テスト、テスト、大人になってもテスト

第二言語を使う暮らしが長くなるにつれ、時間がたった割に生活言語は中途半端なまま上達はせず、遥かかなたに置き去った母国語もすっかりさび付いて、「いったいぜんたい私ったら、もう!」と大層ストレスがたまります。(たまらない人もいるかもしれませんが私はたまります。)

そんなときのための、テスト。結構刺激になります。

自分が思っているより語学力はずっと伸びているかもしれませんよ。

まずは、語彙数を推定してくれるWeblioの英単語テストです。登録しなくても出来るから、ひまつぶしに挑戦してみては?日本語訳とのマッチングなので訳に慣れてない人はちょっと目がくらくらするかもしれません。私の今回の診断結果は「レベル16」推定語彙数「9001~10000語」称号「上級者」grade「advanced」回答時間「3分54秒」スコア「97.3」はい、まだまだです。

語彙テストといえばこれもいいかもしれません。
これは一つでも意味を知っている、という単語をティックしていくという自己申告制のやり方で、知っていると思っている自身過剰なタイプはハイスコアになり、あ、でもちょっと自信ないからこれはティックしない...というタイプの人はロースコアに出ます。私の今回の診断は17,700語。彼らの統計によると、ネイティブスピーカーは大体20,000から35,000語、英語が第二言語の人は2,500から9,000語、なのだそうです。Weblioの結果との差が7,700語...というのは私が「知っていると思っている自信過剰なタイプ」だからでしょう。

次に文法のテスト。
私は2分42秒かかってC2レベル。はい、遅いです。

最後にリスニングのテスト
珍しくブリティッシュイングリッシュ。私は10分51秒でC2でした。「イギリスで暮らしてんだから当たり前だろう」、はい、その通りです。でも、いつもいつもいつもいつも聴解力のなさに泣いているのでこういうリスニングテストですこしでも背中を叩いてもらうと、うれしかったりする...涙。

がんばりましょーねー、皆さん。



[PR]
名前
URL
画像認証
削除用パスワード

※このブログはコメント承認制を適用しています。ブログの持ち主が承認するまでコメントは表示されません。

by uk_alien | 2015-06-09 20:19 | english | Comments(0)

London, UK


by uk_alien
プロフィールを見る
画像一覧