人気ブログランキング |

鳥のいる風景

「ちょっと歩いたところのおしゃれなカフェで美味しいコーヒーをすすりながらピープルウォッチング」はタウンライフの醍醐味。近所にちょっとしたカフェもパブもない不便なセミカントリーライフにもそれはそれで楽しみがある。自分ちの庭でバードウォッチング。

f0045624_2317583.jpg


引っ越してきたばかりのときは、家から一番離れた庭の一番奥にあるセイヨウサンザシ(hawthorn)とニワトコ(elder)の木にしか近づかなかった鳥達も、私たちが植えた潅木や幼木が育ってくるにつれ家の周りのフィーダーにやってくるようになった。

f0045624_23181550.jpg


いろいろな鳥がやってくるけれど、一番のお気に入りはlong-tale tit(下の写真はwww.garden-birds.co.ukから転載)。

f0045624_23422279.jpg


長い尾が箸のようなので私たちはあだ名でchopsticksと呼んでいる。家の近所には背の高い木がないので滅多にみれないのだけれど、冬から早春にかけて庭のピーナッツを2~3羽のグループで食べにやってくる。見逃しがちだが、独特なコールがきこえてあたりを見回すと必ず短いchopsticksがうごめいている。とてもかわいい。

こうして眺めていると、なんとも和やかなのだが、彼らにとっては天気や気温、sparrow hawkや猫の徘徊するコースに運悪く出くわすかどうかなどの、どうにも出来ない要素で明日の生死が決まってしまうという厳しい現実の毎日。

冷蔵庫に一週間分の食料を貯え、その後はまたテスコでショッピングしてリフィル、という状況は実は至極ラッキーなのだと思い知らされる一瞬。
by uk_alien | 2007-02-05 23:46 | garden

カメラ小僧のイギリス帰化人。愛機はライカMモノクローム。はたと思い立って始めた大人ピアノ初心者で目下楽しくて仕方がないピアノ練習と音楽理論の勉強をブログに綴る日々 ー London UK


by uk_alien
プロフィールを見る
更新通知を受け取る