初心者向けのピアノスケール練習の順序

f0045624_05035899.jpg


3年半もピアノを習っているのに私はスケールを全く練習していない。

ピアノが達者な方のブログで「今から思えばスケールをもっと練習しておけばよかった」とおっしゃっているのを拝読し、はたと自戒の念にかられ、「私、これからスケールの練習をちゃんとします」と先生に伝えた。

はい、じゃこの順番で練習してねと教えてくださった内容は下記の通り。

私のレベルでは下記の6点を踏まえた上で(1)がひと通り出来るようになったら(2)へ進み、それが出来るようになったらさらに(3)に進むという順番で練習すること。

  • 効率が悪いので片手ではなく最初から両手で弾き、弱点を見つけたら片手に切り換えて練習し、また両手に戻す
  • Contrary(左右の手が反対方向に動くスケール練習)のではなく、Parallel(左右の手が平行に動くスケール練習)で行う
  • 各キーについて1オクターブから始めて、2オクターブ、3オクターブと広げる
  • 一番大事(なのだそうです)実際に鍵盤上で練習する前に頭の中で、①どのキーを練習するのか、②Key Signature(調号)は何でどの鍵に影響しているのか(例えばG Major→F#=鍵盤上の位置をイメージ)をしっかり考え口に出して理解を確認、③スケールは鍵盤上でどう見えるのか、弾いた時にどのように感じるのか(アップ&ダウン、ステップの距離感等)をイメージする
  • Minorスケールは今はHarmonicに集中する
  • スピードはゆっくりとコンスタントなペースで行なう。clarityが最も重要(←ここでいうclarityとは、どの音にもアクセントがなく、安定した重すぎないタッチのきれいなレガートを継続的にスケールの全体に適用出来るという意味に私はとった。言うは易し 涙。でも練習すればできるようになるのかもしれない。)

(1) Key Signature(調号)の順
  • C MajorからCircle of Fifth(5度圏)で#を終え、bへ
  • A MinorからCircle of Fifthで#を終え、bへ
  • Enharmonic(異名同音)は効率上ピンとくる方どちらか一つを選んでそちらで覚える(全部で12のキーだけ覚えるように)

(2) Chromatic順/各キーMajorとMinorで
  • C Major→C Minor→Db Major→C# Minorと進んでいく
  • この段階でアルペジオの練習を導入する

(3) Relative scale(平行調)の順
  • #の数がゼロの平行調(C Major/A Minor)、一つ(G Major/E Minor)二つ、三つ...と進み、bも同じように練習する

以上。先生たちのバックグラウンドや経験、方針によって教え方は色々違うのだろうが私はとりあえず忠実にこのアドバイスに従おうと思っている。

ちなみに今(1)のBb Majorまできた。初心者の私にとって定番の運指を離れてややこしくなり始めたところ。「3と4の組み合わせがポイント」と先生に言われたけれど、脳みそと指を動かす神経が繋がらず間違いを繰り返す。まずい、これは間違いを学んでしまう、と焦る。と、YouTubeで有名なJosh Wrightのビデオのアドバイスを思い出した。

「運指は4がポイントになるから左の4を使ったら『左』、右の4を使ったら『右』、と声に出して言うといい」

声に出すと左右の意識が高まり、間違えるとその瞬間に気がつくからそれを意識的に正すことで間違い癖を避けることが出来る、というわけ。大人の初心者には結構いいコツかもしれない。

ついついスピードアップにかまけて練習の質をおこたってしまう。常に忘れないようにこの記事に戻ってこよう。

[PR]
名前
URL
画像認証
削除用パスワード

※このブログはコメント承認制を適用しています。ブログの持ち主が承認するまでコメントは表示されません。

by uk_alien | 2018-03-04 16:02 | Piano ピアノ | Comments(0)

London, UK


by uk_alien
プロフィールを見る
画像一覧