人気ブログランキング |

生きた職人英語

f0045624_41827.jpg


延々と完成が遅れているコンサーバトリー。

最初は誰が何の作業をいついつにするから、と、工務店から連絡が入ったものだが、そこはイギリス、そうした気遣いは長くは続かず。突然早朝に大工でござい、左官屋でござい、XXの取り付け屋でござい...と現れる。

ある日、ノックの音に寝ぼけた頭と騒ぐ犬を抱えチェーンをかけたままドアをあけると、配送屋っぽい風体のおっちゃんと若いの二人、親しげな笑顔を浮かべ立っている。

「パインタ」
「へ...?」
「イア、パインタス、ヤ?」(とっても親しげな笑顔)

呆然としている私に聞き覚えある工務店の名前を告げるおっちゃん。どうやらやっぱり我家のコンサーバトリー関係の職人らしい。でもパインタって何だろう。コンクリートフロアのトップは何か特殊な名前がついてたけどそれのことかな?彼ら外人じゃないんだから(それとも外人かな?)もっと「XXのために来ました」とか説明してくれればいいのに...!

「ごめんね、工務店は聞き覚えあるけど、そのパインタってのが私には何のことかさっぱりわかんないのよ。それってコンクリートか何かの種類なのかしら?今日その作業をするの?」ときくと、「コンサーバトリー、ヤ?イットニーズパインティング、ヤ?」といって右手の架空の刷毛を上下にゆするおっちゃん。

ああ、エスチュアリね。パインタ=ペインター。「その通り、勿論、ペンキ屋さんよね、私ったら、ほら、外人だからねー、全く」とかなんとかどうでもいいことを口走って彼らをコンサーバトリーに案内した。

こうして色んな作業がちんたらティックされてゆき、明日はいよいよ宿敵のエレクトリッシャンが来る。

こいつは一月前くらいに私が外出中の折に突然現れ、仕事中の旦那に「なんで誰もいないんだ!作業が終わらせられないじゃないか!」と失礼な電話をかけた輩。「来るのを知らせなければ誰もいないのは当たり前だ!」と怒り返す旦那に対し「あれが出来ない、これが出来ない」とぐちぐち愚痴り、しかも材料のケーブルが足りないとかなんとかで仕事を中途半端に終えて姿をくらました。

2週間前に私と話したときには彼の来たい日がちょうど私が外出する日にあたったため、再び電話口でぐちぐち、ぐちぐち。「お宅の旦那が電話しろっていうからしたのに!」だと。更に彼の作業後すぐに左官屋が入って彼の作業がより面倒なことになったことを悟ると「工務店と話す!」といってがっちゃり電話を切ってくれた...で、その後はなしのつぶて。それ以降工務店を通してなんとかつかまえようとしてきたが全くつかまらずにいた。

ペンキ塗りも終わってアンダーフロアーヒーティングも敷き終わった今、このwhingingエレクトリッシャンのせいで更に仕上がりが数週間も遅れるのは冗談じゃない。ということで、工務店に対し、旦那のすこぶるアサーティブかつ継続的な電話、テキスト、メール攻撃が先週から始まった。この国の鉄則、he who speaks the loudest gets the most noticeというのは全くもって本当で、今日工務店の社長に「明日朝一番でエレクトリッシャンを送り込む」というところまで約束させた。

それにしても、ドアが普通に閉まらない、無理矢理閉めても四つあるかんぬきの一つがかからない、一部のダンプシールドがきちんとなされていないのではないか等々...まだまだ頭痛の種はつきず。

床の石がやっと決まりこれから私がタイラーを数人探し出して見積もりをとる。地元のでっかいタイル屋からいくつかタイラーの名刺を集めてきた。元副総理オフィス勤務のおっちゃんからも地元でおすすめのタイラーの名前を聞き出した。

でも、これから、一人一人に連絡していくのかぁ...。限られた語学力でこういう職人さん達を相手にするというのは楽ではないんだよな...。
by uk_alien | 2006-10-31 04:28 | conservatory

カメラ小僧のイギリス帰化人。愛機はライカMモノクローム。はたと思い立って始めた大人ピアノ初心者で目下楽しくて仕方がないピアノ練習と音楽理論の勉強をブログに綴る日々 ー London UK


by uk_alien
プロフィールを見る
更新通知を受け取る