ピアノをいつも自己ベストで弾けるようにするために

ピアノの先生からBertini Op.100 No.14について、今週は「しっかり練習した曲を常に同じように(自己ベストに近いレベルで)弾けるようになることを心がけて練習してください」と言われた。

そのためにはこの段階で
  • 練習に冒険的、試験的な変化をつけない
  • 部分練習はしない
  • 曲が自己ベストになるためのレシピを確定させ、その同じレシピをいつも繰り返せるように
  • 曲の練習は日に1回か2回だけ弾く程度、ただし意識を集中して行うこと
  • 常に先を考えることを忘れない(今に集中してしまうとスピードが落ちてしまう)

なのだそうだ。

寒いから部屋を温めて練習しよう。

追記
私のこの曲のレシピは何だろう。
  • 100bps
  • Relaxed posture, fingers, with good supported palms
  • Listen/monitor my own playing
  • 2 bars ahead and never get lost in the score
  • Concentrate on long notes/Tenuto
  • Think of the quavers as trills
  • Come down intentionally together for 3&3 before the left hand arpeggio
  • Stay close to the keys

[PR]
名前
URL
画像認証
削除用パスワード

※このブログはコメント承認制を適用しています。ブログの持ち主が承認するまでコメントは表示されません。

by uk_alien | 2018-03-03 08:52 | Piano ピアノ | Comments(0)

London, UK


by uk_alien
プロフィールを見る
画像一覧