人気ブログランキング |

健康のゆくえ

f0045624_1113425.jpg


昨日の労働党のイベントで「国民は政府に頼らず自分で健康管理をすべき」とのたまったトーニー・ブレアー。私もまったくその通りだと思う。オーウェルのビッグ・ブラザーかみのもんたでも呼んでこない限り、お上が国民の健康管理なんてできるわきゃない。

肥満、過度の飲酒と喫煙が蔓延するイギリス。医療サービスを無料で提供するという崇高な理念を掲げるNHSの将来は暗い。

恣意的ではあるが、私は健康管理が出来ない輩が金銭管理を出来るとは思っていない。従って、そうした人々が年老いたとき、彼らの多くが医療・福祉サービスにおんぶに抱っこという状況になるとにらむ。ない袖は振れないのだからカウンシルも抱っこせざるをえない。

一方、健康に気をつけ、勤労に励み、貯蓄と家のローンの支払いに生涯を費やした人々が老後のケアを必要とする際には、文字通り全額自費でまかなうことが強いられる。福祉介護の提供は収入および貯蓄と不動産の査定によるから、一定の額を超える貯蓄と不動産を所有している限り、サービスは提供されず、自腹を切リ続けることが要求される。

更に、自費でまかなっている人たちと、同じケアで社会福祉を受けている人達を比較すると、前者にはより高い金額がホームから請求されている。見方によれば、小額しか支払うことの出来ない社会福祉の不足分を自費組が支払っているともとれる。

自費で支払いきれなくなれば福祉に頼ることになるが、その時点でまだ家を所有していれば、この家を売り飛ばすことがカウンシルから要求される。国に頼らず何とか自力でやってきた人たちは、年取って目を凝らして初めて自分達の脛に国がしゃぶりついてきたのが見える、という図式。しかもコイツ、年老いて筋肉を失った細い脛にしゃぶりついて離れない。脛の持ち主が家を売って、さらに、その見入りが尽きるまでは。

そんな社会で、このイギリス国民が「明るい老後のために今から健康に気をつけよう」なんて殊勝なことを考えるとでも思っているのだろうか、この首相は。
by uk_alien | 2006-07-27 00:53 | venting

カメラ小僧のイギリス帰化人。愛機はライカMモノクローム。はたと思い立って始めた大人ピアノ初心者で目下楽しくて仕方がないピアノ練習と音楽理論の勉強をブログに綴る日々 ー London UK


by uk_alien
プロフィールを見る
更新通知を受け取る