人気ブログランキング |

世界はとっても赤塚不二夫色

f0045624_1731877.jpg


たまげた、という言葉ではもう言い表せない。

イギリスで刑務所に服役中の人間が77,774人
そのうち外国人は9,000人(11.6%)
英国で服役する外国人は過去5年間で75%の増加

という数字から、いかに、刑務所における外国人人口の増加と釈放後の彼らの取り扱いを、ここ数年で急激に問題視しなければいけなかったのかがわかる。

労働党政権下の過去7年間に釈放された外国人国籍の人間が1,023人。内務省は彼らの強制送還を考慮もせず、そのまま通常通りの手続きで釈放、彼らの居場所は把握されていない状態。
この1,023人に含まれているのは...

3 murderers
9 rapists
5 paedophiles
7 convicted of other sex offences
57 convicted for violent offences
2 guilty of manslaughter
41 burglars
20 drug importers
54 convicted of assault
27 convicted of indecent assault

237人は難民申請を却下された人間達。このうち54人はまだ彼らの申請が現在も再吟味されている状態。役所は横のつながりがないからね~、といってもお人よしがここまでくると...IDIOT。
しかも、昨年夏に内部で問題視されはじめてから後に釈放された人数は288人(!)。昨年10月に保守党議員がNational Audit Reportの数字をもとに、「237人の難民申請を却下された外国人達がその後どうなったのか」を疑問視し、掘り返すまでこの問題に関しては一切説明もなし。

刑務所(The Prison Service)は外国人釈放にあたって、内務省移民局(Immigration and Nationality Directorate)へ通告、必要に応じ法廷にて強制送還の指令が出されるそうだ。一体何がどうなっちゃってこうなっちゃったのか、詳しいいきさつは本日説明されるようだが、内務省は刑務所側ではなく内務省側の落ち度を認める発言をしている。

1,023人のうち、107人しか足取りはつかめていない、ってことは、性犯罪関連の罪を犯した外国人の皆さんは、では、Sex Offender Databaseにも載ってないのね、多分。

f0045624_1734534.jpg


こういうことが現実に起こっちゃうこの国も、そして、高そ~なスーツ着てカメラにむかって「これはblame gameではない」なんて真剣な顔して言っちゃうミニスターも、マフィアのボスの方があってる'Bully'内務大臣も、私はもう、すごいというか、あきれるというか、まるで赤塚不二夫のワンダーランドを垣間見ているような気がするのである。

さ、美味しい紅茶でも飲んで血圧を下げよう。
by uk_alien | 2006-04-26 16:59 | venting

カメラ小僧のイギリス帰化人。愛機はライカMモノクローム。はたと思い立って始めた大人ピアノ初心者で目下楽しくて仕方がないピアノ練習と音楽理論の勉強をブログに綴る日々 ー London UK


by uk_alien
プロフィールを見る
更新通知を受け取る