左右のコーディネーションと楽譜暗記のための道標作り

速いアルペジオセクションを練習しているDawn。

ペダリングがまだクリアでないと指摘されたので、その点に注意しながら片手練習をすると共に、ペダルをつけずに両手を合わせて「 Points of Arrival」のチェックをするようにいいつかる。

要は左右の運指の合わされ方について、弾きにくかったり不意をつかれたりする組み合わせや動かしにくい指を使う組み合わせ等々をフレーズごとにゆっくりチェックしていく作業。口に出して言ったり、危ういところはその都度練習して動きに慣らしていく。

チェックポイントの具体的な例を挙げると:

  • ターンやターンの後の指遣い(3→1→ターンの後は2を使う等)
  • 問題児の4番指のチェック(例えば右4+左低音1のコンビ等)
  • ややもするとアクセントになってしまいがちな親指のチェック
  • barの始めの運指コンビのチェック
  • 滅多にない運指コンビに意識を向ける
  • 弾きにくい運指コンビに注意し必要なら動きに慣らす練習をする
  • 弾きやすい運指コンビに意識を向ける
  • 記憶があやふやな部分のコンビのチェック→クリアにする

などなど。

左右のコーディネーションを向上させ、曲を通してそこここに「道標」を作っておくことで記憶をクリアにしていくのが目的。

例えば「完全じゃないけど概ね覚えている」状態で曲を弾いていると、突然間違えて頭が真っ白になり先が見えなくて戸惑ってしまうことがある。曲の中に点々と「道標」を作っておくことでこういった際に咄嗟なリカバリーが可能になる、というわけ。

お父さんに頼まれてお使いに行くのに、電柱(右に曲がる)→神社(左手に見える)→田中さんちの怖い犬(要注意)→郵便ポストがみえたらそこがタバコ屋さん(セブンスターを買う)といった認知マップを持っていれば、田中さんちのポチに吠えられても次の道標の「郵便ポスト」に集中することでお使いの目的は達せられる、というのと同じ。心理学でいうアンカリング。

「どんな点で自分は間違えやすいのか、自分にとって後々問題になりがちな点は何かといった知識を持つことはとても大切で、これらのポイントを意識的にチェック、問題が問題になってしまう前に手を打つことで効率的な練習が可能になる」のだそうだ。

うん、理にかなっている。

最終的にはビーコンのように光り輝くこれらの道標が点々と繋がっていく...と、理屈ではわかるけどその域まで到達できるだろうか。

ともあれ、目下「手探り状態」で「道標作り」をしている最中。

[PR]
名前
URL
画像認証
削除用パスワード

※このブログはコメント承認制を適用しています。ブログの持ち主が承認するまでコメントは表示されません。

by uk_alien | 2018-10-10 01:29 | Piano ピアノ | Comments(0)

カメラ小僧のイギリス帰化人。愛機はライカMモノクローム。はたと思い立って始めた大人ピアノ初心者で目下楽しくて仕方がないピアノ練習と音楽理論の勉強をブログに綴る日々 ー London UK


by uk_alien
プロフィールを見る
更新通知を受け取る