フレージング - Burgmüller Op.100 No.10

先日から始めたStamaty Op.37 No.1。

「早いスピードじゃないし、これはとっとと終わらせたいからそのつもりで」と先生に言い渡される。

「やたらめったらに繰り返してスピードを上げる練習をするのではなく、ピースの構成をしっかり頭で理解して正確にゆっくり練習して基礎ブロックが確実になった段階でスピードを上げていけば目標のスピードへの到達も早い」のだそうだ。

とっとと終わらせたい野望とそんなに早く仕上げられるかという不安の狭間に暫し立ちすくむ。今までのパターンから行くとスピードがある程度上がった段階で基礎ブロックごと総崩れになり、そこからしっかり安定した状態に立ち戻るのに時間がかかってしまう傾向がある。どうしたらそれを避けられるのだろう?やたらめったらな繰り返し練習を避ける、脳みそのための道路標識マップを作って見直ながら練習する、ゆっくり練習とスピードアップ練習を兼ね併せる...かな。

自分の精神状態をモニターして「学習可能状態」か否かを判断、思考が自動的になったいたら練習を避け、気分転換になる何か別なことをするのがいいのだそうだ。いうは易しでこれがなかなか難しい。




さて、夏休みを前に次の練習曲、Burgmüller Op.100 No.10も今週から始めた。学習課題はフレージング。

フレージングというと「美しくフレージングをしたい→頭の中の音の流れを鍵盤上で表したい→手・指・腕に無駄な力がこもる、無駄な動きが目立ちミスタッチが多くなる→録音してみると全然思った通りに弾けてない」というのが私のパターン。この動画↓は譜読みと右手練習。この「3歳の子供が奏でる咲いた咲いたチューリップが咲いた」演奏からいつか抜け出して、先生が弾いてくれるような美しい音を出せるようになりたい...という野望が疼く 笑。


じゃあ一体どうやってフレージングするんだろう。

  • 小節の最初の拍子はしっかり意識して曲のパルスを保つ(フレーズの最初や最後と重なったら微調整する)
  • フレージングの構造上、出だしと最後は弱めに弾き、特に最後の音符は「呼吸をさせるために」気持ち短めに弾いてフレーズを閉じる
  • フレーズの長さ(フレーズの終わりまで何小節あるのか)を常に念頭に置き、最終地点を意識して弾く
  • フレーズ内はしっかりレガートで弾く
  • フレーズの間は手を持ち上げて一息入れる
  • ダイナミクスと、マイクロダイナミクスを考えてプランする、が、細かく計画した通りに弾くのではなく、話し言葉のように1つのフレーズチャンクがホーリスティックに繋がるように弾く

のだそうだ。

子供だったら...あまりくどくど考えないで、先生の出す音を再生しながらこうしたチェックポイントも同時に覚えて弾いていくんだろうな。

曲を学ぶ最初の段階でフレージングとダイナミクスを意識して練習して、と言われたが、こんなにたくさんのことを一気に考えてスコアや運指を学ぶのはちょっときつい。でも時間をかけてやってみよう。

[PR]
名前
URL
画像認証
削除用パスワード

※このブログはコメント承認制を適用しています。ブログの持ち主が承認するまでコメントは表示されません。

by uk_alien | 2018-06-23 01:03 | Videos ピアノ練習動画 | Comments(0)

London, UK


by uk_alien
プロフィールを見る
画像一覧