建て増し申請却下控訴の結果

f0045624_238116.jpg


家はこの景色に惚れて予算を大幅にオーバーして購入した。ローンがずっしり重い。

ちょうど一昨年の同時期、この景色をサンルームから楽しみたいと思い、地域の担当オフィス(カウンシル)にサンルーム増築の許可申請をした。一応隣には話しておこうと夫婦を招き、図面を見せて説明をした。「ああ、うちらはぜんぜん構わないわよ。いいわね~。」とにこにこして帰ったが、締切日の2日前に彼らは私達に何の相談もなく正式にカウンシルへ反対な旨通知した。バトル開始。妻の方は近所でも名の通ったビッチで、私達が越して来る前も両隣と激しい問題をおこしてきたヒストリーをもつつわものだ。

ただ、彼ら(というか彼女)の気持ちもわかる。われわれのうちは東向きの2軒長屋(2軒がつながってる)で彼らは北側にあたる。うちらが何かを立てればちょくせつ彼らの日当たりに影響する。しかも彼女は自他ともに認めるお日様信仰者。

カウンシルは私たちの申請を却下。とりあえず控訴に出る。ただなんだからやって損はない。控訴結果が今日レターで届いた。残念ながら結果は×。ま、4.5mの増築だからでかすぎるよね。却下の理由をよく読んでみると4.5mのかわりに3.0mならいけそうだ。これから業者と相談して、いけそうだったら3mで一から申請のしなおしだ。

この件に関しては恐怖と怒りといじわるさの感情のまじった1年間だった。はっきりいって疲れた。でもこの控訴のプロセスは非常に公正・公平なものだった。現場視察に来たオフィサーの態度や言動は尊敬に値するものであったし(現場視察時にカウンシルの担当者も同席したが、この二人のランクの違いは人間性としてにじみでていたような気がする)、控訴を取り扱う担当オフィスからのレターと却下理由分も非常に明瞭で納得のいくものだった。

イギリスが成熟した公正・公平な社会を尊ぶ国家だと思い知らされるのはこういうときだ。
[PR]
名前
URL
画像認証
削除用パスワード

※このブログはコメント承認制を適用しています。ブログの持ち主が承認するまでコメントは表示されません。

by uk_alien | 2006-01-24 23:19 | conservatory | Comments(0)

カメラ小僧のイギリス帰化人。愛機はライカMモノクローム。はたと思い立って始めた大人ピアノ初心者で目下楽しくて仕方がないピアノ練習と音楽理論の勉強をブログに綴る日々 ー London UK


by uk_alien
プロフィールを見る
更新通知を受け取る