回想記

f0045624_212855100.jpg


いやはや。

最後の最後まですったもんだしたコンサーバトリー部分の増築が終わった。

昨日の大工達の話では我家のように工事が長引くケースというのはもう当たり前なのだそうだ。全額支払った後丸一年間ほったらかしにされていたケースや、芝の上に重い木材を積んだまま長期間放っておかれ、重さと雨でランドスケープされた庭が「沼状態」になり木材が土に30cmくらい沈んでいたケースなどなど。

「お~、悲惨な話ならおれっちにきいてくれよ、いっくらでもあるからさ」と言って、実際今もロンドンで、屋根のガラスの取り付けが悪く、雨水がだだもり状態になっている家の話をしてくれた。「このメーカーの屋根の設計は、きちんと取り付けさえされればものすごく出来がいいんだ。でも、それをよくわかってないPolishだかCzeckだかに下手に取り付けされた日にはそれを後になって修正するのは至難の業という訳さ」

じゃあ、最悪なのはこのメーカーだけかというとそうでもない。旦那の会社のお偉いさんはPVCuでイギリス一シェアが大きい会社に巨大なコンサーバトリーを建てさせたが、プロジェクトの最終ステージで同じようになかなか完成せず、最後はlegal actionをとると脅してやっと完成させたそうだ。

土台工事だけを外注に出して、製作、取り付け、電気工事、最終調整をすべて自分達で行うか、一部を外注に出すにしてもそれを密接にプロジェクトマネッジするような小さ目の会社ならばもうちょっときめ細かいサービスが得られるかもしれない。

例えば、金に糸目はつけない、というのであればDavid SalisburyやJeremy Uglowなどの所謂bespokeといわれる特注ラインでいくのも一つだ。しかし単にごくシンプルなデザインでいくなら、量で勝負の名の知れた大手と比べると、同じもので5000~10000ポンドは多目に支払う覚悟が必要だ。また、デザイナーごとにかなりのエゴ/クセがありそうなので必ずいくつかの会社と話してみる必要がありそう。ちなみに現在の義理ママのコンサーバトリーはJeremyのもの。

あまり名の知れていない小さめの会社も、いいところはいいところなのかもしれない。しかし、工事中に倒産されたり、義理ママのケースのように、完成後に問題があって責任とらせようと思ったら倒産していた、というのはしゃれにならない。

私たちはというと、PVCu、木材合わせて4社からデザインと見積もりを取り寄せ、最終的に木材で最大手のメーカーに決定した。作業中は本当に様々な問題があって業を煮やしたが、それでも完成品としてのこのコンサーバトリーには、強度、サイズ、色、素材、デザイン、値段、仕上がり等全てを含め、非常に満足している。

大晦日を静かにここで過ごすのが楽しみだ。
[PR]
Commented by オランダ在住者 at 2006-12-20 01:41 x
御疲れさまでした。
日常のことでも、日本では考えられないエナジーをやたら使うことありますよね。。
それにしても全額払った後に一年放置ってすごいですね。
Commented by ikkiboo at 2006-12-20 02:01 x
とーーっても素敵な仕上がりですね!お疲れ様でした!
やはりこの国のビルディングワークはとことん信用できないんだ、と勉強させていただきました・・・もし何か入用になったときには私も覚悟を決めていきたいと思います・・
クリスマスと大晦日、楽しみですね!
Commented by ihoko at 2006-12-20 02:45 x
苦労すれば・・報われる!センスの良い素敵なしあがり・・
Commented by uk_alien at 2006-12-20 05:42 x
■ オランダ在住者さん、いや~、疲れました。もう気分はハイ。もうひとつ増築できそうです 笑。
Commented by uk_alien at 2006-12-20 05:45 x
■ ikkibooさん、終わりました~。うん。絶対に信用できません。もう確信しました。とにかく旦那、知り合い、女(ん?)、子供、泣き落とし怒鳴り散らし脅しにはったり、使えるものすべてを使ってとことん追いかけて終わらせるものだということを学びました。
Commented by uk_alien at 2006-12-20 05:48 x
■ ihokoさん、もうシャンペンが楽しみで楽しみで。
多分大晦日前の週末に義理ママを呼んでしみじみシャンペンを開けようかなと思っています。
Commented by maxey at 2006-12-20 07:05 x
おおおぉ~理想的なコンサーバトリーが出来上がりましたね。いろいろ気疲れご苦労様でした。やっと報われましたね。クリスマスに間に合って何よりです。しかし羨ましい・・・。何度も言いますが、このコンサーバトリーだけで住めます、私・・・。
Commented by coquille at 2006-12-20 15:51 x
おめでとうございます~!ついに素敵なコンサーバトリーの完成ですね。お疲れ様でした(汗)。
苦労した分、今後はここに入り浸りになるのでは??
これで安心して年が越せますね♪
Commented by uk_alien at 2006-12-20 18:37
■ maxeyさん、こういう気疲れなんかまったくなしにぽんぽ~んと出来ちゃう人もいるんでしょうけど。しかし、こうして新しいコンサーバトリーだけを写すととても「豪奢なお宅」っぽいですよね 笑。
Commented by uk_alien at 2006-12-20 18:38
■ coquilleさん、ありがとうございます~。安心して年がこせますよ~ 涙。
Commented by leira-london at 2006-12-24 02:53 x
おお、クリスマス前ぎりぎりに完成ですか。良かった良かった。
ほっとしましたね。
Commented by uk_alien at 2006-12-27 20:41
■ leira-londonさん、いぇーい、終わりました。今週の金曜にシャンペンで正式にオープンです。わーい。
名前
URL
画像認証
削除用パスワード

※このブログはコメント承認制を適用しています。ブログの持ち主が承認するまでコメントは表示されません。

by uk_alien | 2006-12-19 21:44 | conservatory | Comments(12)

カメラ小僧のイギリス帰化人。愛機はライカMモノクローム。はたと思い立って始めた大人ピアノ初心者で目下楽しくて仕方がないピアノ練習と音楽理論の勉強をブログに綴る日々 ー London UK


by uk_alien
プロフィールを見る