人気ブログランキング |

Food Horror

今更なのだが、イギリスの食文化は、悲惨だ。

テーブルクロス上にぞろりと銀食器が並ぶレストランでは火を通しすぎた肉と野菜にとんでもない値段を払わされ、味覚を破壊する強烈な濃縮砂糖味のチョコレートバーはチョコレートの味がせず、白魚の半身を芸もへったくれもなく厚さ5mmはあろうかというぶあつい衣にくるんでまるごと揚げるフィッシュアンドチップスを多くの人々はヘルシーだと信じて疑わない。多くの母親は忙しすぎて料理をする暇はなく、スーパーマーケットで売られている野菜は水っぽくて味がしない。

外食、家庭料理、子どもにもたせるランチ、学校給食、テイクアウェイ、お菓子、ケーキ...どこをどうスライスしても、イギリスの食文化で自慢できるものはまずないのではないかと疑う。

それでも、郷に入れば郷に従え、というもので、長く住めば慣れてしまう。それどころか、愛着さえも湧いて来る。一切れでディナー分のカロリーが摂取できるM&Sのコーヒー&ウォールナッツケーキ(キャロットケーキも捨てがたい)、近所のキプロス人の店のハドック&チップス、いつも「スペシャル」で作ってくれる香港チャイニーズの店のテイクアウェイ...。絶対に体にいいはずないのだが、ま、これも異文化適応の一貫、と思って深く追求はしなくなった。

しかし、9年間イギリスに住み、砂糖とバター味のケーキをつまんで「Hmm, this is delicious. I might have another slice.」と心から言えるようになっても、それでもどうしても合点がいかないのは、どうして近隣国に比べてイギリスの食文化のレベルがこんなに低いのか、ということ。納得がいかない。

で、今読んでいるのがこの本。

Bee WilsonのSwindled: From Poison Sweets to Counterfeit Coffee - The Dark History of the Food Cheats

f0045624_63772.jpg


食品添加物を使用することで消費者の健康を省みず儲けてきた食品製造者というのはいつの世にも存在してきた。その歴史をとても読みやすく書いている本なのだが、読んでいくうちに、なぜイギリスが食べ物の味と質に無頓着になってしまったのかがだんだん見えてくる。ノンフィクションFood Horror。事実は小説より奇なりとはよくいったものだ。

スーパーに行って気楽に食品が買えなくなる、という副作用付。
by uk_alien | 2008-07-14 06:35 | books

カメラ小僧のイギリス帰化人。愛機はライカMモノクローム。はたと思い立って始めた大人ピアノ初心者で目下楽しくて仕方がないピアノ練習と音楽理論の勉強をブログに綴る日々 ー London UK


by uk_alien
プロフィールを見る
更新通知を受け取る