難しい計算がどんどん回ってきていた。間違えないように、それでも全速力で何とか締め切りを守っている毎日だった。

普段は典型的なEssexガールの同僚がホールに一緒に出てきてくれて私の気を静めてくれた。表に出て少し散歩をし、新鮮な冷たい空気を吸ってデスクにもどると、上司が「例の男に折り返し電話をして君に対する彼の発言は容認できないことを明確に指摘したからね」という。彼は電話上で繰り返し謝罪したそうだ。

おそらく彼にしてみればさらっと口から出た何の意味もないことだったのだろう。今頃、「まったく近頃はPCのおかげで何もいえやしない」と舌打ちしているのかもしれない。

私は彼の個人的な立場(外人や非伝統的文化に抑圧されるネイティブイギリス人という立場)には心から同情する。しかし、ブロック塀に熟れたトマトを無造作に投げつけるような思いやりのない発言で他人を傷つけような人間はPCにさるぐつわされて黙ってもらっていた方がよほど世の中のためになると私は思うし、逆にもしかしたら、外人の私が彼の発言をどう受けとったのかを第三者を通して冷静にきいたことで彼のframe of reference - 関係枠が少し変わるのかもしれない。

職場で私の一番insecureな弱みをさらけ出してしまった。ちっ。

帰る前にチームに、「少し気詰まりな思いをさせてしまってごめんなさい。チームの皆の心遣いと親切に感謝します。よい週末を」とメールをうつと、同僚のEssex Girlが「Oh, uk_alien! Go home, get a nice bottle of wine!」と声を上げる。抗生剤飲んでるからアルコールは飲みたいけど今飲めないんだというと、即座に「Get LOTS OF chocolates」との返答。

アドバイスは即座に実行された。
[PR]
Commented by ゆき at 2011-01-29 12:55 x
この前はイギリス人以上に 云々と、いったコメントを残してしまってすみませんでした・・・。

やはり、いろんな辛い思いはたくさんされてるんですよね。
体を休めて忙しさを無事に乗り切ってください。

一ファンより
Commented by H i at 2011-01-29 22:55 x
いますね・・・こういう人。
本人は差別意識ではなく、さらりといってしまったのかもしれないけど。自分がどれだけ失礼なことを言っているのか、今の英国の状況をよく考えて欲しい。
外国人と共存しなければやっていけないような国なのに、イギリス人と外国人を線引きするようは発言はしないで欲しい。

私も家で死にたいといっている末期の患者さんの家族と話しているときに面と向かって
「ケアはすべてイギリス人にやってもらえるんでしょうね?主人は常々イギリスで死にたいといっているんです。外国人のスタッフなんて」といわれたときには
「残念ながら今のヘルスケアはイギリス人だけでは回せないのですよ。外国人スタッフの労働力無しではイギリスの医療は崩壊してしまいます。ご覧のとおり私も外国人ですからね。」
そのあと、家族はすぐに謝罪してきましたので、そのまま何事もなかったかのように話を進めましたが。
あとで、なんだか悔しくて、はらがたって仕方なかったです。

チョコレートいっぱい食べて、のんびりとした週末過ごしてくださいね。
Commented by ihoko at 2011-01-31 02:13 x
ごめんなさい。読んでいて本当に羨ましくなってしまった。やはりイギリスはイタリアとは違いますね。
でもuk_alienさんの日頃の努力を職場の同僚が認めてくれているという事がわかった事件じゃないですか?こういう小さな暖かさとフォローがあれば乗り越えられる気がします。
Commented at 2011-02-01 00:31 x
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented at 2011-02-05 21:09 x
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
名前
URL
画像認証
削除用パスワード

※このブログはコメント承認制を適用しています。ブログの持ち主が承認するまでコメントは表示されません。

by uk_alien | 2011-01-29 06:05 | work | Comments(5)

London, UK


by uk_alien
プロフィールを見る
画像一覧