初心者ピアノ練習法 − リタルダンド

レッスンでリタルダンドがきちんと出来てないので集中して練習するようにと言われた。

リタルダンドritardando)とは、

音楽の速度標語の一であり、テンポを次第に落としてゆく表現方法を指す。略称は rit. 」または ritard.」。ラレタンドw:rallentando)も同様の意味である。反対語はアッチェレランド(Wikipediaより)

というもの。


rit.のサイン以降、a tempoで元のスピードに戻るまでは「徐々に一定に速度を落とすのが基本」で、その間テンポが上がったり下がったり、また、音符の長さが変わったりすると聴き手にとって「?」という演奏になるらしい。

ではどうやって一定にテンポを落としていくかというと、まずきちんとプランを立てること。しっかり考えておかないと天才か何かでない限りその場でチャチャっとなんか出来るものではないそうだ。rit.の最初のスピードを定めた後、一番最後のスピードを決める。そこにたどり着くまで一定に速度を落とすために譜面上でチェックポイントを決めてそこでどれくらいのスピードにするかを決める。例えば私のRomanceの場合、♩=70で入って♩=50まで落とすと決めて、その間♩=60、♩=55のチェックポイントがどこになるのかを譜面上に書き込む。もちろん弾いてみてイマイチだったらプランを変更する。

練習ではメトロノームでスピードをチェックする。決めた速度でなければ絶対にいけないということは勿論ないが指標を持つのは断然有利。演奏の際にはサブディヴィジョンを含めてしっかりカウントし(One & Two & Three & ....)そのカウント自体のスピードを落としていく。

「えーーそこまでやるのーーー?」という気持ちが先に立ち思わず口をつく。でも先生は真剣。「そこまでやるんです。フレージングもアチェレランドも長ーいクレシェンドもプランがなければ常に運に任せることになるでしょう?」

確かに「カン」という神秘のベールをを取り除けるのは学習者にとっては有利。

練習の仕方は色々あるだろうけれど、私は

  • メトロノームのスピードをプランに合わせて落としていくと同時に楽譜を見ながら口に出してカウントする
  • その後メトロノームなしで口に出してカウントしながらピアノを弾きそれをスマートフォンで録音してその後タブレット上のメトロノームを使ってスピードチェックする

という方法をとることにした。

(↓こういう感じ)



うーん、smorzandoっぽくない。

  • ♩=70を長めにキープしてもう少し後からスピードを落とし始めよう
  • しっかり♩=50まで落としてみよう


何度も弾いて、その度に「こうじゃないんだよな」と思って疲れてしまうより効果的かもしれない。


【追記】計画を立てて上記のように練習した後は、スピードを各所でスポットチェックするやり方で十分だと思った。演奏の際カウントをしっかりし、そのカウントのスピードを落としていくことがキーだと思う。(だからそう言ってるじゃない、と先生の声が聞こえる 笑)


[PR]
名前
URL
画像認証
削除用パスワード

※このブログはコメント承認制を適用しています。ブログの持ち主が承認するまでコメントは表示されません。

by uk_alien | 2018-03-15 08:28 | Piano ピアノ | Comments(0)

カメラ小僧のイギリス帰化人。愛機はライカMモノクローム。はたと思い立って始めた大人ピアノ初心者で目下楽しくて仕方がないピアノ練習と音楽理論の勉強をブログに綴る日々 ー London UK


by uk_alien
プロフィールを見る