人気ブログランキング |

今日はめでたし

多国籍でにぎわう通訳のクラスで、だんだんルースな仲良しグループがまとまってきた。

①おちゃらけラテンチーム
やかましイタリアおかん
フレンチ・タート
はらひれポーチュギーズ
典型ラテン・ボーイ(国籍不明-アラビックとスパニッシュを話す)

②しっとりおばちゃん&トイ・ボーイチーム
オリエンタルだよジャパニーズ
ケアリング・インディアン・レディー
クワイエット・スーダニーズ・レディー
話とまらぬメキシカン・ボーイ

③不思議にまとまる英語がちょっとだめチーム
イタリアン・マフィアおじさん
強烈なまりのベトナミーズ姉さん

今のところ、
ソマリアン・ガール
グッドルッキングロシアン・ボーイ
クールなターキッシュ娘
東欧アイリッシュ姉さん
ギグリング・モロッカン・マミー
の所属が不明。

さて、話かわって、dyslexia失読症やlearning difficultiesという言葉はきいたことがあったが、実際今までこれがそうか、という例はお目にかかったことがなかった。

ケアリング・インディアン・レディーいわく、彼女は「文章を読んでも覚えていられず、理解するのに何度も読み直さなければいけない」そうだ。そして、複雑なことを早く説明されるとついていけず、ノートもとれない。

実際、隣に座っていて彼女の英語や知性に問題がないのはよくわかる。ただ、多くの情報を受け取ったときにそれを概念に素早く纏めて処理/理解が出来ないため、すぐに頭がパンクしてしまうのだ。こうした能力はクラスで学習していく上では必要不可欠なため、その部分へのサポートが得られないとどんどん遅れていってしまう。反面、その部分のサポートさえ得られれば、人並みか人並み以上に能力が発揮できる、というものだ。

実をいうと、私は「learning difficultiesなんていうけど、要は勉強が出来ない子のためのていのいい言い訳でしょう?」と思っていた。ignorantとはこういうことをいうのだよな、と自戒。説明しにくいが、IQとEQがなぜ知性を観察する別々の視点としてそれぞれ存在するのかを垣間見た気がした。

私も多くの能力が欠落しているが、日本の講義中心スタイル教育のおかげでこの程度の情報量ならば普通にこなせるから、クラスの後に時間をとって、ノートをコピーさせてあげた。特に重要な情報ではないし、私のへび字が彼女に読めるかどうかは疑問だが、安心材料というものだ。そして重要なのが、彼女が完璧にパンクしてしまった、コースの最後に提出しなければいけない3つのワークうちの一つ、バイリンガル専門用語集を作成する上でのrequirementsを詳しく説明し直した。

詳しく説明しなければいけないと、自分がわからない部分が見えてくる。チューターに確認してクリアになって一石二鳥となった。

ということで今日はめでたし、めでたしの異文化体験。
そうしている間にも、最終提出課題のワークはどんどん切羽詰ってくる...。
by uk_alien | 2006-05-14 06:31 | english

カメラ小僧のイギリス帰化人。愛機はライカMモノクローム。はたと思い立って始めた大人ピアノ初心者で目下楽しくて仕方がないピアノ練習と音楽理論の勉強をブログに綴る日々 ー London UK


by uk_alien
プロフィールを見る
更新通知を受け取る