人気ブログランキング |

草食DNAの叫び

f0045624_195814100.jpg


旦那のお母さんは殺虫剤、食品添加物の規制が皆無に等しかった西洋食文化暗黒時代に4人の子ども達を自家製野菜、自家製チップス、自家製ハム、自家製アイスクリーム、自家製スカッシュ...と全て手作りで育ててきている。それだけに、添加物の知識がものすごく豊富。しっかりingredientsを読んで、これは大丈夫、これはとんでもないと判断する姿はあっぱれ。

しかしながら、面白いもので、カロリーとなるとてんでうとくなる。

料理にバター、お菓子にバター、ソースにバター、トーストにバター(「マーガリン?Low fat スプレッド?とんでもない。Full of chemicalよ!」)。それに加えて肉、ベーコン、パテ、グレービーソース、チーズ。そりゃオーガニックで安全に違いないけど、ものすごい量の動物性脂肪。彼女の家に一泊すると、気のせいかウェストが広がるとともに血管が徐々に詰まってくる気がする。


f0045624_201974.jpg


この動物性脂肪食文化は旦那を通じ我家のキッチンにも浸透。

おかげで渡英したときはサイズ6でもぶかぶかだった私の体は、今ではすっかりジャケットサイズ8、インナー&ボトムはサイズ6でしっかりフィットしている。二の腕の肉のつきかたなんかすっかり西洋人 笑。(笑ってられないか)

在英8年。体のサイズ云々はまあともかくとして、なんだかこの妥協した食生活、ものすごく自分に合ってないような気がしてきた。こう、体の中のDNAが悲鳴を上げている感じ。ベジタリアンになるつもりはないけど、肉は最低限で十分だわ。魚をもっととりたい...。

ジレンマ。

とりあえず、旦那のバターだけは使用制限をすることに成功した。特別なとき意外はパンを作らないようにして、朝食はシリアル、お弁当が作れるときはサンドイッチではなくおにぎりに徹底、私は自分がコントロールできる限りバターを完全に止めて、牛乳を豆乳に切り替えた。でもまだ、なにか、物足りない感じ。

もう一度心を入れ替えてシンプルな日本の家庭の献立の復習をして、ローカロリーで健康的な日本食を作るよう努力しようかな。
by uk_alien | 2007-11-18 20:06 | food & drink

カメラ小僧のイギリス帰化人。愛機はライカMモノクローム。はたと思い立って始めた大人ピアノ初心者で目下楽しくて仕方がないピアノ練習と音楽理論の勉強をブログに綴る日々 ー London UK


by uk_alien
プロフィールを見る
更新通知を受け取る