ルバートの壁 - Franz Liszt Romance S.169

永遠に終わらないLisztのRomance。

え、まだやってるのーーーー?

まだやってるの。ルバートが出来ない。文字通り、壁に突き当たっている状態。ガツン、ガツン。

スピードの壁も厚いけど、ルバートの壁もしっかり厚い。

よく映画監督が「カーーーーット!ダメダメ。違うんだよねえー、君。何度も言ってるじゃないの、もぉー。」と俳優に怒鳴りつけているシーンがある。監督が言う抽象的で曖昧な表現がわかるようなわからないような、でも同じシーンの撮影を幾度となく繰り返しているから自分の演技に癖がついてしまいその状態から抜け出すことができない俳優…それが私。涙

もちろん先生は怒鳴ることはない。でも真剣に「ロマン派なんだからそんなにかっちり弾いちゃダメよ!」と毎度毎度言われてしまう。

クラスの中でどうしても授業についていけず、ぽつねんとしてしまうダメ男君。←うーん、ネガティブになってる。

それでもどうしたらいいのかわからないお手上げ状態から何とかガッツで這い上がって、心機一転。演奏の中でどこをどう引き延ばすのか、どこで取り戻すのかを色鉛筆で書き込む私。健気だ。(←自分で言ってる)

「オーナメントや左手のアルペジオのリープのように時間が必要なところに時間をかけてはダメ。そういう難しいところはきっちりタイミングよく弾く。表現のために時間をかけたいところにはしっかり時間をかける。意図の問題。自分が指揮者になったつもりで権威と自信を持って時間を使って。」





↑録音して、あとから聴いてみて「あれー、十分時間とったつもりなのにーーー!」の繰り返し。

暫くすると元の癖が出てきてしまう。

た、助けて〜。

[PR]
名前
URL
画像認証
削除用パスワード

※このブログはコメント承認制を適用しています。ブログの持ち主が承認するまでコメントは表示されません。

by uk_alien | 2018-10-23 22:02 | Videos ピアノ練習動画 | Comments(0)

カメラ小僧のイギリス帰化人。愛機はライカMモノクローム。はたと思い立って始めた大人ピアノ初心者で目下楽しくて仕方がないピアノ練習と音楽理論の勉強をブログに綴る日々 ー London UK


by uk_alien
プロフィールを見る