夏らしい胡瓜のスープ

f0045624_20584813.jpg


日本の胡瓜はイギリスの胡瓜と比べると水っぽくなく身がしまっていてとても美味しい。昨年日本から持ってきた種で育てたこの胡瓜は暑い気候を好むのか今年はとても豊作。

サラダや浅漬けでは食べ切れないのでスープを作ってみることにした。

材料:

胡瓜3〜4本
エシャロット一個、なければ白玉ねぎ半分くらい
レモン汁大さじ3
ヨーグルト350〜400mlくらい
オリーブオイル大さじ2杯くらい
にんにく1かけ(なくても良いし増やしても良い)
フレッシュディル一握り(あれば。なくても美味しい)
フレッシュタラゴン大さじ2杯(結構隠し味なのでポイント)
フラットリーフパセリ大さじ1〜2杯くらい
胡椒(好みで)
塩(好みで)
ワインビネガー大さじ1〜2杯(好みで)


f0045624_20583400.jpg


分量は超適当。全部ジューサーミキサーに入れてがーっと混ぜるだけ。数時間冷やして刻んだ赤玉ねぎとオリーブオイルをのせて出来上がり。美味しいですよ。冷蔵庫で数日間持ちます。


f0045624_20594469.jpg


トマトも元気に育っている。次はガスパチョを作ろうと思う。


f0045624_20592177.jpg


f0045624_20590043.jpg


イギリスは通常夏でも薄ら寒いのだけれど、今年は猫も溶ける(↑)ほどの猛暑で寒がりの私でもショートパンツとタンクトップで十分だった。雨降りの今日は普通の夏に逆戻り。暖かい長袖のプルオーバーと一年中手放せないブランケットの出番。

コーヒーを煎れて未だに四苦八苦させられているFranz Liszt Romance S169の仕上げに取り組もうと思う。

[PR]
名前
URL
画像認証
削除用パスワード

※このブログはコメント承認制を適用しています。ブログの持ち主が承認するまでコメントは表示されません。

by uk_alien | 2018-08-09 21:38 | food & drink | Comments(0)

カメラ小僧のイギリス帰化人。愛機はライカMモノクローム。はたと思い立って始めた大人ピアノ初心者で目下楽しくて仕方がないピアノ練習と音楽理論の勉強をブログに綴る日々 ー London UK


by uk_alien
プロフィールを見る
更新通知を受け取る