ABRSM(英国王立音楽検定)音楽理論グレード6 初めの一歩

ABRSM(英国王立音楽検定)音楽理論グレード6のシラバスは下記の通り。(日本語は公益財団法人かけはし芸術文化振興財団より抜粋、英語はABRSMより抜粋)

グレード5までの内容に加えて、和声の範囲が次のようになります。長調、短調(和声的、旋律的)の音階におけるすべての和音の基本形、第一転回形、第二転回形の用法。属七の和音の基本形、第一転回形、第二転回形、第三転回形、および長調、短調における二度上の七和音の基本形、第一転回形の認識。また、これらの和音すべてを含む数字付き低音の和声実習。転調の原則や終止形、および装飾音や非和声音(経過音、補助音、倚音、逸音、先取音などを含む)などの知識が問われます。
  1. 4声体の混声4部合唱のスコア、またはピアノ譜(大譜表)による4小節程度のバス課題(受検者が選択)。
  2. 全ての調における8小節の全音階的旋律の和声付け。音符による和声の記譜、または数字付きバスの記入(受検者が選択)。
  3. 指定された楽器(選択肢あり)での旋律の創作課題。冒頭部分に続け、属調、下属調、平行調への転調を含む。
  4. ピアノ、混声4部合唱、またはさまざまな合奏曲(声楽も含む)のスコア・リーディングとそれらに関する知識について。スコア上における装飾音の奏法や和声の判別、楽曲構成、様式、演奏に関する諸問題を含む。

As in preceding grades. The harmonic vocabulary expected will include: the use of 53, 63 and 64 chords on any degree of the major or minor (harmonic and melodic) scale; the recognition of the dominant seventh chord in root position, first, second and third inversions, and the supertonic seventh chord in root position and first inversion, in any major or minor key; and the figuring for all these chords. An understanding of the principles of modulation and a knowledge of cadences, ornamentation and melodic decoration (which might include passing notes, auxiliary notes, appoggiaturas, changing notes and notes of anticipation) will also be expected. Questions will cover:
  1. Writing specified chords for voices in four parts or for keyboard (at the candidate’s choice) above a given bass part of about four bars.
  2. The indication of suitable chords for the accompaniment of a diatonic melody of about eight bars in any key, using any recognized method of notation, or, at the candidate’s choice, the provision of a bass to a given melody, adding figures to indicate the intended harmonies.
  3. Composition of a melody for a specified instrument (a choice will be given), using a given opening. Modulation to the dominant, subdominant, relative major or relative minor may be required.
  4. Questions on short extracts of music written for piano or in open score for voices or for any combination of instruments and/or voices, designed to test the candidate’s knowledge of the elements and notation of music, including the realization of ornaments, the identification and notation of underlying harmonic structure, phrase structure, style, performance, and on the voices and instruments for which the works were written.

なんか読んでいるだけでくらっとくる。

なんの、なんの。千里の道も一歩から。

ABRSMの薄い教本Music Theory in Practiceをレッスンで使用することに決め、その前段階としてシラバスの冒頭で述べられている「長調、短調(和声的、旋律的)の音階におけるすべての和音の基本形、第一転回形、第二転回形/the use of 53, 63 and 64 chords on any degree of the major or minor (harmonic and melodic) scale」の部分を先に一通りざっと学んで後々の混乱を防ごう、ということになった。

宿題:まずは長調から。それぞれのキーの音階をtriad root positionで書き出し、全てのdegreeに関してroot、1st inversion、2nd inversionを書き出すこと。さしあたってC Major(↓)。


f0045624_05311145.jpg
(↑6度viと7度vii のローマ数字が間違ってる...)

ちなみにコードのtonality(調性)を知るには、
  1. triadの5thをチェック。もしperfect 5thなら3rdのtonalityで決まる。3rdがメジャーならメジャー、マイナーならマイナー。(3rdが表現されてなければsuspended chord。これはグレード6の範囲外)
  2. perfect 5thでなければ、[augmented→通常major 3rd]、[diminished→通常minor 3rd]。例外有り。

これからちまちまとcircle of 5thに添ってこの作業を繰り返す予定。

(こんな古めかしいコード表現を使用することはめったにない、というのはその通りらしい。ま、知っていて役に立つことと、試験シラバスになっているということで私はひたすら学習に励むことにしている。)

[PR]
名前
URL
画像認証
削除用パスワード

※このブログはコメント承認制を適用しています。ブログの持ち主が承認するまでコメントは表示されません。

by uk_alien | 2018-09-20 06:02 | Music Theory 音楽理論 | Comments(0)

カメラ小僧のイギリス帰化人。愛機はライカMモノクローム。はたと思い立って始めた大人ピアノ初心者で目下楽しくて仕方がないピアノ練習と音楽理論の勉強をブログに綴る日々 ー London UK


by uk_alien
プロフィールを見る
更新通知を受け取る