人気ブログランキング |

ビッチの逆襲

我家はsemi、二軒長屋で隣のsemiは今は空家、売るための改装中。すぐ近くのhalf a millionのでっかい家に住んでいるビルダー一家が所有し、改装も彼ら自身でやっている。この一家の女家長がドラマEast Enders顔負けのものすごいコモン・イングリッシュとやっかみの持ち主。

サンルーム(conservatory)を作るのに去年はさんざんもめて控訴までして惨敗。これは今から考えると私達のプランにも問題があったと自重、今年はじめにカウンシルのガイドライン内(奥行き3m)で申請をしなおした。カウンシルのオフィサーと話をしたときも、「ガイドライン内なので全く問題ないし、近隣で苦情が出たとしても彼らにどこまでの影響力があるのかは疑問だ」との回答だった。

結果は条件付でパス。その条件は「隣の住民のプライバシーを守るために、隣との境側のガラスを曇りガラスにすること」。

サンルームはブラインドでお互いのプライバシーを守るのは当たり前だが、曇りガラス(obscure glass)をつけているサンルームは見たことがない。前代未聞。しかも我家とビッチの境には1m80cmのフェンスがあるのでこのサンルーム内から隣の庭を見る/となりの庭からサンルーム内が見えてしまうことは、「不可能」。

このビッチ、担当者に対し再びものすごいコンプレインをしたに違いないが、それに妥協するカウンシルもカウンシル。

メーカーとこれからどうするか作戦会議をする。彼らがまだケースを引き摺る気があれば控訴に持ち込むつもりだ。今回は控訴で勝つ自信があるのだが、また一年延びるのか?と思うと胃が痛いし、今はこんなアンフェアなことが起こるものかと、ショックで立ち直れないところ。the loudest gets the mostというシステムが大嫌いだ~! だ~... だ~...
by uk_alien | 2006-04-06 16:01 | conservatory

カメラ小僧のイギリス帰化人。愛機はライカMモノクローム。はたと思い立って始めた大人ピアノ初心者で目下楽しくて仕方がないピアノ練習と音楽理論の勉強をブログに綴る日々 ー London UK


by uk_alien
プロフィールを見る
更新通知を受け取る