人気ブログランキング |

読みきれなかった本

難しいからとても時間がかかる本があるし、内容はとても興味深いけど、他に興味が移ってしまって中途半端に読んで棚にしまわれている本も結構ある。

ちょっと時間がかかったけれど、来年の6月の英語の試験に関係する課題図書の一つ、Anita DesaiのClear Light of Dayを少し前に読み終わった。とても深みのある文章で、読み終えたあとも物語を追う中で想像された光や空気が心のなかに静かだが強烈に残る、とてもよい本だった。

もういい加減読みかけのLes Miserablesに戻りたい(まだ暑さにして2cm/6cmしか進んでない)と思いつつも、せっかく英語のクラスのチューターが「学級文庫」を始めてくれたので、それではと、単純そうな本を借りてきた。

Annie HawesのExtra Virgin。若いイギリス女性がイタリアはタスカニーのLiguriaにあるRustico(普段は使われないコテッジのようなものらしい)にほれ込み、文化や言葉の違いに悪戦苦闘しつつもイタリアに永住してしまう、というお話。単純なプロットだし、ワイン・フード・タスカニー・異文化と、トピックとしては興味がある分野なのですぐに読み終えるだろう...なーんて思ったら大間違い。

つまらない。つまらない、つまらない、つまらない。一体なんでこんな退屈な内容、文章で出版できたんだろうと思うくらいにもうどうしょうもなくつまらない。それでも、「いや、これは単に私がこういう書き方や軽いタッチの皮肉(まではいかないのだけど要はさらっと面白く書こうという努力)に慣れてないだけだ、とりあえず勉強だと思って読み終えよう」と歯を食いしばって意地で読み続けたが、最後の4分の1くらいになるともう拷問状態。

旦那にDitch it!と100回くらい言われてやっと投げ出した。こんなんだったら最初の10頁で投げ出しとけばよかった。

amazon.co.ukでレビューを読み、星5つあげてmarvellousとかfantasticとか書いている人の気が本当に知れない。一方、星1つで「とてもじゃないけど退屈で読み続けられない、50頁であきらめた」とか「(体験談にもかかわらず)キャラクターがみえてこない、退屈」という批評もあって、私だけじゃないのねと胸を撫で下ろす。

ま、人はそれぞれ。
Les Miserablesの残りの4cmに戻ろうっと。
by uk_alien | 2006-12-13 21:17 | books

カメラ小僧のイギリス帰化人。愛機はライカM10-P。はたと思い立って始めた大人ピアノ初心者で目下楽しくて仕方がないピアノ練習と音楽理論の勉強をブログに綴る日々 ー London UK


by uk_alien
プロフィールを見る
更新通知を受け取る