人気ブログランキング |

vs. ボクサー

週末はウォルターを連れて海沿いの小さな街に住む友人のカップルを訪ねた。
ウォルターにとっては生まれて初めてのお泊り。

彼らは1歳になるボクサーの雌犬を飼っている。二人ともフルタイムで働いているが朝のショートウォークに加え日中はドッグウォーカーを雇い、小一時間の散歩に連れて行ってもらっているそうだ。夜は散歩はなし。

「家の中で会わせるよりビーチで会わせた方がよい」と言われてちょっと不安になりつつビーチ沿いの散歩道で落ち合う。

挨拶を交わして犬をリードから離し歩き始めると、いきなりボクサーがウォルターを攻撃。しゃれにならない'attack'。押さえ込んで首元に食らいついている。ウォルターの悲鳴が上がり、皆であわてて引き離すとセーブル&ホワイトの毛が一房はらりと宙を舞った。

カップルの話によると「まずこういうことは起こったことがない」という。暫くはリードにつないで歩いたが、これから彼らの家に泊まるんだし、they have to sort out themselves anywayということで、再度リードから離して二匹の様子をみることにした。

このビーチ沿いの散歩道は、両脇を壁とヘッジに囲まれた約8m幅の長~い芝生の帯。まさに犬の散歩ハイウェイで、次から次にいろいろな犬達が行き交う。そんな中、このカップルが他の飼主達と一切話をしなかったことが妙に気になった。Hiという挨拶もない。地元でない、しかも東洋顔の私ですら何度も立ち止まっていろいろな飼い主達とおしゃべりせざるをえない環境なのに。

どうやらこのボクサーは当地お散歩コミュニティーで暴れん坊のレッテルを貼られているように見受けられた。(勿論飼い主いわくボクサーが悪いわけではなく、「他の犬が攻撃した」からか、「単なるサイズと年齢のせい」なのだそうだ。)それに加え、彼らはいつも飼犬や他の犬の動きに目を光らせていなければならないため、のんびり他の飼主とおしゃべりするどころではないようだ。小石を詰めたペットボトル(音を出してびっくりさせ、悪い行為をやめさせる道具)、小さく刻んだベーコンのご褒美をつめた袋、糞を始末するスクーパー、そしていろいろなおもちゃを詰めたバッグを抱えた姿はもう涙ぐましいくらい。私も訓練しにくい大型犬種を飼い、同じように日々トレーニングに励んだことがあるのでその努力はもう痛いほどよくわかる。

その後ウォルターは警戒しているようだったがボクサーを怖がってはいないようだった。それどころか、しばらくすると、ボールに夢中になっているボクサーに「一緒に遊びたいんだけどな」というサインを出し始めた。本当に気のいいおめでたい犬だ、ウォルターは。カップルの家に着いてディナーを食べる頃にはもうすっかりお互いに遊び方のコツをつかんでこの通り。

f0045624_2252093.jpg


微笑ましい。

f0045624_229111.jpg


カップルは近々もう一匹ブルドッグかボクサーを飼うことを考えている。二匹になればお互い退屈せずにすむだろうという考え。私はちょっと複雑な思いで楽しそうに計画を話す二人を見つめた。一人が仕事を辞めるかせめてパートタイムに切り替えるか、もしくは今のボクサーが落ち着くまで3年くらいは待った方がいいんじゃないかな...と思ったが、ここはじっとminding my own business。

ともあれ、二匹になったらウォルターは向こう5年は出入り禁止だな。二匹のボクサーパピーズのラフプレイなんかに巻き込まれたらたまったものではない。

脱臼で済めばラッキーだ。
by uk_alien | 2006-10-17 03:51 | animals

カメラ小僧のイギリス帰化人。愛機はライカMモノクローム。はたと思い立って始めた大人ピアノ初心者で目下楽しくて仕方がないピアノ練習と音楽理論の勉強をブログに綴る日々 ー London UK


by uk_alien
プロフィールを見る
更新通知を受け取る