人気ブログランキング |

オークションは苦手

わくわく、どきどき、イライラのコンサーバトリーのインテリアプラン。

よくよく考えて、結局やや重めのコロニアル風よりbreezyなフレンチ風にまとめた方がいいのではと思うようになった。コンサーバトリーをつなげたことでリビングが少し暗くなり、そこから見えるコンサーバトリーの眺めはairyな方がいいかなと。

更に、予算とデザインと質のバランスをとるため、家具はまずセカンドハンドをあたることに。

でも実をいうと私はオークションが大の苦手。いつもせりでつりあがった価格が自分で決めた最高金額を超えてしまいあきらめるタイプ。とりあえず今回はまずこの籐の椅子のセットを15ポンドで購入することに成功した。

f0045624_22354881.jpg


このままではシャビーなのだけど、これをMarston & Langinger淡い色系のペイントで塗って、フレンチ風にまとめるつもり(まだシャビー? 笑)。

f0045624_22142299.jpg


こんな感じかな。私は裁縫はてんで駄目なのでクッションは義理ママの力を借りることに。この上の写真のチェアはMarston and Langingerのロンドン店で一点204ポンド(高い!)。今回うまくいけば本体+ペイント代+クッション代込みで、50~100ポンドで二点とも仕上げられると思う。これをお徳と見るか、物好きと見るか。

このシャビーフレンチの籐家具に、我々にしては予算をぐっとかけた他の家具を合わせるつもり。実は今日の夕方に、このMarston & Langingerの家具のセカンドハンドオークションが締め切られる。いくつかのピースの入手を希望しているのだけれど、どうなることか。もし駄目だったら...プランBだな。

プランBは何かというと...ええと、back to square one。
by uk_alien | 2006-09-01 22:47 | conservatory

カメラ小僧のイギリス帰化人。愛機はライカMモノクローム。はたと思い立って始めた大人ピアノ初心者で目下楽しくて仕方がないピアノ練習と音楽理論の勉強をブログに綴る日々 ー London UK


by uk_alien
プロフィールを見る
更新通知を受け取る