フレンチドアの野望

家にいるとあそこを変えたい、ここを変えたいと考えるのは皆同じ。

カーペットをはがしたりペンキ塗ったりというくらいなら自分でできるけど、そうでないこともうつらうつら夢見てしまう。そうして少し夏らしさが見え隠れした先週、「ダイニングルームの窓をフレンチドアに変えたい」という野望が再び燃え上がった。(コンサーバトリー増築の苦労はどこへやら)

f0045624_2051265.jpg


業者さんに来てもらって見積もりをとる。げ、高い。

窓やドアは家を建てるときに買うと、そのサイズに合わせて家を作るからとても安く済むそうだ。でも出来上がった家に入れ込むためには全てテイラーメイド。滅茶高くなる。なんで規格サイズってのがないのかな、この国は。

木材じゃなくてPVCuにすると半額らしい。しかし我家の場合他の窓は全て木製だし、木製のコンサーバトリーの真横にPVCuのフレンチドアってわけにはいかない。ここは涙を呑んでフレンチドアのこの値段を払うかな...と決心を固めようとしたら、今度はデザインの話。

通常フレンチドアは、ハンドル操作で自動的にロックを解除できるmaster doorと、もう一方のslave doorと呼ばれる、手動で上下のボルトを外さないと開かないドアの二枚で成り立っている。

ちょっとした用足しで外に出るのであれば、いちいちslave doorのボルトを外すのは面倒、master doorだけをあけるだけで済ませたい。そうなると一つのドアを開けただけで出入りが出来る実用的なドア幅を考慮する必要が生じる。

実用性を重視してドアパネルを大きくし、細めのdemi panelsを両サイドに入れるか。(耐え難くはないけど、なんだかだっさい印象)
f0045624_2083977.jpg



もしくは実用性はきっぱり無視してあくまでもシンメトリー美を追求するか。(私ならドア一枚開けただけで通り抜けられるけど...旦那はカニ歩きだな)
f0045624_209618.jpg



それとも贅沢して両方のドアにハンドルだけでオペレートできるシステムをつけるか。(...義理ママじゃないんだからそれはないな。)

そんなことをうつらうつら考えて天気の悪さをやりすごしている毎日。
[PR]
Commented by ihoko at 2007-07-13 00:53 x
ふふっ・・お金はいくらあっても足りませんね。主人は私が何か言い出すたびに、冷や汗をかいてます。(私は願望を口にする係り、主人はそれを形にする係り。。)
Commented by uk_alien at 2007-07-13 06:07
■ ihokoさんがコメントで返してくれたように、実現しようとしまいと、こうしていろいろ家のことを考えられるのが単純に本当に幸せなのだと思います。
名前
URL
画像認証
削除用パスワード

※このブログはコメント承認制を適用しています。ブログの持ち主が承認するまでコメントは表示されません。

by uk_alien | 2007-07-11 20:31 | just a thought | Comments(2)

カメラ小僧のイギリス帰化人。愛機はライカMモノクローム。はたと思い立って始めた大人ピアノ初心者で目下楽しくて仕方がないピアノ練習と音楽理論の勉強をブログに綴る日々 ー London UK


by uk_alien
プロフィールを見る