人気ブログランキング |

棚からずっしり重い牡丹餅

義理ママは、とてもプラクティカルな人なのだけれど、結構な値段のものをぽんと買って、数年すると、これはもうここには合わないわね、と手放すことがよくある。彼女にとって一番大事なものはファミリーなので、こうして物を手放してもそれが家族の誰かの手に渡り、そこで喜ばれさえすばそれでよしと考えている。贅沢だ、といえば贅沢なのだが、そういうことが出来る人は出来るのだからよしとしよう。

彼女は年季の入ったガーデナー。彼女のコンサーバトリーの前にはエレガントな白い実をつけるSorbusという種類の木が植わっていた。ところがこのSorbus、この夏にあっけなく死んでしまった。原因はガーデナーの宿敵、honey fungus(日本語ではナラタケというらしい)。この菌は根から入り込み、処置をせず放っておくと庭全体に広がり植物全てに感染し全滅させてしまう。

Sorbusと周辺の土をを掘り出し処分した後、再び同じ場所に木を植えるのは危険なので、その場所は単に芝生で覆われることになった。そうすると、今度はSorbusに沿って置いてあったストーン・シートが庭のどこに置いてもどうもしっくりこない、ということに。このシート、ものすごく重いので、とてもではないが一台の乗用車では運べない。で、最終的には一番近くに住んでる我々に白羽の矢が。

わーい。

我家の庭をデザインしたとき、ゆくゆくはこのストーン・シートに似たものを手に入れることを前提にメインの桜の木を植えていたので願ってもないオファー。Health and safetyに厳重な注意を払いつつ、シートのトップは義理ママの車で、足の部分は我々の車で運んだ。

晴れて桜の木の前に鎮座。

f0045624_177549.jpg


にっこり。
by uk_alien | 2006-09-07 17:38 | garden

カメラ小僧のイギリス帰化人。愛機はライカMモノクローム。はたと思い立って始めた大人ピアノ初心者で目下楽しくて仕方がないピアノ練習と音楽理論の勉強をブログに綴る日々 ー London UK


by uk_alien
プロフィールを見る
更新通知を受け取る