チューリップと今日のつぶやき

f0045624_2254981.jpg


コミュニティー通訳のクラスに行ってきた。

チューターはセルビア出身。15人の生徒の出身国はスーダン、メキシコ、フランス、アイルランド、モロッコ、イタリア、ソマリア、インド、ベトナム、ポルトガル、トルコ、...そして日本。まさに国際色豊かな半面、授業の進め方やクラス内の雰囲気は何気にブリティッシュで不思議な感じだった。皆頭がきれて、英語も達者だ。おとなしく引っ込まないよう、意識的にクラスに貢献するように頑張った、つもり。

f0045624_2244231.jpg


資格をとって収入アップを目指している生徒も少なくなかった。チューターによると需要が大きい言語ではコミュニティー通訳一本でまあまあ稼げるそうだ。それに、フルタイムの会社勤めと違ってフレキシブルなのも魅力なのだろう。日本語はとてもではないがそういう需要はない。

f0045624_2252351.jpg


学校に頼んで友人とは別の曜日のクラスに変えてもらった。今日一人で参加して、やはり別の曜日にしてよかったと実感した。

「Why don't you join us for lunch at a restaurant near my house?
We'll be there till 14:30, so please join!」(留守電から)
「...(居留守。だって彼女の家は遠いんだよ~!)」

「I'll ask my tutor to change my class too.」
「そうする必要はないよ。同じ国出身の人がいるんだからロールプレイの練習にはそっちの方が有利だよ。私はどちらのクラスにも日本人がいないもの。」
「She might be from my country, but she is not my friend.
By the way, when can we meet? Monday? Tuesday?」
「来週は人に会わなきゃいけない用事があるし、その次の週もちょっと忙しいんだ。また連絡するね」

まるでガールフレンドを避ける不器用なやさ男の気分になって非常に弱気な自己嫌悪に陥るが、これは今は私達にとって必要な距離なのだ、と自分を励ましている。

来週彼女が私のクラスにひょっこり現れたら...そのときはそのとき。
[PR]
Commented by nantoka at 2006-04-29 05:02 x
まさに、しつこいガールフレンドを必死に避ける、ボーイフレンドの様な会話! 笑
しかし、積極的ですよね~。私だったらおされそう・・・
とっても、好かれているんですね・・・
距離を置きたがってるのを分からないのですね・・本当に、別れを予感した時のGFの悪あがきの様~。
> when can we meet? Monday? Tuesday?
これは、まさにそうですよね・・・ちょっと怖い~~

そうです、校長はあの校長です! 笑顔が思い切り気持悪いですよ~。笑

Commented by isgurauk at 2006-04-29 05:22
チューリップ、びゅーてぃふるです。目の覚めるような鮮やかさ。私、ちーリップって大好きです。↑nantoka-san がコメントされてますよに、By the way, when can we meet? 、怖いです。"by the way" って、こわっ。ご友人のuk_alien-san への強い執着を感じますわん。
Commented by 3ぱいんと at 2006-04-29 06:35 x
出身国がアイルランドの方って、何語を話されるのでしょう?ゲーリック?それとも訛りが強すぎる英語なので通訳が必要、とか・・・?
それにしても熱い血の国々の人に囲まれていますねぇ。
こんな中に放り込まれたら、私も毎日電話かけちゃいそうです。
頑張ってくださいね、このクラスも、お友達とも。
Commented by uk_alien at 2006-04-29 18:39
■ nantokaさん、やはり察してもらうというのは甘いです...。ただ、先週末に「月曜は?火曜は?その次の週は?」と迫られたとき、忙しい旨説明して断り続けたのでそれ以降一週間連絡はなく落ち着いています。このまま少し距離を置き続ければ数ヶ月後にはもとにもどるかなと期待しています。
Commented by uk_alien at 2006-04-29 18:46
■ isguraukさん、これらのチューリップは本当に可愛くて、つぼみが現れて大きくなる過程でわくわくできます。鉢植えでもいけるのでお勧めですよ。
ああ、わかっていただけて本当にうれしい、'By the way'の押し切りがもうspine chilling。
Commented by uk_alien at 2006-04-29 18:48
■ 3ぱいんとさん、アイルランドの彼女はロシア語とポーランド語を話すんですよ。でも需要を考えてポーランド語でいくそうです。移民、多いですからね。
確かに言われてみると、熱い血ですよね 笑。私は子どものころから色が黒く、見かけが南方系なので(関係ない?)負けません。頑張りますっ。
Commented by leira-london at 2006-04-30 19:35 x
うーむ、なかなか難しいですねぇ。距離を置くのって。
通訳の人種がクラスバラエティーに富んでおもしろそうですね。
Commented by uk_alien at 2006-05-01 00:26
■ leira-londonさん、本当にバラエティーに富んでいます。しかも皆さんが話せる言語の一覧を見ると、世界は広いな~っ、いろいろあるな~ってつくづく感じます。
Commented by ikkiboo at 2006-05-01 06:33 x
本当にいろんな国からの人たちがいて、まさにイギリスを象徴していますね。
皆さんと仲良くなって、順番にお国のホームクッキングパーティとか・・・楽しそう・・・(しょーもないコメントでごめんなさい)

しかし、そのお友達はいつ理解してくれるんでしょうね・・。


Commented by uk_alien at 2006-05-02 18:34
■ ikkibooさん、いや~、あと二十年若ければ国際的なホームパーティーだ~とか出来ると思うんですが、今はもうプライベートでの異文化エンカウンターはなるべく積極的に追いかけないことにしました。特にこの熱い血のメンバーはちょっと... 笑。

昨日久しぶりに携帯のスイッチを入れたら友人からメッセージが入っていました。
「私のクラスから抜ける人がいるから、こっちに移りたければ移れるよ」と。
うーん、ちょっと違うんだけどな~、と思ったら、二つ目のメッセージに
「ああ、こっちの曜日がだめだから違うのにしたんだったよね。忘れてた。」
とはいっていました。そして「私のクラスはいいわよ」と。
私のクラスに移ってくることはなさそうです。
よかった、と胸をなでおろしています。
名前
URL
画像認証
削除用パスワード

※このブログはコメント承認制を適用しています。ブログの持ち主が承認するまでコメントは表示されません。

by uk_alien | 2006-04-29 04:09 | garden | Comments(10)

London, UK


by uk_alien
プロフィールを見る
画像一覧